賃貸住宅でも引き戸に鍵を後付けしたい!そんなときはここを確認

8,000円~対応中!

引き戸に鍵を取り付ける方法で悩んでいませんか?

引き戸に取り付けられる鍵には、いくつかの種類があります。

しかし、賃貸物件にお住まいの場合は取り付け方法が限られるので、鍵の種類はとても少なくなります。

その中から、鍵を取り付ける目的に合わせて選びましょう。

この記事では、賃貸物件でも後付けできる引き戸の鍵について解説しています。

賃貸の引き戸に鍵を後付けするメリット

住んでいるうちに生活環境が変化し、鍵を取り付けたくなることは多いです。

そんなときは、引き戸に鍵を後付けしましょう。

鍵を取り付ける理由は、大きく分けて2つ考えられます。

防犯やプライベートの強化

まずは防犯対策プライバシーの保護など、限られた方のみが開けられるようにするためです。

具体的な例をいくつか挙げます。

  • 空き巣の侵入を防ぐ
  • 来客時などのトラブル回避
  • プライベートな空間を作る

主に、外から開けられないようにするために鍵をかけます。

ペットや子供の脱走防止

ペット子供が勝手に外に出ないように、鍵をかけることも多いです。

また、子供が引き戸を開けてしまい挟まれるなどの事故を防止することもできます。

ペットや子供の行動を制限するためですので、鍵は簡易なタイプでも問題ありません。

ただし、開けられないように鍵を取り付ける位置に注意しましょう。

賃貸の引き戸に後付けする方法について

ドアに比べて、引き戸は後付けできる鍵の種類が少ないです。

その上、賃貸物件の場合は取り付け方法が限られるため、さらに数が絞られます。

賃貸物件にお住まいの場合は、鍵を『粘着テープ』で取り付ける方法が良く使われます。

粘着テープでの取り付け

賃貸物件では粘着テープで鍵を後付けすることで、外したときに傷や穴が残らないようにしておきましょう。

ただし、しっかり貼り付けるために粘着力が強いものも多く、剥がすときに注意が必要です。

粘着テープは劣化に注意

粘着テープは時間が経つと粘着力が低下します。

粘着テープで貼り付けた場合は長期間そのままにしておかずに、様子を見て交換しましょう。

また、力まかせに引っ張れば剥がすことができるため、防犯性は低いです。

そのため、玄関などの出入り口には使わないようにしましょう。

穴あけ作業は許可をもらって

引き戸に後付けできる鍵の中には、穴をあけて取り付けるタイプもあります。

ネジで固定するため、粘着テープに比べて強度は高いです。

引き戸にネジで固定するタイプの鍵には、いくつか種類があるので選択肢は広がります。

また、引き戸に穴をあけることができれば、外側と内側の両側から開け閉めできる強度の高い鍵を取り付けることもできます。

ただし、穴をあけて鍵を取り付けたい場合は、必ず大家さんか管理会社に許可をもらいましょう。

関連記事:『賃貸の室内ドアに鍵を後付けするときの大切な点とおすすめ鍵を解説!』

賃貸の引き戸に鍵を後付けする際に気を付けること

賃貸物件の引き戸に鍵を後付けするときは、注意点がいくつかあります。

後からトラブルにならないように、必ず確認してから鍵を取り付けるようにしましょう。

賃貸は原状回復しなければならない

借主は『原状回復の義務』があるため、故意に穴をあけたり掃除をしなかったため汚れてしまったなどの場合は、退去時に修繕費用を負担しなければいけません。

そのため、できるだけ傷を付けずに取り付けられる鍵を選びましょう。

穴をあけて施工するのが難しい

鍵をネジで固定すると、外したときにネジ穴があいてしまいます。

もちろんネジ穴も修繕費用の対象となります。

仮に大家さんか管理会社の許可がもらえたとしたら、修繕費用の範囲についても確認しておきましょう。

プロにお願いして後付けしてもらおう!

ここまで、賃貸物件でも後付けできる引き戸の鍵について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

引き戸に取り付けられる鍵はいくつか種類がありますが、賃貸物件でも使えるものは少ないです。

鍵をかける理由から使い方や設置場所を決め、鍵を選んで購入しましょう。

引き戸が開かないようにするには、鍵をかける以外にもいくつか方法があります。

  • ストッパーを取り付ける
  • 棒などで戸を動かなくする

自分に合った方法を考えてみましょう。

自分ではできないと感じたらプロにお願いしましょう

賃貸物件だと鍵を後付けする方法が限られます。

しかし、「どうしても鍵をかけたい…」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは専門業者に相談してみましょう。

自分では考え付かない方法で、引き戸をロックできるかもしれません。

また、プロに取り付けを依頼することで、大家さんや管理会社も引き戸の鍵について前向きに考えてくれるかもしれません。

建物や設備の防犯性が上がるのはどちらにとっても良いことですし、専門業者なら見た目もきれいに取り付けてくれます。

賃貸物件にお住まいで引き戸の鍵にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

参考サイト:『KEY110 (新規の鍵・補助錠の取付)』