外開き窓に補助錠をつける前に読んでおくべき見落とし点を解説!

8,000円~対応中!

最近は外開きの窓がある住宅も、多く見かけるようになりました。

『外開き窓』には多くのメリットがあるためです。

  • デザインが良い
  • 機密性が高い
  • 風を効率よく取り入れる

その性質上、開けたままになっていることも多いです。

そのため、空き巣に狙われることがあります。

空き巣が侵入する場所で、一番多いのが『窓』です。

鍵をかけておくのはもちろんですが、防犯性を高めるなら『補助錠』の設置がおすすめです。

補助錠は簡単に設置できて、効果の高い防犯対策です。

この記事では、外開き窓に取り付けられる補助錠について簡単に解説しています。

外開き窓には補助錠が付けられる?

あなたのお宅の外開き窓にはが付いていますか?

また、たとえガラスを割られたとしても、外開き窓は開けられないような構造になっていますか?

一度お宅の外開き窓を確認してみましょう。

空き巣対策には、侵入に時間がかかるようにすることが重要です。

侵入に5分以上かかるようなら、諦める可能性が高くなります。

補助錠を取り付けることで、空き巣がガラスを割ってメインの鍵を開けても窓が開かないように対策をしましょう。

外開き窓でも補助錠が付けられる

外開き窓でも自分で取り付けられる補助錠はいくつかあります。

補助錠を取り付けると、空き巣対策以外にもメリットがあります。

内側から鍵をかけられるので、子どもが誤って転落するのを防ぐことができます。

外開き窓に向いている補助錠とは

外開きの窓にもいくつかの種類があります。

  • 片開き窓
  • 滑り出し窓
  • 突き出し窓

などが、今回の補助錠を設置する対象の外開き窓になります。

これらには共通して、窓が外側に飛び出すという特徴があります。

そのため、補助錠は窓が外に飛び出すのを防ぐような形になります。

上記の外開き窓に取り付けられる補助錠は2種類あります。

粘着テープかビスで取り付けるタイプ

補助錠を粘着テープビスで取り付けるタイプです。

鍵の部分をレールで動かして、窓枠に引っ掛けてロックします。

ロックして鍵を抜いてしまえば、簡単に開けることができません。

ビスで取り付けてしまえば、たとえガラスを割って補助錠に手が届いても、鍵を開けることはできないので防犯性が高いです。

穴を開けネジで取り付けるタイプ

外開き窓とその枠に穴を開けてネジで取り付けるタイプです。

窓枠の金具に金属の棒を押し込むことでロックされるため、取り付ける位置を合わせる必要があります。

木製かアルミ製の窓なら、自分で取り付けることができます。

ロックすると取り付けたネジが隠れるので、たとえガラスを割られて手が届いても、鍵を外すことはできません。

関連記事:「窓の補助錠を見直してない人のために確認すべきポイントを紹介します」

外開き窓の補助錠を付ける前に

外開き窓に補助錠を取り付ける前に、確認しておくことがあります。

まず賃貸物件の場合は、窓に穴を開けたり傷を付けたりできません。

そのため、粘着テープで取り付けるタイプの補助錠を使うことになります。

次に『狙われやすい家』についてです。

空き巣は侵入しやすい家を狙います。

侵入しやすい家にはいくつか条件があります。

外開きの補助錠を付ける前に確認してほしいこと

あなたのお宅は『空き巣が侵入しやすい家』になっていませんか?

空き巣が侵入しやすいと思う条件はいくつかあります。

  • 窓が外壁や庭木などで死角になっている
  • 2階に上がるための足場になる物を置いている
  • 外から見えるところに貴重品を置いている

など、心当たりはありませんか?

死角になる場所は犯行に時間をかけることができるため、狙われる可能性が高くなります。

さらに、物置やカーポートなどがあると2階に侵入することもできます。

空き巣にとって侵入しやすい条件をできるだけ減らしましょう。

補助錠の取り付けが難しい場合は……

ここまで外開きの窓に取り付けられる補助錠について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

空き巣の侵入を防ぐためには、時間をかけさせることが重要です。

そのため、すぐに侵入させないように『補助錠』を取り付けましょう。

また、「侵入しづらそうだなぁ…」と思わせることで、犯行の可能性を下げることもできます。

補助錠と組み合わせることで効果が高まる『防犯グッズ』もあります。

  • 防犯フィルム
  • 防犯ブザー
  • 防犯砂利
  • 人感センサーライト

また、室内面格子を取り付ける方法もあります。

あなたのお宅に合った防犯対策を考えてみましょう。

補助錠の取り付けが難しい場合は……

空き巣が狙う、一番侵入しやすい場所は『窓』です。

まずはきちんとをかけましょう。

その上で防犯対策として、補助錠の設置をおすすめします。

しかし、「自分で取り付けられるか心配…」や、「鍵を付けてみたけど大丈夫かなぁ…」など不安な方も多いと思います。

そんな時は専門業者に相談しましょう。

あなたのお宅の外開き窓に合った補助錠を設置してくれます。

空き巣の被害にあう前に、しっかり防犯対策をしておきましょう。

補助錠の取り付けや窓の鍵についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

KEY110