DIYで鍵の取り付けしたい! シリンダー&ドアノブ取付方法を紹介!

8,000円~対応中!

「鍵って自分で取り付けられないのかな…」と悩んでいませんか?

鍵を新たに追加するには、いくつかの方法があります。

ドアに穴をあけて鍵を取り付ける方法や、簡単に設置できる補助錠でしたら種類も多いです。

また、現在付いている鍵を交換する方法もあります。

この場合は、「防犯性の高い鍵にしたい!」や、「鍵が壊れてしまった…」などの理由が考えられます。

鍵の交換であれば、いくつか条件がありますが自分で作業することが可能です。

この記事では、DIYでできるシリンダーやドアノブの取り付け方法について簡単に解説しています。

DIYで鍵の取り付けをする前に

作業を始める前に、いくつか確認することがあります。

鍵を交換する場合は、『シリンダー』『ドアノブ』を交換することになります。

シリンダーとは、ドアの外側にある鍵穴の部分のことです。

シリンダーだけを外せるタイプのドアなら、交換することができます。

ドアノブとはドアの取手の部分のことです。

ドアノブには、丸い『握り玉タイプ』『レバータイプ』があります。

ドアノブに鍵穴がある場合は、ドアノブごと交換します。

交換する部分が分かったら、次にサイズを測ります。

ドアの規格の把握をする

サイズを測るのは、交換できるか確認するためです。

サイズを測る部分は5カ所あります。

  • ドアの厚み
  • バックセット(ドアの端からドアノブやハンドルの中心までの距離)
  • フロント(ドアの側面の金属プレート)の縦の長さ
  • フロントの横の長さ
  • フロントを留めているビスの間の長さ

交換する部分や種類によって、確認が必要な場所は変わります。

ドアの型番とメーカーを確認

サイズを測ったら、交換が可能なを選びます。

そのためには、メーカー型番を確認する必要があります。

ドアのフロント(ドアの側面の金属プレート)に刻印があるので確認しましょう。

ドアに適合するサイズであれば、メーカーや型番が違っても取り付けることは可能です。

しかし、同じメーカーの対応する鍵であれば取り付けも簡単にできるので、DIY初心者はメーカーを同じにした方が良いでしょう。

DIYでシリンダー鍵の取り付けをしよう

ここからは、ドアに付いているシリンダーの交換方法を解説します。

設置されているシリンダーを外した時の部品は、その後も使用するので無くさないように気を付けてください。

必要なもの

交換するために必要な工具や部品です。

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー(ペンチでも良い)
  • 新しいシリンダー

次に、交換する手順を解説します。

シリンダーを留めているネジやピンを外す

プラスドライバーで、ドアの側面の金属プレートを留めているネジを外します。

続いて、側面の金属プレートも外します。

マイナスドライバーを使って、シリンダーを留めている2本のピンを抜きます。

ピンを抜くとシリンダーが外れてしまうことがあるため、抑えておくと良いです。

シリンダーを外して新しいものを取り付ける

ドアからシリンダーを外します。

取り外した穴に、新しいシリンダーを取り付けます。

必ずカギは抜いた状態で取り付けてください。

先ほど外したネジやピンを逆の順番で取り付ける

先ほど抜いたピンを差し込んで、シリンダーを固定します。

続いて、側面の金属プレートをネジで取り付けます。

カギをシリンダーに差し込んで回し、動作確認をすれば完了です。

DIYでドアノブ鍵の取り付けをしよう

次に、ドアノブの交換方法の解説をします。

ドアノブの場合は、外側と内側のどちらも交換します。

レバーハンドルも、基本的には同じ方法で交換できます。

必ずドアが開いている状態で作業しましょう。

必要なもの

交換するために必要な工具や部品です。

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • キリや釘、クリップなどの細い棒
  • 新しいドアノブ

次に、交換する手順を解説します。

ノブを取り外して丸座を外して外側のノブも外す

ドアにネジで留まっているタイプは、ネジを回せば外すことができます。

ネジがない場合は、内側のノブの根元の小さな穴にキリ(細い棒)を入れて押しながら、ノブを引き抜きます。

丸座(ノブの根元の丸い部品)もマイナスドライバーをすき間に入れて、てこの原理で取り外します。

丸座を外したら、錠前(ドアに付いている鍵の部分)を固定しているネジをドライバーで回して、外側のノブも取り外します。

フロントプレートを取り外して新しいものを取り付ける

外側のノブを外したら、ドアの側面の金属プレート部分のネジを回して、鍵本体を抜き取ります。

ここまでで、ドアノブの取り外し作業は終了です。

続いて、新しいドアノブの取り付け作業に移ります。

基本的に、これまでと逆の手順で進めていきます。

まず、ドアの側面に鍵本体を差し込み、金属プレートをネジ留めします。

外したネジやピンを逆の順番で取り付ける

外側のノブを取り付ける時には、鍵本体のくぼみに金具を引っ掛けながら差し込みます。

次に、丸座をネジで固定し、内側のノブを取り付けます。

最後に、ドアが開いた状態で鍵の開け閉めができるか、ラッチ(開け閉めする時に引っ掛かる部品)の動作確認をして完了です。

関連記事:「【初心者必見】DIY!自分で簡単に鍵ドアノブを交換してみよう!」

DIYでは鍵の取り付けが難しい……

ここまで、シリンダーやドアノブの取り付け方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

作業内容は簡単ですし、工具もほとんど必要ないので誰でも交換することはできそうです。

しかし、交換できる部品かどうかの確認は注意が必要です。

サイズを正確に測り、間違えないように気を付けましょう。

ちなみに、ドアノブを『握り玉タイプ』から『レバータイプ』に変更することも可能です。

難しい場合はプロにお願いしましょう

「自分で交換するのは不安だなぁ…」と思う方は、無理をせずに専門業者に交換を依頼しましょう。

あなたの目的に合った鍵を選んで、確実に取り付けてくれます。

「DIYで鍵の取り付けは難しそう…」と思った方は、どうぞお気軽にご相談ください。

KEY110(新規の鍵補助錠の取付)