サムターンを交換したい! その簡単な方法と種類を紹介します

8,000円~対応中!

サムターンの防犯のために交換したいけど、「どうやって交換するかいまいちわからない」「サムターン回し防止に交換したい」という方がいましたらここで分かりやすく解説します。サムターン回しは、よく耳にする空き巣の手口です。実際にサムターンに付けるだけの防犯グッズだけでは、心許ない方もたくさんいらっしゃるでしょう。

それでは、まずサムターンの原因から見ていきましょう。

  • サムターンを交換するとき
  • サムターンには種類がたくさんある
  • サムターンの交換方法について
  • サムターンを交換する上での注意点
  • サムターン交換が難しい場合は

サムターンにもさまざまな種類があって、それに見合った安全性などの違いが出てきます。

サムターンを交換するとき

  • 外側から鍵がかかるのに内側のサムターンが回らない
  • サムターンが回らないだけでなく外からも鍵が閉められない
  • ドアを開けた状態でもサムターンが回らない
  • さらに防犯に特化したサムターンにしたい

サムターンが空回りしてしまっているのは取り付けが甘かったり、経年劣化により取り付けが徐々に緩くなっているのが考えられます。内部のズレや破損・変形などによる可能性があります。サムターン側の内部に破損や変形、汚れなどでも回らない原因になります

ドアが歪んでしまったことでうまくデッドボルトがはまらないときは、ドア自体の修理に繋がることもあります。サムターン自体を交換するとなると、防犯に特化したものも多く、さまざまな種類があります。

サムターンには種類がたくさんある

標準式サムターン

つまんで回すだけのよく見るサムターン。このサムターンだと簡単に第三者に開けてしまわれるので安全性が低いです。

脱着式サムターン

指で回していたつまみ部分が取り外せるタイプ。鍵を不正解錠する、サムターン回し被害の対策に便利です。取り外している状態なら、空き巣が手を入れて回すことができなくなります

空転式サムターン

サムターンを操作しても空転して開錠できないような仕組みになっています。普通に回していても空転するので施錠できません。他にもさまざま種類がありますが、押し込んでつまみを回して施錠・開錠できるものもあります。

偏荷重サムターン

偏荷重がかかるとつまみが回らなくなる仕組みになっているサムターンです。具体的に一箇所に力が入るのではなく、均等につまみに力が働かないと動かない仕組みです。なので指を2本使って均等に力をかけないと開きません。

工具などで無理に回そうとしても回らないため、防犯性としては高いものになります。通常のサムターンと同じように使えるので普段の生活で手間になることが増えたりしません。

サムターンの交換方法について

サムターンの交換前に……

サムターンは、シリンダーによって取り付けられるものとできないものに分かれます。交換用のサムターンを購入する際は、今取り付けてあるシリンダーに対応しているか確認してから購入しましょう。

ドアの側面にある銀のプレート(フロントプレート)でメーカー名を確認しましょう。サムターンによっては、ドアの厚みが必要な場合もありますので測っておきましょう。

  • ドアのメーカー名
  • ドアの厚み
  • どのようなサムターンにするか

また部品が細かいものが多いため、白い布か分かりやすい布の上に置いて交換作業をすると紛失防止になります。

必要なもの

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 交換するサムターン

サムターンの交換方法

サムターンを交換する方法を紹介します。ドアを開けて作業をするため、ドアが閉まらないように注意して下さい。また今回紹介した交換方法では対応していない場合もあります。その場合は、購入したサムターンの説明書などを確認するようにしましょう。

ドアを開けて閉まらないようにしておく

サムターンに付いているネジを外す(たいてい1つの場合が多いです)

サムターンのつまみを取り外す

サムターンの中に大きめのネジが平行に並んでいるので外す

フロントプレートのネジを外してフロントプレートを外す

フロントプレートのサムターン側の金属の棒を外してサムターンの土台を取り外す

今までの工程を逆にして新しいサムターンに交換する

サムターンを交換する上での注意点

部品を無くさない

サムターンを交換する際には、いくつかやりかねない注意点があります。第一にサムターンを交換するのにも部品が細かいため、【部品を無くす】トラブルが多く発生します。無くさないように部品の置き場所を決めて、作業に取り掛かりましょう。

サムターンのサイズを間違えない

初歩的なミスとして考えられることはサムターンの【サイズを間違える】ことです。シリンダーに対応していないサムターンを購入してしまって取り付けられないという状態になります。

ドライバーのサイズミスをしない

プラスドライバーのサイズミスで【ネジ山が潰れる】失敗もあります。ネジ山が潰れたら交換するのにも難しくなります。事前にドライバーは、サイズを何種類か用意しておきましょう。

サムターン交換が難しい場合は……

プロにお願いして交換してもらいましょう!

サムターンの交換が難しい場合は、鍵の専門業者にお願いして取り付けてもらいましょう。部品も細かいものを取り扱うため、自分で交換するのに部品を無くしてしまったり、サイズミスをするリスクもあります。心配な場合はどのサムターンが良いか相談するところから、お願いするのも良いでしょう。

「KEY110」では資格を持ったプロが即日対応させていただきます。日常での鍵のトラブルやお困りごとなどもございましたら、ぜひお気軽にご連絡下さい。

▼「KEY110」では資格を持ったプロがサムターンや鍵交換なども即日対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】