鍵が折れた! 自力の対処法とやりがちなNG行為まで詳しく解説します!

8,000円~対応中!

家に帰ってきて急に鍵が折れたら、とても焦りますよね。鍵が折れて中に入ってる状態だと、余計にどうしたらいいか分かりませんよね。そんなときはまず冷静になって、自分にできることを考えてみましょう。

この記事では、鍵が折れた際の対処法ややってしまいがちなNG行為まで紹介しています

  • 鍵が折れたときの原因
  • 鍵が折れたときの自力の対処法
  • 鍵が折れたときにやってはいけないNG行為
  • 鍵が折れたピンチのときはどうすればいい?

実際に自分が鍵を折ってしまったときの原因を知って、その実際の対処法からNG行為を知ることで折れた鍵について冷静に対処していきましょう。

鍵が折れたときの原因

シリンダー側の不具合

シリンダーの不具合で力任せに鍵を回してしまったことによって鍵に負担がかかり、折れてしまうことがあります。通常はシリンダーと鍵がかみ合ってスムーズに回せる仕組みです。ですが、鍵にゴミやホコリが付着することによって鍵穴に差し込み引き抜く動作を繰り返すことで、鍵穴の中に汚れが溜まってしまい、上手くかみ合わなくなっていきます。鍵を回しにくくなったり、コツをつかんで上手く動かさないと回せないという場合は、無理に力を入れると鍵の負担が大きくなり折れてしまいます。

鍵自体の劣化

鍵はもともと折れにくく、丈夫な素材で作られています。毎日使用することで細かい傷をつけてしまうことで鍵が劣化しもろくなります。簡単に鍵を差し込んで力を入れただけで折れる場合はこの原因が大きいです。

鍵が折れたときの自力の対処法

鍵穴から鍵が出ている場合

【つまんで取り除く】

必要なもの

ピンセットなどの小さいものをつまむ道具

ピンセットで鍵穴から出ている鍵の先端をつまむ

※このときに少しでも奥に押してしまわないように注意しましょう。鍵穴に埋まってしまいます。

つまんだ先を鍵穴に水平にしたまま引き抜く

折れた鍵が取り出せても、鍵が元に戻らないことには鍵の開け閉めができません。合鍵作成を取り扱う専門業者やホームセンターなどでお願いしてもらいましょう。

緊急の場合は鍵の専門業者にお願いして実際に来て鍵穴の鍵を抜いてもらいましょう。鍵の専門業者であれば合鍵作成も、最悪の場合鍵が壊れたことを考えると、鍵交換もしてもらえるのでおすすめです。

完全に鍵穴の中に詰まっている場合

完全に鍵穴の中に詰まってしまっている場合は、鍵の専門業者にお願いしてもらうのがおすすめです。自分でシリンダーを傷つけて壊してしまうと、鍵を抜くだけで済むものが鍵自体を交換することにもなるからです。

方法としてではありますが、かなり高難易度のものになります。

【ピンバイスで引き抜く】

必要なもの

ピンバイス

ピンバイスはレジンアクセサリーやプラモデルを使うときに使用する道具です。小さなドリル刃がついていてプラスチックや金属製品に小さい穴を開けられます。

ピンバイスセットの中で一番小さいドリルを取り付ける

ピンバイスのお尻側を掌で固定する

ピンバイスのドリル側を親指と人差し指で掴む

埋まった鍵に対してわずかに角度を付けてピンバイスをくるくる回す

鍵に穴が開いたらドリルを少し食い込ませて鍵ごとピンバイスを引き抜く

 

鍵の穴を開けるときに鍵が奥に入り込まないように注意しましょう。また、鍵の破片の断面以外を傷つけないように気を付けましょう。鍵が最後までしっかり刺さった状態でないとドリルをあてた時にさらに奥に入ってしまうので取り出すのがさらに難しくなります。

【シリンダーを取り外す】

シリンダーの取り外しは、鍵が開いていて扉が開いた状態でしか行えませんので注意して下さい。

必要なもの

ドライバー、ペンチ、針金など細長い工具

ドライバーで扉側面のプレートのネジを外す

※このときに部品が落下する可能性がありますが取り付けの際も使うので無くさないようにして下さい。

すべてのピンを外す

シリンダーを外す

シリンダーの内部から針金などの細長い工具で中にある鍵の破片を取り出す

取り外したのと逆の手順でシリンダーを戻す

 

また取り出した鍵の破片をもって合鍵作成をしてもらうと良いでしょう。鍵自体を傷つけて壊してしまったら、鍵交換を鍵の専門業者にお願いしましょう。

▼鍵が抜けないトラブルのポイントは? 予防できるコツを徹底解説します!

鍵が抜けないときのポイントは?予防のコツを徹底解説

鍵が折れたときにやってはいけないNG行為

鍵穴の奥から物を差し込んで取り出す

ピンセットや、ヘアピンなどの細長いもので鍵穴に残った破片を取り出そうと考える方は多くいらっしゃるでしょう。ですが、つかめる部分が見当たらないとピンセットやヘアピンなどを差し込んだとしても、さらに奥の方へ入り込んでしまう恐れがあります。

また、鍵穴の中に鍵以外の物を差し込んで、シリンダー内部に傷を作ってしまうと鍵穴自体が傷だらけになります。いざ合鍵を作製してもその合鍵とかみ合わなくなり、鍵を取り出すことに成功しても合鍵が使えないという事態にもなりかねません。折れた鍵の破片を無理に抜き出すのはやめて、鍵の専門業者にお願いしましょう。

接着剤でくっつけて取り出す

接着剤の容量で、残っている鍵をくっつけて取り出そうと考えている方も多いですが、成功率は低くさらにリスクが高いものになるのでやめましょう。通常、鍵を差し込む際に鍵のギザギザがシリンダーの金属部にあたって差し込まれるようになっています。

シリンダー内の鍵を引っ張る力は強いため、接着剤の力では外に引き出す力が足りないので高確率で失敗するでしょう。また鍵内部に接着剤がくっついてしまう恐れがありますので内部で固まってしまったら、余計に修復不可能になります。そこまでの状態になってしまったら、すぐに鍵の専門業者にお願いしましょう。

鍵が折れたピンチのときはどうすればいい?

プロにお願いして鍵を抜いてもらいましょう

「鍵が折れた!」「鍵が折れて中に入ってしまった」という緊急の場合は、鍵の専門業者にお願いしましょう。その場まで来て、鍵の状態を点検してもらえます。また折れてしまった鍵の合鍵を作製してくれることと、鍵が壊れている場合は鍵交換してもらえるため、鍵の専門業者にお願いすると一石二鳥なのでおすすめです。

また弊社「KEY110」では鍵が折れたときの対応、合鍵作成や鍵交換も資格を持ったプロが即日対応致します。また他の鍵のトラブルやお困りごとなども、「KEY110」で対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

▼「KEY110」では即日対応で鍵が折れた際も対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・修理・交換・作成】