【夏に多く発生する家の鍵トラブル】玄関ドアの鍵が開かない・閉まりにくい等の原因と解決方法を解説

円~対応中!

家でのトラブル

夏に多く発生する鍵・扉のトラブル。最初にご紹介するのは、家の扉・鍵にまつわるトラブルです。夏になると「玄関の扉が開けづらくなる」「勝手口が閉まらない」といった不具合の原因や、そのほか夏場に起こるトラブルの解決方法や理由をご紹介します。

扉が開きづらい・閉めづらい

扉が開かない閉まらない

夏の暑い時期になると、「家の扉が開けづらくなった」「閉めづらくなった」といってお問い合わせをいただくことが多くなります。扉をしっかり閉めようとしても、薄く隙間が開いてしまう。扉を開けようとしても、なにか引っかかっているような感触があり開けられない。扉が硬くて開け閉めできない、しっかり閉まらないので鍵もかけられない。こういった症状は夏に起こりやすくなります。

理由・原因

夏の30度を超えるような日は、扉やドアクローザー・蝶番、鍵穴などの部品が熱で伸びる・歪むことがあります。この伸び・歪みが正常に扉が開かない、閉まらないといったトラブルを引き起こす原因となっています。特にアルミドアはこういった熱に弱く、トラブルを多く発生させています。

解決方法

扉に直射日光が当たらないようにすることで、こういった扉のトラブルを防ぐことができます。扉をよしずなどで隠すなどが対策として考えられます。症状が酷い場合は、ドアクローザーや蝶番、鍵穴などの部品交換。扉そのものが悪くなっている場合は、扉の交換が必要です。

鍵の紛失

鍵を落とした、鍵を失くした

一年中いただいている鍵紛失についてのお問い合わせですが、夏場は特にご連絡をいただきます。「鍵を落としてしまったので開けて欲しい」「鍵を失くしてしまったので作って欲しい」というお問い合わせを、ご自宅の玄関先や外出先からいただくことが多くなります。夏は鍵を持って出かける機会が多くなることが関係しています。

理由・原因

レジャー施設や観光地で鍵を落としてしまうと、落としたことに気づきにくい傾向にあります。ただの道で鍵を落とした場合は音や感覚で気づきますが、こういった場所は騒がしく、またその開放感から落としたことに気づかず行ってしまうようです。

解決方法

鍵を失くしてしまったときの解決方法は、鍵屋をすぐに呼び、鍵を作ってもらう・開けてもらう以外にありません。対策としては、鍵を落とさないよう服や鞄にチェーンで付けておく。家の近くに親類が住んでいれば、鍵を預けておくなどでしょう。

空き巣被害

うっかり、ふとした瞬間に

空き巣の季節は年末年始。これは業界でも言われていることです。しかし夏場にも空き巣の被害は多く発生しており、「近くのゴミ捨て場に行っていたら」「コンビニに行った隙に」と入られた方からのお話を、夏に多く伺います。一瞬の隙に空き巣に入られたと驚かれる方も多いですが、このふとした一瞬の隙を空き巣は狙っています。

理由・原因

夏は開放的になる季節。少しの間だからと鍵をかけずに家を出て行ってしまう方が多いようです。また風通しのためにと、家の窓や扉を開けっ放しにして外出する方も多くいます。

解決方法

家を出るときは、どんなに短い時間でも扉の鍵をかけ、窓も閉めて鍵をかけましょう。いちいち鍵をかけるのは面倒だという人は、自動施錠タイプの鍵への交換をおすすめします。

車・バイクのトラブル

夏に多く発生する鍵・扉のトラブル。次にご紹介するのは車・バイクについて。「車の鍵を何処かへ落とした」「鍵をメットインや車内に閉じ込めた」といったトラブルは、夏場は多く発生します。ここではこの車・バイクのトラブルの理由・原因と解決方法をご紹介します。

鍵の紛失

鍵を落とした、鍵を失くした

レジャー施設や観光地の駐車場から「車・バイクに戻ってきたら、鍵がなくなっていた」と、お客様の外出先からご連絡をいただくことがあります。鍵の紛失は年中あるトラブルですが、外出の多くなる夏は特に頻発します。以前、夏の深夜に「鍵を失くしたのですぐ来てほしい」と海からご連絡がありました。普段は海からのご連絡はめったにありませんが、夏の海なら例外です。

理由・原因

外出で車を使う機会が多くなることが原因の一つです。また旅行や観光での使用は車の乗り降りの回数が多くなり、自然と鍵の出し入れも増えます。このため夏は、ポケットに入れていたはずがどこかで落としたといったトラブルが自然と増えています。

解決方法

車の鍵を失くしてしまったときは、ロードサービスや鍵屋に連絡をして鍵を開けてもらう・作ってもらう以外に解決方法はありません。対策としては、鍵を落とさないようにチェーンなどに付けておく、スペアキーを持っておくなどでしょう。

閉じ込め・インロック

駐車場、外出先での鍵の閉じ込め・インロック

鍵の閉じ込めやインロックといったうっかりミスによるトラブルも、夏場は多く発生します。観光・レジャー施設や宿泊施設からのお問い合わせ、特にパーキングエリアやコンビニなどからのお問い合わせが増える時期です。旅行や観光、遊びでの車の使用は、いつもよりも車の乗り降りの回数が増えます。これが原因で閉じ込め・インロックといったトラブルも多くなっているようです。

理由・原因

目的地へ着く前に、休憩でパーキングエリアやコンビニへ立ち寄る。このとき鍵を持って出るのを忘れてしまう人が多いようです。またレンタカーなど操作が不慣れな車を使うと、不注意で閉じ込めてしまうことがあります。

解決方法

車の中に鍵を閉じ込めてしまった、インロックしてしまったとき。これは鍵屋やロードサービスを呼ぶ以外に手段はありません。対策としては、鞄や服のポケットなどにスペアキーを入れ、常に持ち歩いておくことでしょう。

鞄のトラブル

夏に多く発生する鍵・扉のトラブル。最後のひとつは鞄です。鞄と一口に言っても種類がありますが、ここで問題となっている鞄というのは、トランクケースやスーツケース、キャリーバックなどの旅行鞄。「鍵がついている・鍵を使う鞄」のことです。ここでは旅行鞄に起こる鍵のトラブルと、その解決方法をご紹介します。

鍵の紛失

駅・空港、外出先での鍵紛失

夏は、一年を通しても旅行鞄の鍵トラブルが多く発生する季節です。駅や空港からのお困りのお電話が多く、「鍵を持たずに来てしまった。電車(飛行機)の時間があるので今すぐ来て欲しい!」と大変焦っている方の対応を何度かしたことがあります。7月の三連休やお盆休みなどの長期休暇で、帰郷や旅行をする方、した方のスーツケースやトランクケース、キャリーバッグのトラブルが多く発生しています。

理由・原因

夏は旅行が多くなり、普段は使わない鍵付きの旅行鞄を使う機会が増えます。普段は使わないものなので、鍵の在処がわからない、使い方も知らないトラブルが発生します。また旅行鞄に使われる鍵は、家の鍵や車の鍵より小さいものがほとんどのため、落としても気づきにくいことも原因です。

解決方法

トランクやスーツケースなどの旅行鞄の鍵問題が起こったときは、鍵屋か鍵のメーカーに問い合わせましょう。鍵がないので作りたいといったときは、メーカーに問い合わせれば新しいものを用意してくれる場合があります。開けたいといった場合は、鍵屋が対応してくれます。