GOALの合鍵を作製したいときの注意点や作成に関する解説

8,000円~対応中!

「GOAL(ゴール)の鍵を複製したい」「GOALの合鍵を作るにはどうしたらいいか?」合鍵を作るにも、GOALの鍵は案外特殊なものが多く、防犯にもうってつけの鍵です。今回は、GOALの鍵の合鍵を作る際に気を付けるべき注意点を紹介していきます。

  • GOALの合鍵を作りたい
  • GOALの合鍵を作る際の注意
  • GOALの合鍵を失くさない工夫をする
  • GOALの合鍵を失くしたらまずはプロに相談しよう

GOALの合鍵は、主にディンプルキーで作られているものが多くあります。防犯への意識から、かなり難しい造りのものまであるんです。実際にGOALで取り扱いのある鍵を見てみましょう。

GOALの合鍵を作製したい

GOALの鍵は基本的に防犯性が高く、ディンプルキーのクオリティが高いものを取り扱っています。防犯性が高いものほど、合鍵も作製が難しくなってきます。実際に、よく見るGOALの鍵を紹介します。

V18シリンダー

Vシリンダーは、GOALが独自で開発した耐ピッキング性能をアップさせたものです。電動ドリルなどでの鍵穴壊しの際にも、開錠を阻んでくれることで大助かりなものです。複製も難しく、高度のセキュリティを持っています。

ピンシリンダー

GOALの高性能のアンチピッキングピンを使用しており、ピッキングが非常に難しいピンシリンダーです。操作性や防犯性、耐久性などに優れており、10万回の抜き差しで耐久性能を確認しています。

GRAND V シリンダー

GOALの鍵のなかで一番複雑なキーシステムです。強度と耐久度があり、手にフィットするような感覚とリバーシブルで使いやすい点もあります。防犯性の高いものに乗り換えたいとなったときは、こちらの鍵がおすすめです。

GOALの合鍵を作る際の注意

防犯性が高い特殊なものは取り寄せしないといけない

もともと一般的な鍵となると、ホームセンターや合鍵屋さんで作成してもらえるケースが多いです。ですが、防犯性能が高く、特殊なものになるとその場で受けられずに取り寄せになる可能性もあります。その場合は費用も割高で数千円単位になることもあります。注意しましょう。

ディンプルキーは作製に1日以上かかる可能性も……

ディンプルキーになると、防犯性能がぐっと高くなります。その分同じように作製することが難しくなるため、1日以上かかってしまうケースもあります。この場合も、費用が割高になる場合があります。

GOALの鍵は合鍵作製できないものもある

「GRAND Vシリンダー」は、合鍵の発注をするのに、セキュリティタグが必要になります。そのため、お店などでの複製ができないものなので気を付けてください。

自分の使っているGOALの鍵が、実際に合鍵作製できるかどうか不安であれば、鍵の専門業者に相談しましょう。

GOALの合鍵を失くさない工夫をする

GOALの合鍵を作る前にはまず、鍵を失くさないような工夫をすることが大切です。

GOALの鍵を失くさないために

鍵を失くさない工夫をする

鍵そのものを失くさないように、落ちたらわかりやすいキーホルダーや鈴が付いたものを付けてみましょう。持っていたものを失くすということは、「落ちたことに気が付かない」ということです。落としたことに気付けるようなものを鍵に取り付けることもおすすめです。

万が一失くしたらシリンダーごと交換したほうがいい

ディンプルキーは複製は難しいものが多いため、失くした際の複製には時間がかかります。落とした鍵がどこで誰に拾われているかもわかりません。拾った人に悪用されないためにもシリンダーごと鍵を交換するのをおすすめします。
鍵だけでなく、GOALのシリンダーも防犯性の高いものがたくさんあります。

賃貸の場合は大家さんや管理会社の許可が必要

賃貸物件の合鍵を作製する場合、大家さんや管理会社の許可が必要になります。合鍵を勝手に作ったことで、問題に巻き込まれたら損害賠償になることもありますので気を付けましょう。

▼シリンダーを自分で交換する方法はこちら

GOALの鍵(シリンダー)を自分で交換する方法と鍵交換におけるポイントを解説!

GOALの合鍵作製はまずはプロに相談しよう

急に合鍵を作る必要ができた、心配なので合鍵を作りたいが合鍵が作れるものか不安であれば、まずは鍵の専門業者にお願いして相談したほうがいいでしょう。

また弊社「KEY110」も合鍵作製を行っています。即日対応で行っていますので、鍵のお悩み事や鍵のトラブルなどがありましたらお気軽にお問い合わせください。

▼鍵のトラブルは即日対応の「KEY110」へ

KEY110