引き戸にスマートロックを設置するには?おすすめの鍵や注意点を解説!

作業費8,800円~対応中!

引き戸にもスマートロックを設置することができることをご存じですか?

昔ながらの日本家屋の玄関ドアやクローゼットの扉に多く用いられている引き戸には、専用の引違錠や外締錠、面付鎌錠などが取り付けられていることがほとんどです。

実は、これらの鍵は防犯性があまり高いとは言えず、簡単に開錠できてしまうため、空き巣に狙われる可能性があります。

「でも、引き戸用のスマートキーなんてないんじゃないの?」と思われている方もいることでしょう。

しかし、引き戸対応の新しい鍵商品はどんどん開発され、発売されています。

今回の記事では、引き戸にスマートロックを設置するメリットやおすすめの鍵、鍵交換の際の注意点についてご紹介していきます。

引き戸の防犯性は大丈夫?スマートロックにするメリットとは?

空き巣は侵入に時間がかかりそうな家=防犯性の高い鍵が設置してある家は狙いにくいと言われています。ですから、ご家族の安全や財産を守るためには、玄関の防犯性が非常に重要となるのです。

皆さんのご自宅の防犯性は大丈夫でしょうか。玄関引き戸の鍵をスマートロックにするだけで、たくさんのメリットが得られます。

ここでは、引き戸をスマートロックにするメリットについて、スマートロックの性質と併せてご紹介します。

家の防犯性を上げられる

まず第一のメリットとして、家のセキュリティがグッと高くなることが挙げられます。

スマートロックは「電気錠」と呼ばれ、従来のようにカギを使って解錠するのではなく、スマートフォンを鍵の代わりに使用して解錠するタイプの鍵です。

最近では「オートロック」「電子錠」と呼ばれる、カードキーや暗証番号、指紋認証を使って解錠するタイプのものもあります。

勝手に合鍵を作られる心配もありませんし、ピッキングによる空き巣被害に遭うリスクも大幅に下がります。

引き戸の出入りがスムーズになる

スマホや指紋認証での施錠解錠に言えるのですが、引き戸の出入りが大変スムーズになります。

スマートロックの中には、ポケットにスマホが入っているだけで鍵の開け閉めができるものもあります。

【カバンやポケットから鍵を探す⇒シリンダーに差し込んで回す⇒解錠できたら鍵を元の場所にしまう】といった一連の動作が必要なくなるため、急いでいるときや荷物の多いときでも楽に出入りできるというのは大きなメリットです。

鍵を紛失する心配がない

シリンダー錠のように、鍵を抜き差しする必要がないので、紛失する心配がないのも一つのメリットです。

鍵を落としてしまったりすると、防犯のためにも新しい鍵に交換する必要がありますし、家の外に締め出されてしまう、あるいは閉じ込められてしまうなどのトラブルに発展することがあります。

スマートロックにすれば、鍵を紛失して大変な思いをすることもなくなることでしょう。

引き戸におすすめのスマートロックをご紹介!

これから引き戸にスマートロックを設置しようと考えている人は、商品の選び方で迷ってしまうことでしょう。

引き戸用のスマートロックも日々進化を遂げており、さまざまなメーカーからさまざまな種類の製品が出ています。

ここでは、今人気のおすすめ商品をご紹介していきます!

qrio株式会社「qriolock(キュリオロック)」

画像引用:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07DJGX1FF/ref=ox_sc_act_title_1?smid=AMDLGHVFJEEEV&th=1

大手通販サイトAmazonでも、ドア周りの防犯グッズでベストセラー1位を獲得している電子錠です。

電池で作動するので電気工事不要。穴開けも必要なく、ドアのサムターンに取り付けることで、スマホで施錠解錠を行うことができます。

スマホをポケットに入れてドアに近づくだけで解錠できるハンズフリー機能やドアが閉まると鍵が施錠されるオートロック機能、アプリで家族や知人と合鍵共有できる機能が特徴的です。

参考価格:25,300円

CANDY HOUSE「セサミmini」

画像引用:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B076X4FTN9/komaty-22/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=sl1&tag=komaty-22&linkId=4b7c36a5e02dd79aec65bd2c02589609&language=ja_JP
3Mテープ(粘着テープ)で簡単に取り付けられるため、工事や特殊工具も必要ありません。
賃貸物件でも気軽に設置可能です。
鍵の解錠履歴をアプリに記録できる機能や、スマートホーム機器と連携させて、解錠とともに自宅の電気を点灯させることもできます。
音声解錠など複数の解錠方法に対応しているのもポイント。

別売のWi-Fiアクセスポイントを利用すれば遠隔で管理が可能になります。

参考価格:9,800円

スマートロックを設置するにあたっての注意点

引き戸にスマートロックを新規設置するにあたっての注意点がいくつかございます。

スマートロックのデメリットと併せてご紹介していくため、しっかりと把握した上で商品を購入するようにしてください。

引き戸でも取り付けられるか確認する

商品の外観や機能ばかりに気を取られて、引き戸対応でない商品を購入しないように気を付けてください。

引き戸と開き戸(ドア)とは構造が異なるため、同じ電気錠でも両方対応できるとは限りません。

引き戸対応のスマートロックであれば、メーカーのホームページや商品パッケージに「引き戸対応」と記載があるはずです。

商品を選ぶ際は、引き戸でも取り付けられる鍵であることを確認しましょおう。

サムターンが付いている引き戸は取り付けが簡単

サムターンが付いていない引き戸は、サムターン付きの鍵に交換しなければ取り付けが難しいです。

サムターンというのは、開き戸の室内側に付いている解錠施錠を行うためのツマミのことです。

これさえ付いていれば、引き戸に後付けでスマートロックを設置することが容易です。

サムターンが付いていない引き戸の対処法について

画像引用:AMAZON

現在お使いの引き戸にサムターンが付いていない場合、まずは引き戸の鍵をサムターン付きのものに交換する必要があります。

例えば、美和ロックの引戸鎌状シリンダーなどを用いれば、引き戸をサムターン付きの鍵に変えられます。

その後、スマートロックを後付けするという手順が一般的です。

もしくは、サムターンがなくても取り付け可能なICカード対応の引き戸専用の電子錠に交換するという選択肢もあります。

EPIC(エピック)「TOUCH HOOK2」

画像引用:http://globalepic.co.jp/products/touch.html

見た目もおしゃれなこちらの商品は、スマホでの鍵の開け閉めはできませんが、暗証番号・ICカード・室内側での施錠が可能です。また、1回限りのワンタイム暗証番号にも対応しています。

オートロック機能や不正開錠警報、火災警報と自動開錠、おやすみ強制ロックなどさまざまな機能が付いているので、住宅だけでなくオフィスへの取付もおすすめです。

参考価格:32,780円

スマートロックの取り付けや鍵の交換は専門業者にお任せを

鍵の取り付けは『KEY110』でも対応しております。もちろん、今回ご紹介させていただいたスマートロックや電子錠などもOKです!

「どの鍵が自宅の引き戸に合うのか分からない」

「スマートロックの取り付け方法や操作方法が分からない」

など、鍵に関するお悩みがございましたら、専門スタッフがお伺いいたしますのでご安心ください。

スマートロックの取り付けなども迅速に行っていますので、お気軽にご相談ください。

参考サイト:『KEY110』

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。