イモビライザーの解除においての注意点や対処法について解説します!

8,000円~対応中!

「イモビライザーを解除したい」「イモビライザーキーを紛失したけど解除できる?」など、イモビライザーのトラブルは正直焦ってしまう人が多くいらっしゃいます。今回は、イモビライザー解除の注意点と対処法について解説します。

  • イモビライザー自体の仕組み
  • イモビライザーを解除したい
  • イモビライザーの解除における原因と対処法
  • イモビライザー解除で悩むようならプロに相談しよう

イモビライザーとは? と考える方も少なくありません。先にイモビライザーがどのようなものか理解していただくために、仕組みを紹介します。

イモビライザー自体の仕組み

イモビライザーは、車に付けられている車両を盗難されないようにするための防犯装置のことです。もともと車の鍵は、鍵とシリンダーが一致することで鍵が回ってエンジンがかかるものです。そのため複製されたキーがあれば、簡単に社内に侵入してエンジンをかけることが容易にできてしまいました。

そのため、イモビライザーは、「イモビライザーチップ」という小型チップを入れ込むことにしたのです。その内蔵チップに登録されているIDコードと車本体の登録されている内容が一致しなければエンジンがかからないようになっています。防犯のために開発されたのが、このイモビライザーと呼ばれるツールです。

▼イモビライザーについて詳しく知りたい!

【初心者必見】イモビライザーってなに?仕組みや防犯性について解説中!

イモビライザーを解除したい

イモビライザーの複製や解錠はほぼ不可能

「イモビライザーチップ」にIDコードと車の車体に登録されているIDコードを照合して一致した場合のみエンジンがかかる仕掛けです。その登録されているIDは暗号化技術で何百万通りあるように複雑化しており、ディーラーなどでの修理を除いた複製は不可能となっています。

防犯機能をアップさせる警告

無理に開錠したり、エンジン始動させると警告音や警告ランプが点灯する場合があります。これも防犯対策として、盗難防止を目的にした警報装置です。車体に異常な振動や、盗難の可能性を検知すると警告音を発信します。イモビライザーを装着している車両は、主に装備されているものです。

イモビライザーの解除における原因と対処方法

イモビライザーチップの不良

イモビライザーが解除できないことで、焦った経験がある方も中にはいらっしゃるはずです。

イモビライザーが解除できなくなってしまう原因に、トランスポーターに組み込まれた「イモビライザーチップの不良」があります。車単体のシリンダー自体の不良や、両者の信号を受け取るパス認証のコンピューターに問題がある場合もあります。

スペアキーがあれば確認できることも増える

事前にディーラーに依頼してスペアキーを作っておけば、スペアキーを使った原因の確認方法ができます。スペアキーでエンジンが始動できれば、キーレスに問題があると判断ができます。その判断をした状態で、ディーラーに相談すると原因が何も分からない状態よりも把握しやすくなります。

ディーラーにお願いする

ディーラーにお願いして、解除してもらうといいでしょう。購入したディーラーであれば、その車のID情報が分かるため、キーを作製することができます。ディーラーにお願いすると純正のキーを作製してもらうことが可能ですが、日数や数万円のコストがかかることが多いです。

鍵の専門業者になると、年中無休で対応してくれることもあり、緊急の場合はその場ですぐに作製できる強みもあります。また、確実にイモビライザーの作製ができる業者にお願いすることが大切なポイントでもあります。

イモビライザー解除はまずプロに相談しよう

イモビライザーの解除で悩んでいるようなら、まずは鍵の専門業者に頼みましょう。緊急でスペアキーを作製してもらいたい場合は、先にお願いしておくとその場で作成してもらえることもあります。また、詳しい知識を持つ業者もありますので、その場で原因について先に知ることもできます。

イモビライザーキーの作成やトラブルにおいて相談やお悩みごとがございましたら、弊社「KEY110」にお任せ下さい。安心のプロの技術力と実績で、対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

▼鍵のトラブルでお困りなら「KEY110」にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・開錠・解除】