【超最新】リレーアタックよりも怖い?コードグラバーから車を守る方法

車の鍵トラブル8,000円~対応中!

車の最新盗難技術「リレーアタック」をご存知ですか。車のスマートキーから発せられる電波を受信し、車の鍵を開けエンジンを掛けて盗んでしまうというものです。非常に怖い技術で、近年テレビやネットのニュースを騒がせている手口です。が、そのリレーアタックよりもさらに最新かつ悪質な技術、「コードグラバー」という手法があります。

今回はこの「コードグラバー」についてをご紹介。対策不可能とまで言われているこの技術の正体を徹底的に解説いたします。

あなたは知ってる?コードグラバー

さて、このコードグラバーとはなんなのか。まずはそこからお話します。
リレーアタックよりもさらに最新で悪質な技術のコードグラバーですが、車の電波を使うという点は一緒です。ただし、リレーアタックと大きく違うのが、スマートキーも必要ないということ。コードグラバーでは、「車から発せられている電波(信号)を掴んで、鍵を開錠しエンジンを掛ける」技術です。このコードグラバーという名称の由来もCode(コード)=信号 grabbing(グラビング)=掴む、から来ています。

コードグラバーを使った盗難の手口

では次に、コードグラバーによる手口とは、実際にはどのようなものかをご説明します。
コードグラバーは、車から発せられる電波(信号)を受信し、信号に含まれるイモビライザーのIDを複製するというものです。イモビライザーとIDについては、こちらの記事「車の盗難防止装置、あなたの愛車は付いてる?イモビライザー確認法 」をご参照ください。またリレーアタックの記事でも少しご紹介しています。

コードグラバーの手口について、詳しくは下記の図をご覧ください。

コードグラバーによる車両窃盗の手口
コードグラバーによる車両窃盗の手口

この方法なら、スマートキーは必要ありません。車の持ち主が近くにいなくても、車を盗み出すことができてしまう。これがリレーアタックと大きく違う点です。またリモコン操作による開錠ではないため、車を開けた時にアラーム音はならず、ハザードランプもつきません。信号をリレーする必要がないため、窃盗犯も1人で十分。この結果コードグラバーは、リレーアタックよりも少人数で、目立たず車を盗み出すことができてしまうのです。

コードグラバーの対策方法は「ほぼない」ってホント?

コードグラバーによる手口では、車さえあれば車を盗めてしまうところが最大の特徴。リレーアタックのようにスマートキーすら必要ないため、盗難防止対策はほぼないと言われています。ただし、「ほぼ」というだけあって、全くないわけではありません。ただし、その対策方法はどれも手間がかかってしまいます。

①車を物理的にロックする

タイヤロックをした車
タイヤロックをした車

コードグラバーで車を盗まれないためには、車を物理的に動かせない・運転できないようにするしかありません。ハンドルロックで操作をできなくし、タイヤロックで走らせないようにするのが最も効果的です。車に乗るときは手間がかかりますが、手間のかかる車なら窃盗犯も狙わなくなるということです。

アマゾンでハンドルロックを探す
アマゾンでタイヤロックを探す

②防犯ブザーを設置し・設置していることをアピールする

防犯カメラの効果的な設置場所
防犯カメラの効果的な設置場所

防犯ブザー(セキュリティアラーム)を設置することで、コードグラバーで車の扉が開けられても音が出るようにします。また防犯ステッカーなどを張り、防犯ブザーを設置していることをアピールして抑止に繋げましょう。車両の盗難については、狙わせないことが大事です。コードグラバーもリレーアタックもその他の手口でも、盗みたくない・盗むのが大変そうだと思わせるのが重要です。

アマゾンで防犯ブザーを探す
アマゾンでステッカーを探す

③防犯カメラを目立つところに設置する

防犯カメラの効果的な設置場所と種類
防犯カメラの効果的な設置場所と種類

物理ロックや防犯ブザーには劣りますが、防犯カメラを設置するもの対策の一つです。ただし駐車場からも設置されていることが分かる場所にカメラがないと、窃盗犯はカメラに気づかず盗んでしまいます。またコードグラバーの犯行時間は5分程度なので、ただカメラを付けているだけでは車が盗まれてしまいます。
できれば、センサーによりサイレンが鳴ったりランプが光るものが良いでしょう。万が一犯行が行われたときでも、光と音があれば車のもとへ駆けつけることもできます。

④車両保険に入る

コードグラバーに限らず、盗まれやすい・狙われやすい車というものがあります。特にコードグラバーやリレーアタックなどの最新手口での窃盗は、「転売目的」で行われます。車に傷をつけずに盗むことで、より高値で売れるようにしているのです。

コードグラバーで狙われやすい車ワーストランキング

最近問題になっているリレーアタック。その対策グッズも様々なメーカーで発売されています。代表的なものは電波遮断キーケースです。

順位 車種・メーカー 件数
1
レクサス(トヨタ)
レクサス(トヨタ)
画像引用元:トヨタWEBサイト
66
2
プリウス(トヨタ)
プリウス(トヨタ)
画像引用元:トヨタWEBサイト
41
3
ランドクルーザー(トヨタ)
ランドクルーザー(トヨタ)
画像引用元:トヨタWEBサイト
35
4
ハイエース(トヨタ)
ハイエース(トヨタ)
画像引用元:トヨタWEBサイト
17
5
アクア(トヨタ)
アクア(トヨタ)
画像引用元:トヨタWEBサイト
14
6 アルファード(トヨタ) 8
7 カローラ(トヨタ) 7
7 ハリアー(トヨタ) 7
9 ヴェゼル(ホンダ) 5
9 フォワード(ISUZU) 5
9 レンジャー(日野) 5
12 スカイライン(日産) 4
12 レガシィ(スバル) 4
14 インプレッサ(スバル) 3
14 ヴェルファイア(トヨタ) 3
14 エブリィ(スズキ) 3
14 クラウン(トヨタ) 3
14 マーク(トヨタ) 3
引用元:第20回 自動車盗難事故実態調査結果 – 損害保険協会

ランキングを見るとトヨタの車の盗難件数が圧倒的に多くなっています。これは盗まれた車は主に海外に輸出され、売却されるからです。海外ではトヨタの車が人気が高く、積載量や耐久性などの信頼性が強いため高額で取引されます。

コードグラバーの被害に遭ってしまったら

コードグラバーにより車を盗まれてしまったとき、やるべきごとは4つあります。1つ目は「盗難届の提出」、2つ目は「保険会社への連絡」、3つ目は「車の抹消手続き」、4つ目は「保険の解約です。まずは警察に警察に盗難届を提出し、車を捜索してもらえるようにします。

次に必要なのは、保険会社への連絡。車が盗難したことを伝え、保険金が下りるようにします。次は車が返ってこなかった場合ですが、抹消手続きを行います。抹消手続きを行わないと自動車税を支払い続けなければいけないため、注意が必要です。最後は保険の解約ですが、車を乗り換える場合は、保険を引き続き使用することも可能です。

コードグラバーにより車が盗難した時にすることについて、詳しくはリレーアタックの記事の「車の盗難被害に遭ったときにすること」の項目をご覧ください。