レバーハンドルの交換がしたい! 簡単な方法やメリットを紹介します

8,000円~対応中!

家族が高齢になるのでドアノブからレバーハンドルへ交換がしたいけど、どうやって交換したらいいか分からないなど、お困りの方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ドアノブのタイプそれぞれのレバーハンドルの交換の仕方について詳しくご紹介します。

レバーハンドルの交換方法について丁寧に紹介していきます。

  • 自分でもレバーハンドルは交換できる?
  • レバーハンドルを交換する前に
  • レバーハンドルの交換方法について
  • レバーハンドルの交換が難しい場合は……

ドアノブからレバーハンドルへと、自分で交換できるものなのか確認してみましょう!

自分でもレバーハンドルは交換できる?

自分でも交換できる!

自宅ドアの持ち手を確認しましょう。チューブラ錠か円筒錠なら自分でも交換できます。

チューブラ錠はドアを留めてあるネジが見えているもので室内向けによく取り付けられています。

円筒錠は鍵の付いている物もあり、ドアノブの根元部分に小さい穴が開いているものです。

よくチューブラ錠と円筒錠は間違われやすいものですが、ネジで留めてあるものか小さい穴が根元にあるかで判断ができます。家にドライバーとキリやピンなどの細めの道具があれば、交換が楽にできますので用意しておきましょう

レバーハンドルに交換すればメリットもある

レバーハンドルは、円筒錠などと違い持ち手をひねる動作がいらない持ち手です。たとえば荷物で両手がふさがっているときなどでも、ドアの開閉ができるため、とても利便性が高いです。

レバーハンドルであれば、少しの押す力だけで開けることができます。簡単な動作での開閉が可能なため、握力がない高齢者の方でも使いやすくなります。レバーハンドルに変えるだけで家の中での移動にもストレスフリーです。

レバーハンドルを交換する前に

型番を確認すること

ドアの側面の銀色のフロントプレートに、メーカー名が記載されています。そこを確認しましょう。現在使用しているドアノブの型番も同じフロントプレートに書いてあります。まったく同じものと交換する際はそこを見ておきましょう。

同じ物への交換ではなく、握り玉のドアノブから、新しいレバーハンドルへ変えるといった交換もすることあるでしょう。このように別のチューブラ錠や円筒錠などのドアノブから交換するのであれば、メーカー名やサイズを合わせておけば交換しやすいです

ドアの寸法を測ること

交換するときは、ドアの寸法が必要になります。以下の寸法をしっかり測っておきましょう。サイズが異なると、せっかく購入したレバーハンドルも使えません。気を付けましょう。

ドアの厚み

バックセット(ドアノブの中心からドアの端までの長さ)

フロントプレート(ドア側面の銀のプレート)の幅・長さ

ビスピッチ(フロントを固定している上下のビスの中心同士の長さ)

 

▼ドアノブの交換と修理方法、またDIYで行う際の注意点なども解説します!

ドアノブの交換・修理方法!取り付けや変更をDIYで行う時の費用や注意点を解説!

レバーハンドルの交換方法について

レバーハンドルの交換方法について、交換するドアノブごとにそれぞれ紹介します。

用意するもの

プラスドライバー

マイナスドライバー

キリやピンのような先端が細めの道具

チューブラ錠からレバーハンドルに変える

チューブラ錠からレバーハンドルに変える際の手順について紹介します。チューブラ錠は、ドアがネジで留まっています。それをまず取り外すことから始めていきます。

内側のビスを外したら内側のドアノブを引き抜く

外側のビスを取り外して外側のドアノブを引き抜く

フロントのビスを引き抜きフロントを引き抜く

新しいレバーハンドルのラッチをビスで取り付ける

角芯が付いている方のレバーハンドルを外側に差し込みビスで取り付ける

もう片方レバーハンドルを内側に差し込みビスで取り付ける

動作確認をして完了

円筒錠からレバーハンドルに変える

握り玉タイプの円筒錠からレバーハンドルに交換する場合は、取り外す際に根元の小さい穴に細めの道具を入れて押し込んで取り出します。

内側のドアノブの付け根の穴先端の細めの道具を差し込み、押しながらノブを引き抜く

丸座の穴開き部分にマイナスドライバーを差し手前に押し上げて丸座を取り外す

丸座裏金のビスを取り外す

丸座裏金を取り外し外側のドアノブを引き抜く

フロントのビスを取り外しフロントを引き抜く

新しいレバーハンドルのラッチをビスで取り付ける

角芯が付いている方のレバーハンドルを外側に差し込みビスで取り付ける

う片方のレバーハンドルを内側に差し込み、ビスで取り付ける

動作確認を行い完了

レバーハンドルのドアノブを新しいものに交換する場合

レバーハンドルのドアノブを全く同じもので新しいものに交換する手順を紹介します。

内側のレバーハンドルの根元のビスを取り外す

内側のドアレバーを引き抜いたら外側のドアレバーを引き抜く

台座を固定している上下のビスを取り外す

内側と外側の台座を取り外す

フロントのビスを取り外してフロントを引き抜く

新しいハンドルを最初からの順番で取り付け動作確認を行い完了

実際にレバーハンドルを交換しても、プロではなく自分で交換するとレバーが固くなってしまったり、ゆるくなったりします。一般的に仕上がりに問題がある場合もあります。その場合は鍵の専門業者にお願いするようにしましょう。

レバーハンドルの交換が難しい場合は……

プロにお願いして交換してもらおう!

レバーハンドルの交換が自分には難しいかもしれない、サイズを失敗すると心配なのでプロに取り付けをお願いしたいという方は、鍵の専門業者に交換をお願いしましょう。

弊社「KEY110 」では実際にレバーハンドルやドアノブの交換も行っています。資格を持ったプロが即日対応で行っていますので、ぜひお気軽にご相談下さい。日常での鍵のトラブルやお困りごとがございましたら、「KEY110」にお任せ下さい。

▼「KEY110」では鍵交換も即日対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】