鍵の取り付け費用っていくら? 鍵の種類から考えるポイントを紹介

8,000円~対応中!

生活をしていると玄関の鍵の交換が必要になることがあります。

  • 鍵を無くした
  • 鍵が壊れた
  • 防犯対策の強化

など、理由はさまざまです。

その時に「鍵の取り付け費用ってどのくらいかかるの?」という疑問が生まれます。

鍵の取り付け費用がいくらかによって、その後の対応が変わってくるからです。

しかし、鍵の取り付け費用は事前に知ることはできません。

なぜなら、いくつかの要素で費用が変わるからです。

鍵の取り付けにかかる費用は、次の3つで決まります。

  • 鍵本体の価格
  • 作業料金
  • 出張費

さらに取り付けるドアの種類やの種類によって、作業料金は変わります。

また、出張費は作業する場所がどれだけ離れているかで変わります。

それでも、ある程度の範囲でなら取り付け費用を予測することはできます。

この記事では、鍵の取り付け費用を種類ごとに分けて簡単に解説しています。

鍵の取り付けにかかる費用は種類で違う

鍵の取り付け費用を決める大きな要素は『鍵の種類』です。

基本的に現在使っているタイプと同じタイプに交換すれば、費用を抑えることができます。

鍵本体の価格も種類によって大きく違うので、開け閉めの方法取り付ける位置などを考えた上で選ぶようにしましょう。

鍵によって費用が違う

鍵の種類によって取り付ける費用も変わります。

鍵を取り付ける工程が多い場合や、ドアに加工が必要な場合は費用が高くなります。

鍵の種類によっては、自分で取り付けられる物もあります。

鍵の取り付け費用の相場はいくら

ここからは、実際にかかる費用について解説します。

まず、玄関のドアの鍵を大きく4つのタイプに分けました。

  • シリンダータイプ
  • ドアノブタイプ
  • レバーハンドルタイプ
  • 電子錠タイプ

どのタイプも、玄関で多く使われています。

では、それぞれの取り付け費用について簡単に説明します。

シリンダータイプ

10,000円~30,000円

シリンダー(鍵穴の部分)のみ交換できるタイプです。

防犯性の高いシリンダーに交換することもできます。

メーカーによって費用が変わりますが、費用が高額になることは少ないです。

ドアノブタイプ

10,000円~20,000円

ドアノブごと鍵を交換するタイプです。

一般的な玄関に多く使われています。

各部のサイズを測り、対応するドアノブを選ぶ必要があります。

レバーハンドルタイプ

10,000円~25,000円前後

レバーハンドルは、マンションやアパートなどで多く使われているタイプです。

基本的にはドアノブタイプと同じ取り付け方法になります。

ドアノブからレバーハンドルへ変更することもできます。

電子錠タイプ

20,000円~100,000円前後

電子錠は本体価格に大きな差があり、鍵を開けるための認証方法もさまざまです。

鍵本体もある程度の大きさがあり、取り付け場所の加工が必要だと費用が高くなります。

その分、便利な機能も多いです。

参考サイト:新規の鍵・補助錠の取付

費用が心配なとき自分でも鍵の取り付けはできる?

誰でも「できるだけ費用を抑えたい!」と思うでしょう。

費用を抑えるためには、自分で鍵を取り付けましょう。

取り付ける鍵の種類によっては、自分で設置することも可能です。

自分でも取り付けはできる

基本的に今まで紹介した4つのタイプは、すべて自分で交換できる種類があります。

ただし、何の知識も道具も無く、簡単にできるわけではありません。

シリンダー・ドアノブ・レバーハンドルは、現在設置されている物を外し、新しい物を取り付けるだけです。

ドライバーペンチがあれば交換することができます。

電子錠は粘着テープで貼り付けたり、ネジで固定するだけならば自分で設置が可能です。

案外簡単そうだけど……

自分で取り付ける時の注意点は、ドアや鍵のサイズメーカーを間違えないように確認することです。

鍵の種類によって、サイズを測る場所も変わりますし、メーカーによっても対応している種類が変わります。

また、細かい部品も多いので無くさないように気を付けましょう。

鍵を取り付けたいならプロに頼もう!

ここまで、鍵の取り付け費用について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まずは、現在の鍵の種類を確認します。

次に、交換する同じタイプの鍵を選びます。

最後に、取り付けを業者に依頼します。

取り付け費用を抑えたい場合は、自分でできるか検討してみましょう。

プロにお願いして取り付けてもらおう

玄関の鍵の交換は、ドアに付いている鍵のタイプで費用が変わります。

同じタイプを選び、簡単に取り付けられる種類ならば費用はそれほど高くなりません。

鍵の種類を間違える可能性や取り付けに失敗するリスクを考えれば、取り付けを業者に依頼するのも悪くはないと思います。

また、「どれを選べば良いか分からない…」という方こそ、専門業者に相談してみましょう。

きちんと希望を伝えれば、条件に合った鍵に交換してくれるはずです。

鍵の取り付け費用に関して何か気になることがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

KEY110