車の鍵の電池の寿命は確認できる?その方法と注意点まで解説します

8800円~対応中!

車の鍵の電池ってどれくらい使っていると電池切れになるのか気にしている方ってそこまで多いのでしょうか。

気付いたときには遅かったという方もいらっしゃるのでは?

車の鍵の電池の確認の仕方が分かれば、車を動かせずに途方に暮れることもありませんし、それの予防ができれば車を運転する上では安心ですよね。それでは実際に車の鍵の電池について解説していきましょう!

  • 車の鍵の電池について
  • 電池の確認方法
  • 電池が寿命を迎える前にできること
  • 車の鍵トラブルはプロにお願いしよう

それではまず、車の鍵の電池について説明しましょう!

車の鍵の電池について

電池について

車の鍵のスマートキーは、リモコンキーとは違い、車に近づいたり、ドアノブに触れることで鍵が開くようなシステムになっています。ロックを解除するボタンは押す必要がないので、ストレスフリーに施錠や解錠もできます。

鍵を差さずともスタートボタンを押すことでエンジンが動くので快適に便利に車を運転することができるシステムなので、画期的な機能として主流になっています。

でも、そんな快適な車の鍵で、一番に気を付けてもらいたいのは『電池切れ』です。

おおよそ車の鍵の電池の寿命は、約1~2年と言われています。頻繁に電池交換をするきっかけがあるわけでもないでしょうからそのままにしておく方はほとんどでしょう。では、車の鍵の電池が切れると、どのような影響があるのでしょうか実際に確認しましょう。

車の鍵が電池切れになったら

  • ドアを開けようとしたら反応しない
  • 車の近くまで行かないと反応しない
  • 車の鍵を持って乗ったのに鍵を認識してくれないためエンジンがかからない

車の鍵でドアを開けようとしたら、反応しなかったり、車の鍵を持ってエンジンを作動させたのにかからないなど、電池が切れると車も動くはずなのに動かない箱になってしまいます。

最悪の場合は、レッカーで移動してもらわないといけない場合もありますので、車の鍵の電池の寿命にも少し気を付けていくと良いでしょう。

車の鍵の電池を確認できるような方法があれば、実際に電池なくなりそうな緊急時に電池を交換するだけなので助かりますが、確認方法はあるんでしょうか。実際に車の鍵の電池を確認できる方法を紹介します。

電池の確認方法

電池交換のタイミング

  • 反応が悪くなってきた
  • LEDランプが点灯しなくなってきた
  • 車のディスプレイで確認する

車の鍵を普段から使っている方はすぐ確認できることではあります。車の鍵の反応が悪く、押しているのに作動してくれないなど、鍵から発信しているはずが車側でしっかりと受信できないことになっているのであれば、電池切れを疑いましょう。

また、鍵が反応するとLEDランプが点灯する鍵もあります。ですがその点灯するはずのランプが電池の残量が少なくなっていることにより、点灯しなくなることがあります。いつもちゃんと作動している部分に不具合や違和感があるとしたら、電池切れの可能性があるかもしれませんので、要注意です。

また、車の鍵の電池が切れると車のディスプレイで確認できるものもあります。車のメーカーや車種で変わってくる部分ではあるので、ここは一度説明書を確認するなどしておきましょう。

▼車の鍵が電池切れになったら交換する方法をご紹介!

車のキーレスの電池の交換方法!対処法や反応がない原因を解説

電池が寿命を迎える前にできること

まず電池を定期的に交換すること

車の電池の寿命は約1~2年ではあるものの、さすがに長い期間にはなりますし定期的に電池交換をしたほうが良いのかと言われますと、スマートキーの電池が寿命を迎える前に、第一に気を付けるべきことは電池がないと動かるものも動かせないということになります。

ましてや車を動かすのに電池がないと全く反応してもくれないので、電池が切れそうだと思ったときに、やはり定期的に電池交換をすることをおすすめします。

スペアキーを作成しておく

電池切れが怖いから不便だと感じる方は、普段使い用の車の鍵の他にスペアキーをもう一つ用意しておくと良いでしょう。さっき使えていたものが使えないとなると、不便なこともそうですが、別の対処法を行うのでさえも面倒だという方がいるのであれば、スペアキーを作成して予備として肌身離さず持ち歩いておくと良いでしょう。

ただ、スペアキーを紛失したり、車内に置きっぱなしにしてしまうと結局同じことの繰り返しになってしまいますので、車の鍵とスペアキーとで自分で管理する必要があります。

メカニカルキーを使う

メカニカルキーって聞いたことがありますでしょうか。スマートキーの電池が切れた緊急時に利用する非常用の鍵のことです。スマートキーに内蔵されているもので、鍵穴に差し込んで使うタイプの鍵です。

電池が切れてしまうと車の施錠も解錠も、ましてやエンジンの始動もできなくなります。ですが、この鍵自体は、非常用なので『スマートキーの反応が悪いとき』『ドアロックやエンジン始動が正常に作動しないとき』でも使用することが可能です。

基本的な使い方や、スマートキーからメカニカルキーを取り出す作業も車のメーカーや車種の説明書などに書いてありますので、確認しておきましょう。また、非常用の鍵を使ったら、それに反応して警報音が鳴る車種もありますのでそれも含めて確認をしておけば、いざというときに焦らずに済みます。

車の鍵トラブルはプロにお願いしよう

車の鍵の電池は前持った予防が大切!

車の鍵の電池が寿命を迎える前の確認方法などについて紹介しました。

実際は車が動かせなくなって慌ててしまう方の方がほとんどでしょう。前もって電池交換をしておくことで安心ができますが、実際には毎日忙しいために気を回せないという事実もあります。

そういった方は、車の鍵のスペアキーを作成しておくと安心かもしれません。スペアキーを作成したら、失くさないように置き場所を作っておいたり、わかりやすいキーホルダーなどを付けておくと安心ですね。

スペアキー作成が難しいようなら、まずは定期的に電池交換ができるような習慣を付けましょう。

弊社『KEY110』では、合鍵作成や緊急時の鍵開けなどにも対応しています。鍵のトラブルにも全国各地で対応している地域で即日対応していますのでお気軽にご相談下さい。

 

▼『KEY110』では車の鍵開けや合鍵作成などの鍵のトラブルに即日対応していますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。