クレセント錠の防犯を強化しよう! 実際の手口から詳しく解説

8,000円~対応中!

空き巣が侵入する手口をご存知ですか?

空き巣の手口を知ることで、その対策をすることも可能です。

まず、空き巣は『窓』から侵入することが一番多いです。

ですから、窓には防犯対策をしておく必要があります。

ちなみに、みなさんが『窓の鍵』だと思っているのは、『クレセント錠』という防音効果と気密性を高めるための金具です。

そのため、窓ガラスを小さく割り、外からクレセント錠を回すことで簡単に窓を開けることができます。

窓からの侵入を防ぐ方法はいくつかあり、組み合わせることで防犯性を高めることも可能です。

この記事では、クレセント錠の防犯性を高める方法について解説しています。

クレセント錠は防犯が必要なのはなぜ?

ガラスを割ることで、外からクレセント錠を回すことができると説明しましたが、音をあまり立てずにガラスを割る方法もいくつかあります。

大きな音がすれば近所の方が気付くかもしれませんが、小さな音では周りに聞こえません。

まずは、空き巣が侵入する手口について簡単に説明します。

実際の手口

空き巣が『窓』から侵入する手口は、大きく分けて3つあります。

その手口を知ることで、対策することも可能です。

まずは『窓』から侵入するためにガラスを割る方法です。

打ち破り

ガラスを叩いて割る方法です。

大きな音がしますが、線路や幹線道路などの近くでは気付きにくいかもしれません。

焼き破り

ライターなどのをガラスに当て、熱くすることで割ることができます。

ガラスの種類や火力の強さで、割れるまでの時間が変わります。

こじ破り

マイナスドライバーをガラスと枠の間に差し込んで、割りたい方向に力を入れるとヒビが入ります。

2、3回場所を変えて繰り返すと、ガラスを小さく割ることができます。

最も多く使われる手口です。

意外と見過ごす窓の弱点

窓ガラスにもさまざまな種類がありますが、防犯ガラス以外は簡単に割ることができます。

焼き破りやこじ破りは、ガラスの割れる音が小さいため気付きにくいです。

クレセント錠付近のガラスを割ってしまえば、外からでも窓を開けることは簡単です。

このことから、窓からの侵入を防ぐためには、ガラスを割られても窓が開かないようにする必要があります。

クレセント錠の欠点

クレセント錠は防音効果と、気密性を高めるための金具だということは説明しました。

普通の使い方をしているのであればとして機能しますが、空き巣に対する防犯効果は低いです。

しかし、クレセント錠にも防犯性の高いタイプもあります。

防犯に向いているクレセント錠

ここからは、防犯性能の高いクレセント錠について解説します。

大きく分けて2種類あり、どちらもクレセント錠を動かないようにロックする機能がありますが、解除の方法が違います。

それぞれ簡単に紹介します。

鍵付きクレセント錠

クレセント錠にを差し込んで、開け閉めするタイプです。

鍵をかけることで、クレセント錠をロックできます。

鍵を紛失しないように気をつける必要があります。

ダイヤル式クレセント錠

ダイヤルを合わせて鍵を開けるタイプです。

3桁のダイヤルで暗証番号を設定できます。

ダイヤル番号を覚えておく必要がありますが、鍵を紛失する心配がありません。

関連記事:「防犯対策で窓のクレセント錠にさらに補助錠を取り付けるポイント解説」

クレセント錠に更にプラスして防犯する!

クレセント錠を鍵付きにすること以外にも、防犯性を高める方法があります。

それは、他の防犯対策を組み合わせることです。

防犯対策にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

補助錠でさらに防犯性を上げる

簡単に取り付けることができて効果が高いのが『補助錠』です。

『ワンドア・ツーロック』と言われるように、窓にも鍵を2つ以上取り付けることで防犯性を高めることができます。

窓に取り付けられる補助錠には、ワンタッチで鍵を開けられるタイプや、取り外しができるレール式などさまざまな種類があります。

また、窓の種類によっても取り付けられる補助錠は変わります。

防犯グッズで対応もできる

補助錠の他にも、組み合わせることができる防犯グッズはあります。

  • 防犯用のガラスフィルム
  • 人感センサーライト
  • 防犯ブザー
  • 防犯砂利

など、自宅の窓に合わせて防犯対策を考えてみましょう。

関連記事:「防犯のためには窓のサッシにも補助錠を!おすすめや使い方のコツも教えます」

クレセント錠での防犯がしたいなら……

ここまで、クレセント錠の防犯性を高める方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

普通のクレセント錠では防犯性が低いため、鍵付きのタイプに交換することができます。

また、他の防犯グッズと組み合わせることで、さらに防犯性を高めることもできます。

プロにお願いして取り付けてもらおう!

クレセント錠は自分で鍵付きのタイプに交換することができます。

しかし、交換に失敗すると専門業者に修理を依頼することになります。

それなら最初からプロにお願いして、交換してもらう方が安心できます。

また、防犯性を高めるための良い方法も、教えてもらうことができると思います。

クレセント錠の防犯に関して何かお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

関連サイト:KEY110