マスターキーの仕組みが知りたい!そのシステムや特徴を解説

8,800円~対応中!

「マスターキーってどういう鍵?」と聞かれても、あまりマスターキーの大切な役割などを知らないことがほとんどです。マスターキーなんて初耳という方もいらっしゃるでしょう。また、マスターキーについてその特徴や詳しい仕組みなどを知らない方もいるはずです。

今回はそんなマスターキーについての鍵の特徴や仕組みについて解説します。

  • マスターキーって何?
  • 仕組みについて
  • マスターキー以外のキーシステムとは?
  • 鍵の交換やトラブルで実際に困っているなら……

それでは実際にマスターキーの特徴や仕組みについて見ていきましょう!

マスターキーって何?

特徴について

マスターキーは、マンションなどの賃貸でよく採用されている鍵のことです。マスターキーを使うと各部屋のそれぞれの鍵を開けることができるという面白い特徴のある鍵です。そのマスターキーからできている子鍵は、それぞれの部屋しか開けることができません。まとめると、マスターキーはす全ての部屋を開けることができますが、子鍵はそれぞれの部屋しか開けることができません。

マスターキーのことを『純正キー』と間違えている方も多いが、純正キーはメーカーが作った鍵のことを指します。純正キーの鍵は、メーカー名と鍵番号が刻印されているのでわかりやすいでしょう。

種類について

グランドマスターキー

グランドマスターキーとは、『建物A』と『建物B』それぞれがマスターキーシステムを導入している状態で、AのマスターキーではBの鍵を開けられない状態になっているとき、Bも同じでAの建物をBのマスターキーで開けることができません。その場合に、AとBとはまた違う鍵のCという鍵で、AもBも鍵を両方とも開けられることができます。この一番偉い鍵のことを『グランドマスターキー』と呼びます。

グレードグランドマスターキー

『建物A・B』で開けられるグランドマスターキーのYと、『建物C・D』を開けられるグランドマスターキーのZはお互いの管理しているそれぞれの建物の鍵を開けることができません。ですが、その建物の鍵を全て開けられる一番偉い鍵Xのことを『グレードグランドマスターキー』と呼びます。

仕組みについて

仕組みについて

マスターキーの仕組みとして、鍵穴自体にマスターキーとそのマスターキーからできた子鍵用の2つ分が用意されています。子鍵の場合は、他の鍵穴に差しこんでは開けられませんが、マスターキーはどの鍵穴に差しても切れ込みが正しく一致するようになっているので、錠前を開けることができます。マスターキーシステムを採用している鍵穴の場合、タンブラーの切れ込みが2つ分用意されているのです。

複製ができない

基本的に複製も作製もできないのがマスターキーです。また建物の所有者でなければ、マスターキーを作製することができません。誰でも手に入りやすいマスターキーになってしまうと、防犯性が一気に下がってしまいます。

マスターキーの利点について

マスターキーを持っていれば、マスターキーはどの部屋でも開けることができるので、万が一部屋の人が倒れてしまったり音沙汰がなく何か身に起きているという場合は、マスターキーを使って開けられるので安否確認などができます。

何か起きるごとにその状況に応じてトラブルを最小限に抑えることで、大規模な被害やトラブルを起こさないメリットもあります。また、火災が起きたり、地震の際の避難などでも、速やかに入居者を避難させるときにもこのマスターキーシステムを導入していれば、時間を短縮して救出することができます。

マスターキー以外のキーシステムとは?

逆マスターキーシステム

逆マスターシステムというものは、1つの共有部分の鍵を複数の鍵で開けられるシステムのことです。オートロック部分のエントランスや、ゴミ捨て場などの共有する部分のことです。鍵をそれぞれバラバラに持つ必要がないので、非常に管理するのも効率的で助かります。

コンストラクションキーシステム

建設時や、リフォーム時に使われるシステムのことです。工事中に全ての部屋を開けられるコンストラクションキーで部屋の施錠解錠を行います。工事が終わってから、子鍵を使ってそれぞれのドアの鍵を施錠解錠するとそのコンストラクションキーは使えなくなるというシステムです。

チェンジキーシステム

チェンジキーシステムは、退居時にとても便利なシステムです。通常は防犯の心配から部屋から退居者が出たらその部屋のシリンダーをまるごと交換しているものですが、その鍵交換をする必要がないためとても重宝されています。交換したい鍵穴にリセットキーを差し込んで交換したい子鍵をまた錠前に差し込むだけです。

チェンジキーを取り扱っている鍵穴であれば、交換回数の上限に達していなければ使うことができます。

鍵の交換やトラブルで実際に困っているなら……

鍵のトラブルにお困りなら『KEY110』を頼って下さい!

今回は、マスターキーがどのようなシステムの鍵なのか詳しく解説しました。マスターキーのシステムが付いていないアパートやマンションなどの所有者の方はぜひ交換を検討してみてはいかがでしょうか。

特徴などを考えると、マスターキー自体の重要さにも気付けたでしょう。無くしたら大変なものがこのマスターキーです。余程のことがない限りは、たいていの大家さんや、管理会社の場合は金庫の中に入れている場合が多いです。

マスターキーが付いているシステムの鍵に交換をしたい場合や、鍵のトラブルなどにお困りの場合はぜひ『KEY110』を頼って下さい。

▼『KEY110』であれば鍵交換や鍵のトラブルにも真摯に対応していますのでお気軽にご相談下さい

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。