【プロの鍵屋】家の鍵が回らない原因と対処法を解説する【年中無休】

円~対応中!

「家の鍵が回りづらくなっている。どうすれば解決するのか知りたい…」という方は、多いと思います。鍵を長年使っていると、どうしても不具合が生じます。回りづらいだけなら良いですが、壊れてしまったら元も子もありません。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 家の鍵が回らない原因
  • 家の鍵が回るようになる方法

KEY110には、全国で28万件以上の鍵トラブルの依頼があります。国税庁やJR東日本など、有名企業からも依頼を受けています。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして鍵の不調を解決してください。

家の鍵が回らない原因

家 鍵 回らない 原因

まずは、家の鍵が回らない原因を解説します。大まかには、以下の3つを覚えておけばOKです。

鍵穴に汚れが詰まっている

鍵穴に砂やゴミなど、汚れが詰まってしまうと、鍵と鍵穴のかみ合わせが悪くなります。結果、鍵が回りづらくなってしまいます。年に一度は、鍵穴の掃除を行い、鍵穴を綺麗に保ってください。

鍵穴の潤滑剤が減っている

鍵を長期間使っていると、鍵穴の潤滑剤が減ってしまいます。潤滑剤が少ないと鍵が引っ掛かりやすくなり、鍵が回りづらくなってしまいます。「少し回りづらいな…」と感じたら、専用の潤滑剤でメンテナンスしてください。

作成したスペアキーの精度が悪い

スペアキーの精度は、鍵屋さんの技術に左右されます。上手な方が作成すれば、何年使っても問題ありません。しかし、下手な方が作成すると、使用しているうちに鍵穴とのズレが発生し、鍵が回らなくなってしまいます。また、スペアキーからスペアキーを作成すると、元の鍵とのズレが発生しやすくなります。元の鍵を紛失した場合、鍵交換を検討する必要がありますよ。

家の鍵が回るようになる方法

家 鍵 回る 方法

では、家の鍵が回るようになる方法を解説します。自分でできる方法は、以下の3つがあります。

鉛筆で鍵を塗る

鉛筆の芯には、黒鉛が含まれています。黒鉛は金属に付着すると、自己潤滑する性質があります。そのため、潤滑剤の役割を果たしてくれるのです。鍵や鍵穴の種類に関係なく利用できる方法なので、一度試してみてください。

  • 鍵の溝やくぼみを鉛筆でなぞり、黒鉛をたっぷり塗る
  • 鍵を鍵穴に差し込み、数回抜き差しを行う
  • 鍵がスムーズに抜き差しできれば、鍵について黒鉛をティッシュなどで拭き取る

ブラシで鍵の汚れを落とす

鍵が汚れている場合、鍵穴との噛み合わせが悪くなり、回りづらくなってしまいます。汚れを落とすために、使用済み歯ブラシなどで掃除を行いましょう。防犯性の高いディンプルキーは穴のくぼみにが汚れやすいので、念入りに掃除する必要があります。できることなら、年に一度は汚れを落としてください。

潤滑剤でメンテナンスする

鍵穴に専用の潤滑剤を入れると、鍵の滑りを良くできます。鍵と鍵穴の摩擦を減らすことで、よりスムーズに鍵を開け閉めできるようになります。鍵を長持ちさせることにも繋がるので、試したことのない方は潤滑剤を活用してみてください。

家の鍵が回らない際にやってはいけないこと

家 鍵 回らない やってはいけない

家の鍵が回らなくても、焦って行動するのは禁物です。素人が行動しても解決するのは難しいですし、現状を悪化させてしまう可能性もあります。特に、以下の3つは行わないでください。

鍵を無理やり回す

鍵を無理やり回すと、鍵が曲がったり、鍵が折れて鍵穴から抜けなくなったりします。部品が破損すると修理に手間がかかりますし、修理費も余計にかかってしまいます。外出するタイミングなど、急いでいる気持ちも分かりますが、鍵を無理やり回すのは控えてくださいね。

鍵穴に食用油を入れる

鍵の滑りをよくしようと、サラダ油など食用油を鍵穴に入れる方がいます。しかし、食用油には汚れが付きやすいので、鍵穴に異物が詰まってしまいます。鍵穴を交換する羽目になるので、食用油を入れるのはやめてください。鍵穴の潤滑剤を使えば、鍵の滑りは良くなりますし。

鍵穴に針金などを入れる

鍵穴に砂や小石などが詰まって鍵が挿せない際、針金などをねじ込んで無理やり取ろうとする方がいます。しかし、鍵穴が傷つくと鍵との整合性が取れなくなります。針金が中で折れると、鍵穴を交換する必要もあります。鍵穴は繊細なので、むやみに触らないほうが良いですね。

家の鍵を長持ちさせる方法

家 鍵 長持ち 方法

家の鍵が回るようになっても、同じ過ちを繰り返しては意味がありません。数か月に一回鍵を修理していては、どうしても面倒ですからね。そこで、家の鍵を長持ちさせる方法を解説します。

鍵を丁寧に扱う

朝急いでいる際など、鍵の扱いが雑になる方も多いと思います。何度も回したり、無理やり抜くなどすると、鍵穴を傷つけてしまいます。鍵と鍵穴の組み合わせが悪くなり、数理せざるを得ない状況に繋がります。時間のない時でも心に余裕をもって、鍵を丁寧に扱ってくださいね。

ドアを乱暴に閉めない

誰かとケンカをして不機嫌な際など、ドアを思い切り閉めてしまう方もいるでしょう。ドアを乱暴に閉めると、鍵穴に負担がかかってしまい、鍵の寿命も縮んでしまいます。イライラする気持ちは分かりますが、物には当たらないほうが良いですよね。

解決しない場合は鍵業者に依頼する

鍵業者 依頼

ここまで紹介した方法で鍵が回らない場合、鍵業者に依頼するのが手っ取り早いです。自分で試行錯誤して失敗するよりも、プロの手を借りたほうが楽ですからね。

弊社、KEY110では鍵開けの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。玄関の開錠は、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

0120-961-976

メールで無料相談する!