神奈川県川崎市で業務用金庫の鍵開け

鍵開け8,000円~対応中!

川崎市でダイヤルと鍵の業務用金庫を鍵開け!

今回は業務用金庫の開錠でオフィスからご連絡いただきました。代表の方はE様と仰いまして、会社の経理をご担当されているそうです。

トラブルが生じたのは、備品の購入や交通費で使う小口現金を保管している金庫。大きさは家庭用の金庫と変わらないものの、業務用として販売されている耐火性能のあるものだといいます。

鍵とダイヤルで開けるタイプで、購入して間もないのに「鍵がささりにくい」「ダイヤルの番号が合っているはずなのに開かない」というトラブル内容です。2つの問題が起きていることから、電話口からは原因が分かりにくい事例でした。

なるべく早く解錠してもらいたいとのことでしたので、スタッフが早急に現地へ向かうことにしました。

鍵がささりにくい原因はキーの変形でした

ご依頼から40分程度でお客様が待つビルに到着。すぐに上階へ行き、E様をお尋ねしました。

早速、作業に入るところでまずは問題の金庫を拝見。オフィス家具で有名な内田洋行の製品です。こちらは耐火金庫シリーズの一つで、電子レンジくらいのサイズの使い勝手の良い金庫だと思います。片開きのドアの中央にはシリンダーとダイヤルが付いています。

E様から鍵をお預かりしシリンダーに挿し込んでみたところ、鍵がささらないことはないのですが、どうも引っ掛かりがあるのです。スタッフが目視で確認したところ、鍵の一部が変形していることが分かりました。

お客様にお伝えしたところ、鍵の保管場所に問題があったかもしれないとのこと。どうやら、金庫の鍵は長時間直射日光の当たる窓際に置かれていたようです。鍵は熱に弱いため、高温にさらされ続けることで変形することがあります。

変形した鍵を使い続けると鍵が回らなくなる場合があり、またシリンダーにも負担をかける恐れがあります。キーの変形のせいで金庫が開かなくなる可能性もあるため、まずは新しい鍵を作成させていただきました。

ダイヤルロックは正しい回し方が重要です

さて、鍵ができたところで、次はダイヤルの問題を解決していきます。一旦、E様にダイヤルを回してもらいましたが、やはり開きませんでした。

ダイヤルロックが開かない原因として多いのが、暗証番号の誤りです。うろ覚えで間違った番号を入力したり、そもそも暗証番号を忘れてしまったり様々なケースがあります。

購入時から変更していなければメーカー等の照会サービスで番号を教えてもらうこともできますが、あとから変更した場合はさすがのメーカーも手も足も出ません。弊社では番号が分からない場合でも読み取りから解錠を行うことも可能です。

E様に再度確認したところ、連休をとっていたためしばらく開けていなかったものの、番号は間違っていないとのことです。ということは、今回の事例では番号ではなくダイヤルの回し方に問題があると考えられます。

ダイヤルロックは文字通りダイヤルを回し数字に合わせて解錠する仕組みになりますが、操作にコツが必要です。

まず、入力した番号をリセットするため、右回りもしくは左回りにダイヤルを5回以上ぐるぐる回します。スタートする番号は何番からでもOK。ここでは、暗証番号を「20-03-70-15」とします。

ここで注意したいのが、回す回数。番号の通り左右交互に回すだけでは開きません。通常、ダイヤルロックは右に4回以上、左に3回、右に2回、左に1回合わせる必要があるのです。上の暗証番号でいくと、手順はこうなります。

1.右に「20」を4回以上合わせて「20」で止める

2.左に「03」を2回合わせてから3回目の「03」で止める

3.右に「70」を1回合わせてから2回目の「70」で止める

4.左に「15」を回して「15」で止める

内田洋行をはじめ、エーコーやダイヤセーフなどメジャーなメーカーの金庫はたいてい同じ方法で解錠できます。

この方法をスタッフが試したところ、無事に金庫を解錠することができました。E様にも開け方を伝授させていただき、次回からは問題なく解錠していただけるはずです!

今回はご依頼ありがとうございました。

スタッフの声

業務用金庫の鍵開けで困ったときはお気軽にご相談ください。

金銭や貴重品などを保管しておく製品ですので、万が一金庫が開かなくなったりしたら慌ててしまう方が多いことでしょう。特に、オフィスや店舗で使用している業務用金庫は会社の経営に関わるケースがあります。

しかしながら、ほとんどの場合は我々で原因を突き止めて解決することが可能です。例えば、鍵とダイヤルタイプの金庫では、シリンダーもしくは鍵、ダイヤルのいずれかにトラブルが発生しているはずです。過去に金庫の解錠を多く担当しているスタッフであれば、実際に拝見すればその場で問題を解消し、金庫を無傷で開けることも難しくありません。

今回の事例のように、複数の原因が重なってトラブルが生じている場合も少なくありません。また、金庫の鍵はダイヤルのほかにもテンキーやマグネットなどが使用されている場合もあり、お客様自身で解決できない問題が起きている可能性も考えられます。

シリンダーに細いものを入れてこじ開けようとしたり、闇雲に番号を入力したりしても金庫の鍵は開きませんので、時間も労力も無駄にしないために、弊社にご連絡いただければと思います。