自分で部屋に鍵を取り付けたい! 自分の部屋に合う鍵とメリットを紹介

8,000円~対応中!

「自分の部屋に鍵を付けたいけど、何か良い方法はないかなぁ…」と悩んでいませんか?

部屋のドアに鍵を取り付ける方法はいくつかあります。

あなたの住んでいる環境ドアの種類、鍵の開け閉めの方法などで変わってきます。

その中でおすすめは、簡単に取り付けられる『補助錠』です。

自分で設置することができ、用途に合わせた種類を選ぶことができます。

この記事では、部屋に自分で取り付けられる鍵について簡単に解説しています。

自分で鍵を部屋に取り付けたい!

日常の生活の中で、部屋に鍵を取り付けたくなることがあります。

最初から鍵が付いてないドアの場合や、防犯性を高めたいから鍵を追加したい場合など理由はさまざまです。

しかし、鍵を取り付けることにより、誰でも自由に部屋に出入りできなくなります。

まずは、鍵を取り付けるメリットデメリットについて解説します。

部屋に鍵を取り付けるメリット

基本的にはメリットがあるから、部屋に鍵を取り付けるはずです。

一般的な例をいくつか紹介します。

個人プライバシーの保護

自分の趣味や習慣が、家族などに知られないようにできます。

また、集中したい時に他人に邪魔される心配もありません。

防犯になる

鍵を取り付けることで、第三者の侵入を防ぐことができます。

最初から付いている鍵に追加する場合は、防犯対策が多いです。

安全面での対策

小さな子供や認知症のご家族、ペットなどが知らない間に外に出ることを防ぎます

特にペットは、勝手に外に出てしまうと交通事故などによるケガの原因にもなります。大切な家族のためにも、安全への配慮は大切です。

部屋に鍵を取り付けるデメリット

部屋に鍵を取り付けることで、デメリットもあります。

あまり考えないで取り付けてしまい、後で困ることがないように注意しましょう。

災害の際に逃げ遅れる可能性

部屋に鍵を取り付けていると、緊急時に外へ飛び出したくてもドアがすぐに開きません

同居している方には、必ず鍵の場所を伝えておきましょう。

賃貸物件は原状回復の義務がある

賃貸物件にお住まいの方は『原状回復の義務』があり、故意に穴をあけたり掃除をしないで汚した場合は、退去時に修繕費を負担する必要があります。

そのため、賃貸物件の場合は鍵を取り付ける前に、いくつか確認することがあります。

賃貸でも部屋に取り付けられる鍵はある?

賃貸物件でも部屋に鍵を取り付けることはできます。

しかし、そのためには順番に確認していく必要があります。

賃貸物件にお住まいの方は、まず大家さんか管理会社の許可をもらいましょう。

きちんと理由を説明すれば、おそらく了承してもらえると思います。

次に、賃貸物件でも取り付けられる鍵を選びます。

ここからは、鍵を選ぶ時に注意するポイントを簡単に解説します。

補助錠なら簡単に取り付けられる

補助錠であれば、初心者でも簡単に取り付けることができます。

補助錠は100円ショップなどでも買うことができますが、防犯性の低い鍵が多いので注意しましょう。

穴をあけずに取り付けられる物がある

補助錠にはドアや、ドア枠に挟み込むタイプもあるため、穴をあけずに取り付けられます。

選ぶ時には取り付ける場所を決める必要があり、鍵が外にあるか中にあるかで種類も変わってきます。

自分の目的に合った使い方ができる補助錠を選びましょう。

まずは自分のドアを確認すること

ドアの種類によって、取り付けられる補助錠も変わります。

ドアの種類は大きく分けて4種類あります。

  • 外開きドア
  • 内開きドア
  • 引き戸
  • 引き違い戸

鍵を取り付けたいドアの種類を確認して、対応した補助錠を購入しましょう。

また、「どれを選べば良いかわからない…」と思う方は、専門業者に相談してみましょう。

関連記事:「自分で取り付けられる鍵の種類について詳しく解説します!」

部屋にしっかりした鍵を取り付けたい

「補助錠より強度の高い鍵を取り付けたい!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には、自分で取り付けられる防犯性の高い鍵を紹介します。

自分で取り付けられるタイプは、大きく分けて2種類あります。

穴あけ作業のある鍵なら耐久性が高い

ドアに穴をあけてネジで固定するため、補助錠に比べて強度や耐久性が高いです。

また、ドアの外側と内側の両方から鍵を開け閉めできるため、便利で防犯性も高いです。

ただし、取り付けるためには正確にサイズを測り、工具を使ってしっかり固定する必要があります。

ドアに穴をあけるため、賃貸物件では難しいでしょう。

シリンダーの交換がおすすめ

シリンダー(鍵穴の部分)を防犯性の高いタイプに交換することもできます。

交換するドアの側面の金属プレートに書いてある型番を確認し、対応しているシリンダーを選びましょう。

自分でドライバーとペンチを使って交換できます。

どうしても部屋鍵を自分で取り付けられない場合

ここまで、部屋に自分で取り付けられる鍵について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

自分で部屋に取り付けるなら、簡単にできる補助錠がおすすめです。

補助錠を取り付けるためには、いくつか確認することがあります。

  • ドアの種類
  • 鍵を取り付ける場所(外側・内側)

また、賃貸物件の場合はトラブルを避けるため、必ず許可をもらう必要があります。

「補助錠では強度が心配だなぁ…」という方は、自分で防犯性の高い鍵に交換しましょう。

プロに相談して取り付けよう!

「自分でできるかなぁ…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、専門業者に取り付けを依頼しましょう。

また、どのような鍵を取り付けたら良いか、アドバイスもしてくれるはずです。

途中まで自分でやろうとしたけど断念した場合でも、プロならしっかり取り付けてくれます。

お部屋などの鍵の取り付けでお困りでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 KEY110(新規の鍵・補助錠の取付)