シャッターの鍵の種類とは?仕組みからよくあるトラブルの原因を解説!

8,800円~対応中!

シャッターの鍵にはどのようなものがあるか知っていますか?

実際には、シャッターの鍵と言われてもパッと出てこない方もいます。ここではシャッターの鍵の種類やその鍵ではどんなトラブルが起こりやすいかを紹介します。シャッターの鍵交換も検討しているけど、鍵交換の前に気を付けないといけないことがあるかどうか知りたい方も確認しましょう。

  • シャッターの鍵はどんなものがある?
  • 鍵の仕組みについて
  • シャッターの鍵に不具合が起きるとき
  • 鍵のトラブルはどうしたら良い?

それでは実際にシャッターの鍵の種類には何があるか、どんな仕組みなのか紹介します。その仕組みから実際に起きるシャッターの鍵のトラブルの原因が何か確認しましょう。

シャッターの鍵はどんなものがある?

鍵の種類

ディスクシリンダー

鍵の見た目は上下の両側にギザギザしたくぼみが付いています。その作りとしてはシンプルなもので防犯性としてはあまり高い鍵とは言えません。簡単にピッキングなどで開けられてしまうため、このディスクシリンダーを取り付けている方は注意が必要です。鍵穴はホコリが溜まりやすくできていて劣化もしやすいので、防犯性の高い鍵に交換するのを検討したほうが良いでしょう。

ピンタンブラー

ピンタンブラ―はディスクシリンダーとは違って、鍵の片側だけにギザギザしたくぼみが付いています。現在作られているピンタンブラー錠は、ピッキング防止のために改良されていますが、防犯性としては必ずしも高いというわけではありません。ディスクシリンダーを取り付けていて、少し防犯性を上げたいという方は、こちらのピンシリンダーに交換しても良いでしょう。

ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダーは、設備が新しくなっている住宅や、賃貸マンションなどでよく使われているタイプの鍵です。鍵の表面が凸凹しているのが特徴でもあります。上下から側面にまでくぼみがあり先端が丸くなっているタイプが多いです。形状が複雑に仕上げてあるのでピッキングにも強く、防犯性として高めにできている鍵です。

シャッターの鍵のメーカーについて

  • 三和シャッター
  • 川上シャッター
  • 大和シャッター
  • 文化シャッター
  • 東洋シャッター
  • 東工シャッター

シャッターの鍵のメーカー名と鍵番号は、鍵の部分に数字が書いてあります。シリンダー側には実際に取り付けてあるシリンダーの鍵番号が記載されています。

もともと付いている鍵と同じ種類の新しい鍵を買ってきて交換するのであれば、比較的一般の方でも交換しやすいです。なのでどのメーカーで鍵の種類が何か分かれば、鍵を購入する際や鍵を交換する際も自分で把握できるので便利です。

鍵の仕組みについて

シャッターの鍵の仕組みについて

シャッターの鍵は施錠すると、シャッターの両側からラッチ(留め具)が出てきます。レール部分に挟まってカンヌキがかかるようになって施錠する仕組みです。

また、シャッターの内側には、サムターン(内鍵)があり、外側で鍵を回すことでサムターンが連動して回るようになっています。

シャッターの鍵に不具合が起きるとき

鍵穴がサビついている

シャッターは基本的に倉庫やガレージなど外で使われている鍵になるので、雨風などの環境によって雨ざらしになってしまいます。長時間シャッターを開閉しないままになると、どうしても鍵穴自体がサビついてきてしまいます。

サビついてしまうと、鍵穴の形状が変わってしまい、シャッターに鍵を差し込んでも開けられなくなる恐れがありますので注意しましょう。

鍵や鍵穴の変形

シャッターの鍵はサビや鍵穴の汚れが詰まってしまうことで使いにくくなったり、開きづらい鍵や鍵穴をそのままにして使っていくことで鍵や鍵穴に負担がかかってしまうことがあります。その負担が鍵にかかっていくと、鍵自体の折れや曲がれにも関わってきます。

鍵のトラブルの度合いによっては、鍵修理や鍵交換が必要な場合がありますので注意して下さい。

サムターンがズレている

シャッターにはサムターン(内鍵)がありますが、経年劣化や何か衝撃を与えてしまうことで部品にズレが生じてしまうことがあります。

先ほどシャッターの鍵の仕組みでも話したように鍵穴とサムターンは連動しているものですが、ズレていると外鍵と連動しないため、鍵が刺さりづらくなるなどの不具合が起こります。

鍵のトラブルはどうしたら良い?

鍵の交換のやり方って?

自分でシャッターの鍵を交換したいと考える方も多くいらっしゃいますが、シャッターの鍵を交換する上で注意点がいくつかあります。

シャッターと錠前が一体型のタイプは交換ができない

取り外すことができないため、交換もできないので鍵をどうしても交換したいとなるとシャッター自体を丸ごと交換するしかできないでしょう。

取り付けられている代替え品がないと交換は難しい

錠前が古すぎて、それゆえに生産が終了していたり、メーカーが倒産してしまっていたりしてもともと付いているシャッターの鍵が手に入らないこともあるので注意が必要です。

自分ではシャッターの鍵が交換できるか分からない……

「自分で交換できないかもしれない」「難しくて分からない」などのお悩みがある方は、鍵の専門業者に一度相談をしてみましょう。

実際にシャッターの鍵にはどのような鍵を取り付けられているのか、どんな鍵を取り付けたいのかも分からない方はプロに相談していただければ、鍵の知識や技術力が豊富なので安心です

▼シャッターの鍵を自分で交換してみたい方はこちらを確認してみましょう!

シャッターの鍵を交換する!DIYでのやり方から注意点まで解説!

シャッターの鍵のトラブルが起きたらプロに任せましょう!

シャッターの鍵のトラブルがもしも起きてしまってどこに頼れば良いか分からない場合は一度鍵の専門業者にお願いしましょう。固くて開けられなくなったシャッターの鍵を開けたい場合も、さらに防犯性のあるシャッターにしたいなどの鍵交換の場合も鍵の専門業者に一度相談してみましょう

また弊社『KEY110』では、緊急でのシャッターの鍵のトラブルでも、他の鍵のトラブルでも即日対応で行っています。まずは、お気軽にご相談下さい。

▼『KEY110』ではシャッターの鍵でのトラブルや他の鍵のトラブルも即日対応していますのでお気軽にご相談下さい

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。