車の鍵が回らないときの6つの解決策【プロの鍵屋が解説】

円~対応中!

「車の鍵が回らなくて困っている。外出に必要だからすぐに直したい…」という方は、多いと思います。車の鍵が回らないと、かなり焦りますよね。もうこの車は使えないのかなと、不安になる方もいるでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 車の鍵が回らない原因と解決策
  • 車の鍵を長持ちさせる方法

KEY110には、全国で28万件以上の鍵トラブルの依頼があります。国税庁やJR東日本など、有名企業からも依頼を受けています。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして車の鍵トラブルを解決してくださいね。

車の鍵が回らない原因と解決策

車 鍵 回らない 原因

車の鍵が回らない原因は、いくつかあります。それぞれの事例に合わせて解決策を解説しますね。

スマートキーの電池切れ

まず確認したいのが、スマートキーの電池切れです。スマートキーは電池の消耗が激しいため、すぐに電池切れを起こしてしまいます。寿命も1~2年しか持たないので、短期間で交換する必要があります。電池の交換は、以下の手順で行います。

  1. 1. メカニカルキーを抜き、カバーを開く
  2. 2. 中の電池を抜き、新しい電池と交換する

バッテリーが上がっている

車のバッテリーが上がってしまうと、鍵が回りません。鍵を回す際に、セルモーターからカチカチと音が鳴っていると、バッテリーが上がっている合図です。バッテリー上がりの対処法は、以下の3つです。

    • バッテリーを交換する

バッテリーの替えを持っていたり、車用品店が近い場合におすすめです。自分でバッテリーを交換すると、火災や火傷などを引き起こす可能性があります。素人には難しいので、車用品店で行ってください。

    • バッテリーを充電する

バッテリーの充電は、ガソリンスタンドや車用品店で行えます。ブースターケーブルを使えば、他の車から充電することも可能です。ただ、バッテリーの相性が合わないと、火災や火傷に繋がる恐れがあります。自身で行うのは控えた方が賢明です。

    • 専門業者を呼ぶ

次に、JAF(日本自動車連盟)に連絡する方法です。JAFはタイヤのパンクやエンジンの故障、レッカーサービスなど幅広い車のトラブルに対応しています。JAF会員であれば無料で鍵を開けてくれるので、利用するべきです。しかし、JAFは到着までに時間がかかる場合が多いです。2時間以上待つこともあるので、急いでいない方には適していますね。

>>JAF公式サイト

ハンドルがロックされている

車の鍵を抜いた状態でハンドルを回そうとすると、盗難防止のため、ハンドルがロックされます。ハンドルがロックされた場合、以下の手順で解除することができます。

  1. 1. ギアが「P」に位置しているか確認
  2. 2. ハンドルを左右どちらかに、回しながら鍵を回す
  3. 3. それでも回らない場合、反対方向にハンドルを回す

ギアのモードを間違えている

ギアのモードが指定の位置でないと、鍵は回りません。AT車は「P」、MT車は「N」に入れておく必要があります。ギアのモードを直せば、鍵も回ります。しかし、不具合が起きてしまい、ギアのモードを切り替えられない場合もあります。無理やり動かすと故障の原因になるので、車業者を呼ぶのがおすすめです。

クラッチペダルを踏んでいない

MT車の場合、クラッチペダルを踏まないと鍵が回りません。普段MT車に乗らない方によくあるミスなので、確認しましょう。

鍵が壊れている

鍵を長期間使っていると、鍵や鍵穴に不具合が生じます。鍵の山の部分がすり減ったり、鍵穴が傷ついたり、要因はさまざまです。無理やり鍵を入れて、中で折れてしまったり、取り出せなくなるケースもあります。鍵が壊れている場合、自分で何とかするのではなく、鍵業者に依頼する方が賢明です。

弊社、KEY110では車の鍵開けの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。車の鍵開けは、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

0120-961-976

メールで無料相談する!

車の鍵を長持ちさせる方法

車 鍵 長持ち

では、車の鍵を長持ちさせる方法を解説します。いくつかありますが、以下の2つを覚えておけばOKです。

丁寧に取り扱う

出勤で車を運転する際など、急いでいるときに、鍵を雑に扱ってしまう方がいます。鍵を無理やり回したり、鍵を強く挿したりすると、鍵穴が傷ついてしまいます。その結果、鍵と鍵穴の噛み合わせが悪くなり、鍵が回らなくなるのです。時間がない時でも、鍵は丁寧に取り扱ってくださいね。

定期的にメンテナンスする

当然ながら、鍵の作りは非常に繊細です。溝に汚れなどが溜まっていると、鍵穴に汚れが詰まってしまい、鍵が抜けなくなるなどのトラブルに発展します。鍵の表面を乾いた布で拭いたり、鍵穴を歯ブラシで掃除するなどのメンテナンスを行ってください。