鍵交換の相場ってどのくらい?種類や性能で変わる注意点を解説!

8,800円~対応中!

「防犯性を高めたい」「鍵を紛失した」など、鍵交換をしようと考えていて、鍵交換自体の費用相場って種類や性能で変わるのか気になりますよね。鍵交換における相場は頼んだほうが良いのか、自分で鍵を交換したほうが良いのかも考えられる悩みの一つだと考えられます。

  • 鍵交換の相場が気になる!
  • 鍵交換の費用相場はどのくらい?
  • 自分で鍵交換すれば相場は安くなる?
  • 鍵交換の相場が気になる場合は……

鍵交換をするのにお金の悩みはどうしても付いてくるものです。それではまず、鍵交換をするきっかけについて紹介していきます。

鍵交換の相場が気になる!

鍵交換が必要になるきっかけ

防犯性を高めたい

ピンシリンダーやディスクシリンダーは比較的防犯性が低い鍵ですが、その鍵からディンプルキーなどの防犯性の高い鍵に変えたい場合は鍵交換が必要になります。何かと防犯性に不安があるのであれば、鍵交換するのをおすすめします。

鍵を紛失した

鍵を紛失してスペアキーがあっても鍵をなくした場合は、鍵交換したほうが良いでしょう。鍵を拾った第三者によって、その鍵を使用して不法侵入されるかもしれません

またスペアキーを作成するのではなく、鍵自体を交換する方が良いでしょう。マンションやアパートなどの賃貸の場合は、鍵交換をするのに大家さんや管理会社に一度連絡をするようにしましょう。

鍵が回りにくい

鍵の経年劣化は、鍵を毎日使うのであればいずれは起こることです。鍵穴も毎日開け閉めするごとに劣化していきます。

賃貸物件の場合は、賃貸が理由の場合であれば大家さんや管理会社が費用を負担することもあるため、大家さんや管理会社に一度連絡をしましょう。

賃貸物件に引っ越したとき

前の入居者はマスターキーと合鍵、作成したスペアキーを退去時にすべて返却するのが一般的だが、前の入居者が作成したスペアキーを退去時に申告をし忘れたまま持っている可能性もあります。その前の入居者さんに侵入されるなどの恐れがあり、防犯面で心配な場合は鍵を交換しておくほうが良いかもしれません。

トラブルの症状で交換方法を変えたほうがおすすめ

シリンダーのみ交換

  • 鍵の抜き差しがしにくい場合
  • 鍵の紛失が起きた場合

シリンダーのみの交換は鍵を差し込む部分のみの交換です。鍵を紛失してしまった場合や抜き差しがしにくいなどの場合は、シリンダーのみの交換がおすすめです。

錠前丸ごとの交換

  • ラッチなどの動作不良の場合
  • 鍵が回らない場合

鍵が回らない場合や取っ手が動かない、ラッチが引っ込まないなどの故障の場合は、錠前丸ごとの交換が必要です。シリンダーのみと錠前丸ごとでは、部品だけでなく作業代も異なるので自分が依頼したい作業の料金相場を確認するのがおすすめです。

鍵交換の費用相場はどのくらい?

鍵交換の費用相場

ピンシリンダー、ディスクシリンダー

費用:10,000円~15,000円

ギザギザの山が片側の鍵と両側の鍵があります。防犯性として低いもののため、鍵交換の場合は防犯性の高いものに交換するのも検討すると良いでしょう。

ディンプルキー

費用:10,000円~30,000円

防犯性が高く、ピンシリンダーやディスクシリンダーより値段が高くなります。

プッシュプル錠

費用:15,000円~80,000円

賃貸の玄関によく使われています。ハンドルと上下の鍵が一体型になっているタイプが多く、ハンドルごとの交換が必要になります。

ドアノブ、インテグラル錠

費用:10,000円~20,000円

ドアノブやインテグラル錠の鍵交換はドアノブごとの交換が必要になります。

引き違い戸錠

費用:2,500円~25,000円

引き戸には引き戸錠と、引き違い錠があります。鍵や扉によって構造が異なるので、鍵交換の費用相場の幅が広くなります。

電子錠(カードキー)

費用:20,000円~100,000円

交換するのには大掛かりな工事が必要になるため、交換費用としては高額になりやすいので、鍵の種類によっては、100,000円になることもあります。

▼ディンプルキーの交換費用っていくらになる?金額の差についても詳しく解説!

ディンプルキーの交換費用はいくら?金額に差が出る理由もプロが徹底解説

どんな鍵だと相場より高くなる?

登録制シリンダー

合鍵を勝手に作られないように、防犯上としてはかなり高いシステムが付いているので安心ではあります。ですがその分だけ、高額にはなります。

防犯性能が高いシリンダー

防犯性能が高い分、相場は高めではありますが、防犯性を高められると考えれば相応でもあります。鍵交換で30,000円を超えることもありますが、そのくらいの防犯性としてしっかりとした仕組みがあります。逆に誰でも購入できるほど、防犯性能が高いのに安すぎるほうが心配だとも考えられます。

鍵交換の作業での費用相場

シリンダーのみ交換の場合

シリンダーの取り外しと取り付けをするのであれば、刻みキーとディンプルキーは共通で、作業料金10,000円~が多いです。

シリンダー交換だけでは直らない場合

状前を洗浄したり、位置調整が必要なときは、作業料金が別途必要になります。

鍵が回りづらい、鍵を開けるのに引っかかっているなどの場合は鍵交換だけでは直らない場合があります。大元の建物自体の経年劣化でストライクの位置がズレていることもあります。また錠前に汚れが溜まっていて動きが悪いなどの原因が考えられます。

▼鍵交換における費用や種類などについて詳しく紹介します

【わかりやすく解説】鍵交換の時期・ 費用・種類・手順をご紹介!

自分で鍵交換すれば相場は安く抑えられる?

ドアのサイズやメーカー型番を確認する

さすがに鍵交換を自分で行うのであれば、自分で道具を用意して鍵交換をすれば相場は安く抑えられることもあります。実際に鍵交換を自分で行う際の手順をご紹介します。

ドアのサイズを測る

  • ドアの厚み
  • フロントプレート(ドア側面の金属板)の長さ
  • ビスピッチ(フロントプレートの上下ビスの距離
  • バックセット(ドアの端からシリンダーの中心)の距離

メーカー名と型番を調べる

  • 鍵の種類を特定してサイズを合わせる
  • メーカー名や型番を確認する

メーカー名や型番はドアのフロントプレートに刻印されています。鍵の種類を特定してサイズを合わせましょう。元の同じ鍵の型番を用意すれば簡単に交換できます

玄関ドアの鍵の交換方法

必要なもの

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 交換用の新しいシリンダー

シリンダーの交換方法

  • ドアを開けたままにするために隙間に物を挟んでおく
  • ドアの側面にあるプレートの上下のビスをプラスドライバーで取り外す
  • シリンダー側の固定ピンをマイナスドライバーで引っ掛けて取り外す
  • ピンを抜いたらシリンダーを押さえながら取り外す
  • 新しいシリンダーをはめる
  • 抜いたピンを差し込んで固定する
  • ドアの側面のプレートのビスを締める
  • 鍵を差して動作確認をして完了

自分で鍵交換すると費用相場を抑えられるがリスクもある

ドアのサイズを測り間違えている

交換するにあたって、ドアのサイズを測り間違えてしまうと鍵を購入している場合、再度鍵を購入し直さないといけないためさらに費用が掛かります

防犯性が弱くなる可能性がある

自分で鍵を交換すると、ビスが緩かったり、施錠出来なくなることもあります。防犯性を高めるために交換したのに逆効果になることもあります。

鍵交換で内部での故障が起きると大変

鍵の故障や、ドアが最悪壊れてしまうことにも繋がる可能性があります。鍵の交換をするだけなのに、数十万以上のドアの修理費用もかかってくることになります。

鍵の専門業者にお願いすれば、技術力も高く鍵の知識としても豊富なので早く確実に鍵交換してもらえます。

鍵交換での相場が気になる場合は……

プロにお願いして鍵交換してもらいましょう!

鍵交換の相場が気になる方は、一度鍵の専門業者に見積もりを出してもらいましょう。鍵の交換には、どういった玄関ドアか、どういった鍵の種類を付けるかによっても相場が変わってきます。鍵の専門業者によっても、何を強みにしているかで対応できる内容も変わってきます。何社か見積もりを出して見比べてみるのもありでしょう。

弊社『KEY110』では、鍵の知識が豊富な技術力を持ったプロが即日対応致します。鍵交換や、他の鍵のトラブルでもお困りなことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

▼鍵交換や鍵のトラブルなどがございましたら『KEY110』で即日対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。