折れた鍵って複製できるの?新しく頼む場合や予防策を解説!

作業費8,800円~対応中!

鍵を開けるのに回りにくい、ささりにくいなと思って無理に鍵を回そうとしたら鍵が折れた!さすがに取り扱い方が悪かったのはわかるけど、折れてしまったら元も子もないでしょう。そんなときに鍵が折れたものしか手元になかった場合はかなりピンチですよね。

スペアキー作っておけばよかったと言えど折れた鍵しかない……どこに頼めば良いんだろう。

今回はそんな折れた鍵の複製ができるかの疑問点について解説していきます。

  • 鍵が折れた時の対応
  • 折れても複製できる?
  • 予防策について
  • 折れた鍵を複製したいなら専門の業者に頼もう!

鍵が折れたら、その折れた部分によって対応が変わってきますのでそこを確認しましょう。

鍵が折れたときの初対応

鍵が折れたらとる対応って?

鍵が折れたら?

鍵が折れたらその折れた部分を接着剤などでくっ付けようとしないように注意しましょう。一時的にくっついて取れなくなっているだけかもしれませんが、再度使う際にまた外れてしまう可能性があります。

鍵穴にある折れた部分を無理に取り出さない

もしも鍵が折れたのが鍵穴に差しこんでいた時だったら、その折れた部分が鍵穴に入ってしまったままになります。無理に奥に入ってしまっている場合は、細いものを使って取り出そうとすると鍵穴が傷つくため、逆に鍵穴自体が使えなくなってしまいます。そうなると鍵抜きだけでよかった作業が、鍵の修理や交換が必要になってしまうことにも繋がります。むりに取り出さないようにしましょう。

接着剤で鍵穴の折れた部分を取り出さない

折れた持ち手の部分に接着剤を付けて、鍵穴に入ってしまった折れた部分をくっ付けて取り出すという方法では取り出さないように注意しましょう。鍵穴の中に接着剤が入ってしまって固まってしまうと、折れた鍵穴をきれいに取り出すことが難しくなります。この場合もまた鍵の修理や交換になってしまう場合がありますので注意しましょう。

鍵穴に専用の潤滑油以外を差さないように注意

鍵穴の滑りを良くして鍵の折れた部分を取り出そうとしている方は、鍵専用の潤滑油以外の油を差さないように注意しましょう。鍵以外の潤滑油としてサラダ油やシリコンスプレーなどの油を意外と使ってしまって大変な目に合った方もたくさんいらっしゃいます。実際にその鍵専用以外の油を使うと、中で固まってしまって逆に滑りが悪くなるといったことに繋がってしまいます。鍵専用の潤滑油以外は差さないようにしましょう。

折れても複製できる?

折れた鍵は複製できる?

折れている場所によっては複製できる

鍵の差し込みの先の部分、ギザギザしている部分に影響がでないところで折れていたら複製できる可能性があります。ギザギザの鍵を開ける際に関わる部分が折れてしまうと、頼む場所によっては断られる可能性があります。

それでは実際にどこに頼めば折れた鍵でも複製できるのでしょうか?

複製できる場所やメリットについて

メーカーに頼む場合

メーカーに頼む場合は、頼んでから1週間~2週間ほどかかります。緊急で、すぐ鍵が手元に欲しい場合はなおさら時間がかかるので難しいでしょう。

店舗に頼む場合

身近にあるため、店舗で作成をお願いしようとする方が一定いらっしゃるでしょうが、店舗では機械に鍵を挟んでそこから複製を行うので、鍵のギザギザの部分が折れているとその部分の情報が読み取りづらく、折れた鍵から作成すること自体をお断りしている店舗が実際にあります。折れた部分によっては作成できることもあることから、一度相談してみるのも手です。

鍵の専門業者に頼む場合

鍵の専門業者であれば、緊急時にも知識が豊富な作業員が多いので、臨機応変に対応してもらえる可能性が高いです。鍵穴にもしも折れた部分が入ってしまっていたら取り出す作業から、その鍵を複製する作業もできるため、鍵の専門業者にお願いすれば一石二鳥でピンチのときでも助かります。

予防策について

折れる前に予防するのは大切

鍵が折れる前にスペアキーを作成

鍵が折れるようなことがないように、事前にスペアキーを作成するようにしましょう。万が一の場合でもスペアキーがあれば開けられる可能性があります。ただし、スペアキーから複製することが難しい場合もあるため、元鍵があれば元鍵からスペアキーを作成しましょう。

鍵のメンテナンスが大切

定期的に鍵をメンテナンスすることが大切だと言えます。鍵が引っ掛かりやすい、鍵がかかりにくいなど、鍵自体に不具合が出ているのであればその鍵の滑りを良くしたり、新しい鍵へ交換するなどの対応をした方が良いでしょう。鍵のメンテナンスを忘れないようにしましょう。

鍵だけでなく鍵穴のメンテナンスを忘れない

鍵だけでなく、鍵穴自体のメンテナンスを忘れないようにしましょう。鍵穴も使い続けていると、傷が付いたり引っ掛かりやすくなったりする不具合が出てきます。ゴミが入ってしまって溜まっている場合もあるので、掃除機で吸い取ったり、鍵穴専用のスプレーでなじませておくのも良いでしょう。本当に不具合が多くなってきていたら、交換するのも良いです。

鍵の汚れやサビを落として綺麗にする方法を解説します

折れた鍵を複製したいなら専門の業者に頼もう!

鍵を複製するなら『KEY110』にお任せください!

折れた鍵を複製する際に持ち手の鍵番号があれば、メーカーに頼んで作成してもらえることもあります。緊急時の場合は、鍵の専門業者にお願いすれば鍵穴に折れた部分が入り込んでしまっている場合でも抜いてもらえるので、鍵を複製するのにも対応してもらえることがあります。

防犯のためにも鍵ごと交換するほうが良い場合があります。その際はどのような鍵を取り付けたいのかも業者側と相談できます。

『KEY110』であれば鍵抜きから鍵の複製、鍵のトラブルであれば迅速に対応致しますので、お気軽にご相談下さい。

▼『KEY110』では鍵抜きから鍵複製などのトラブルにも対応していますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。