防犯をさらに高めるロック付きクレセント錠の種類や特徴を紹介します

8,000円~対応中!

みなさんは窓に鍵をかけていますか?

ほとんどの方は「鍵をかけている」と答えると思います。

しかし、『窓の鍵』だと思っているのは『クレセント錠』と呼ばれ、防音気密性を高めるための金具です。

そのため、クレセント錠付近のガラスを小さく割り、外から手を入れてクレセント錠を回すことで、簡単に窓を開けることができます。

空き巣は窓から侵入することが多いのですが、その理由のひとつと言えます。

そこで、ガラスを割られても侵入できないように、鍵付きのクレセント錠に交換する方法があります。

ガラスを全部割って侵入する空き巣は少ないため、窓が開かなければ諦める可能性が高くなります。

この記事では、ロック付きクレセント錠の種類や特徴について簡単に解説しています。

ロック付きクレセント錠にすると?

一般的なクレセント錠には、ロックできる小さなツマミが付いていることがあります。

確かにクレセント錠を動かないようにできますが、簡単に開け閉めができるため防犯効果はありません。

そこで、しっかり鍵をかけることができるクレセント錠を取り付けることで、外からの侵入を防ぎます。

通常の物より防犯性が高くて安心

ロック付きのクレセント錠は、解錠するまで外からも中からも窓を開けることはできません

防犯対策の他にも、小さな子供が勝手に窓を開けないようにロックできます。

また、窓の補助錠などを追加で取り付ければ、さらに防犯性を高めることも可能です。

ロック付きクレセント錠の種類

ロック付きのクレセント錠は2種類あり、鍵を開ける方法で分かれています。

自分にとって使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

鍵付きタイプ

鍵穴とクレセント錠が一緒になっているタイプです。

が無いと開け閉めすることができません。

そのため、鍵を紛失しないように気を付けましょう。

ダイヤルタイプ

ダイヤルを合わせて鍵を開けるタイプです。

鍵を持ち運ばないで済みますから、ものを無くしやすい方におすすめです。

暗証番号が分からないと鍵を開けることができませんが、時間をかけて順番に合わせることで開いてしまう可能性があります。

暗証番号を忘れないように気を付けましょう。

ロック付きクレセント錠の取り付けは?

ここからは、ロック付きクレセント錠の取り付け方法について解説します。

クレセント錠が交換できるかどうかは、3カ所のサイズを確認する必要があります。

  • 取り付け部分のネジの間隔(ネジピッチ
  • 取り付けているサッシから、垂直方向の高さ(厚み
  • 金具の回転軸の中心から円周までの距離(引き寄せ寸法

交換できるか確認した上で、ロック付きクレセント錠を購入しましょう。

クレセント錠は、ホームセンターインターネットで簡単に買うことができます。

現在のクレセント錠と交換する時に、取り外し方法を間違えると専門業者に修理してもらわないといけなくなります。

そのため、交換作業は慎重に行いましょう。

ロック付きのクレセント錠の取り付けについて

クレセント錠はサッシにネジで固定してあるため、基本的にプラスドライバーがあれば取り付けることができます。

作業の流れを簡単に説明します。

  • 古いクレセント錠の下のネジを外し、少し回転させておく
  • ロック付きのクレセント錠を逆さまにして、下のネジで仮止めする
  • 古いクレセント錠を取り外す
  • ロック付きのクレセント錠を180°回転させて上のネジで仮止めする
  • 金具の動きを確認しながら位置を調整して固定する

一度に両方のネジを外すと、サッシ内部にある背板が落ちてしまい、クレセント錠が固定できなくなります。

こうなると自分で修理できないため、専門業者に依頼する必要があります。

1ドア2ロックがベスト

窓の防犯性を上げるためには、『1ドア2ロック』が効果的です。

ロック付きクレセント錠に交換して、さらに補助錠を取り付けると防犯効果が高くなります。

他にも、防犯対策はいくつか種類があります。

  • 防犯フィルム
  • 防犯ブザー
  • 防犯カメラ
  • 防犯砂利
  • 人感センサーライト

など、自宅に合わせて使いやすい防犯グッズを組み合わせると良いでしょう。

関連記事:「防犯対策で窓のクレセント錠にさらに補助錠を取り付けるポイント解説」

ロック付きクレセント錠の取り付けができない場合は

ここまで、ロック付きクレセント錠の種類や特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

クレセント錠をロック付きにすることで、窓ガラスを割られて侵入される可能性を下げることができます。

空き巣の侵入を防ぐためには、手間と時間をかけさせることが重要です。

クレセント錠を交換して、防犯対策をしましょう。

また、他の防犯グッズと組み合わせることで、さらに防犯性を高くすることができます。

自分では取り付けが難しいならプロにお願いしよう

クレセント錠の交換は自分でもできますが、失敗すると専門業者に修理を依頼する必要があります。

それならば、最初からクレセント錠の交換をプロにお願いすれば安心です。

また、クレセント錠はしっかりサイズを確認しないと、交換できない場合があります。

ロック付きクレセント錠に関して何かお悩みがある方や、自分で交換するのが不安な方はどうぞお気軽にご相談ください。

関連サイト:KEY110(新規の鍵・補助錠の取付)