折れ戸の鍵を取り付けたい方必見!防犯のプロおすすめの鍵を紹介します

8,000円~対応中!

「この折れ戸に鍵をつけられないかなぁ…」と思ったことはありませんか?

『折れ戸』とは、扉が2枚に折れて開くタイプの戸のことです。

「おりと・おりど」などと呼ばれることもあります。

最近の住宅では、使われる機会も多くなっています。

  • 壁面クローゼット
  • 浴室
  • 部屋の間仕切り
  • 狭い廊下に面するトイレや収納

など、「そう言われてみれば…」と思う方も多いのではありませんか?

よくある折れ戸の悩みは、「小さな子供が挟まれてケガをしないようにしたい」です。

この場合は、一般的にチャイルドロックと言われるプラスチックの鍵を取り付けることで解決します。

しかし、しっかり鍵をかけたいとなると話は変わります。

折れ戸用の鍵は種類が少なく、取り付け方法も限られます。

この記事では、折れ戸に取り付けられる鍵について簡単に解説しています。

折れ戸ってどこに付いている?

ドアではなく折れ戸を使うメリットはいくつかあります。

  • 開けた時に中が見やすい
  • 開け閉めに場所をとらない

主に、限られたスペースを有効に使うために取り付けることが多いです。

特に多く使われる場所は、クローゼット浴室です。

クローゼット

壁面クローゼットでは、レールをスライドして開閉する扉が使われています。

開口部が広いことで明るくなり、中にある洋服などが見やすいためです。

クローゼットは貴重品を保管しておく場所ではないため、基本的に鍵は付いていません。

お風呂場

お風呂場でも折れ戸はよく使われていて、内側から鍵をかけられるようになっています。

プライバシー保護のための鍵なので、基本的に外から鍵をかける必要はありません。

つまり、折れ戸に外から鍵をかける必要性は低いと言えます。

折れ戸の鍵を取り付けたい場合

ここからは、折れ戸に鍵を取り付ける方法を解説します。

折れ戸には外から鍵をかける必要性が低いため、専用の鍵はほとんどありません。

とはいえ、見た目を気にせず取り付けるのなら、扉に直接ネジ留めすることはできます。

その場合は、折れ戸用ではない外付けの鍵を選び、扉を固定するようにロックします。

しかし、できるだけ外観に影響が無いように取り付けたいですよね?

そのための方法は3つあるので、順番に解説していきます。

扉に埋め込むタイプの鍵

2枚の扉が合わさる場所に取り付けることで、戸が折れないように施錠する折れ戸専用の鍵があります。

折れ戸が接する側面に穴をあけて、ロックする金具を埋め込みます。

折れ戸を閉めて施錠するとが抜けます。

防犯性の高いシリンダーの鍵もある

埋め込むタイプの他に、シリンダー(鍵穴の部分)の鍵を取り付ける方法もあります。

シリンダーにも種類があり、主に防犯性の高さが違います。

この場合は折れ戸用というわけではなく、ドアに鍵を後付けするイメージです。

鍵の紛失に気を付ける必要はありますが、防犯性は高いです。

ちなみに折れ戸が1枚の場合は、持ち手と枠が接する場所に鍵を取り付けることができます。

扉自体を鍵付きに変える

鍵付きの折れ戸に変更することもできます。

最初から鍵が付いているので見た目もよく、折れ戸を交換するだけで取り付け完了です。

しかし、鍵付きの折れ戸は種類が少ないですし、もちろん価格は高くなります。

関連サイト:KEY110(新規の鍵・補助錠の取付) 

折れ戸に鍵を取り付ける際の注意

次に、折れ戸に鍵を取り付ける時の注意点を解説します。

埋め込みタイプシリンダータイプも、折れ戸に穴をあける加工が必要です。

サイズを正確に測り、しっかり場所を合わせて取り付ける必要があるため、素人には難しいでしょう。

そのため、専門業者に取り付けを依頼することになりますが、他にも確認しておくことがあります。

扉自体に掘り込みを入れるため許可が必要

折れ戸に鍵を取り付けるには、扉自体に穴をあける作業が必要です。

賃貸物件の場合は、大家さんか管理会社の許可が無いと穴をあけることができません。

借主には『原状回復の義務』があり、故意に穴をあけたり掃除をしないで汚したりした場合は、退去時に修繕費を負担しなければならないからです。

トラブルを避けるために、きちんと確認しておきましょう。

折れ戸の鍵取り付けはプロにお願いしましょう

ここまで、折れ戸に取り付けられる鍵について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

折れ戸は便利なので良く使われていますが、基本的に外から鍵をかける必要の無い場所に設置されていることが多いです。

そのため、折れ戸専用の鍵はほとんどありません。

それでも取り付けたい場合は、扉に穴をあけて埋め込む方法があります。

きれいに取り付けるためにもプロに相談しよう

扉に穴をあけるのは、DIYが好きで専用の工具を持っている方以外は難しいでしょう。

それでも、頑張れば素人でも取り付けられるかもしれません。

しかし、取り付けにかかる作業時間や、失敗するリスクを考えるとプロにまかせる方が良いと思います。

専門業者なら、外観に影響を与えずきれいに取り付けてくれます。

クローゼットや部屋の間仕切りに鍵を取り付けたい方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連サイト:KEY110