YKKの玄関引き戸の鍵を交換するには?簡単手順と費用を紹介

8,800円~対応中!

YKKの玄関引き戸の鍵を交換したい。だけど方法や費用が分からないとお悩みではありませんか?

YKKは世界一のジッパーメーカーで有名ですが、YKKグループの中でもあるみ建材を扱うのがYKK AP株式会社です。

そして、玄関引き戸などの鍵製品を取り扱うのもYKK AP(ここでは、YKKと省略して記載させていただきます)。

便利で防犯性が高い鍵メーカーとして圧倒的な知名度を誇るYKK。その玄関引き戸の鍵をDIYで直すことは可能なのかといえば、答えはYESです。

ただし、一般的な「シリンダー錠」とは少し方法が異なるため、交換の難易度が高いといえます。

この記事では、以下の内容についてご説明していきます。

  • 引き戸の種類にはどんなものがある?
  • YKKの玄関引き戸の鍵交換の方法とは?
  • YKKの玄関引き戸の鍵交換の費用について

皆さんが気になっていることを解決していきましょう!

玄関引き戸の種類

それではまず、玄関引き戸の種類や特徴について知っていきましょう。

一般的な玄関引き戸には2種類ありますが、YKKは洋風と和風のスタイルや断熱性のあるものまで幅広い引き戸を取り扱っています。

一般的な引き戸の種類

玄関引き戸の鍵は古くから日本の家屋で用いられてきました。

和風スタイルの住宅で使用されているイメージが強いですが、最近では現代のモダンスタイルにも合うデザインが発売されています。

戸の枚数によって種類が変わり、鍵の位置なども異なります。

【1枚戸】

扉が片開きになっており、戸の左右いずれかを柱(壁)に繋ぐ形で留めることになるため、1枚戸の場合の鍵は玄関の取っ手付近にあります。

鍵は鎌の形のパーツが柱に設置された「戸先錠」が多く、戸先鎌錠などとも呼ばれています。

ストライク部分の位置が少しでもズレると鍵が閉まらなくなるため、取り付けの際は細かい作業が必要です。

【2枚戸】

2枚戸は「引違戸」と呼ばれることもあります。

扉が両開きになっており、鍵をかけるには2枚の戸を繋ぐ形で留めることになるため、鍵は戸が重なっている部分の中央にあります。

場合によっては戸の真ん中に加えて戸当たりの部分にも鍵が取り付けられていることがあります。こうすることで、より防犯性が高くなるのです。

鍵の形状はシリンダーを取り付ける「召合せ錠(召し合わせ錠)」が多く、鍵交換の際は外側の鍵穴があるパーツと内側のサムターンがあるパーツを取り付ける必要があります。

もう一つの種類としては、ネジで留める鍵「ねじ締まり錠」がありますが、古い家屋に多く現在はあまり使用されていません。

ねじ締まり錠はネジ式ということで防犯性能が比較的低いため、別の鍵に交換したいと希望する人は多いでしょう。

YKKの引き戸の種類

画像引用:http://www.appli-cation.com/ill/4437.php

YKKで取り扱いのある引き戸の種類をご紹介します。

【1枚戸】

  • 断熱スライディングドア コンコード S30

画像引用:https://www.ykkap.co.jp/products/door/concord_s30/merit/index.html

スライド式のドアは防火ドアになっており、国土交通大臣認定の防火設備でもあります。

難燃材料が使用されるなど万一の火災に備えるのに特長の多い製品です。

エネルギー節約の管理システム「HEMS」との連携で携帯やスマートフォンからでも操作ができます。

【2枚戸】

  • れん樹 大関口引戸

画像引用:https://www.ykkap.co.jp/products/door/renju_wideopen/

鍵付きの引戸で、ピッキングに強いディンプルキーを採用しています。

脱着サムターン式のため、サムターン回し防止にもなり防犯性も高いです。

デザインは「たてスリット」「横格子」「井桁格子」の3種類から選べます。

  • れん樹

画像引用:https://www.ykkap.co.jp/products/door/renju/

単板ガラス・複層ガラス・通風デザイン(単板ガラス仕様)の3つのタイプがあり、ディンプルキー・脱着サムターンが採用されています。

ハニーチェリーやキャラメルなどの木目柄、ブラウンやプラチナステンなどのアルミ色とラインナップも豊富です。

  • 断熱玄関引戸 冴Ⅱ

画像引用:https://www.ykkap.co.jp/products/door/sliding/sae2/

断熱構造と複層ガラスで断熱性に優れた玄関引き戸です。

バリアフリー設計や大型引手が使いやすく、格子バリエーションやカラーバリエーションも豊富です。

  • 玄関引戸 80型

画像引用:https://www.ykkap.co.jp/products/door/sliding/80/

カラーはブラウンのみですが、4.5尺・6尺・9尺の3タイプがあります。

使いやすさと低価格とを兼ね備えた製品です。

引き戸の鍵を交換する方法!

引き戸の扉自体はまだ使えても、金属であることから鍵は消耗するのが早いですから、経年により鍵が回らない、鍵が閉まらないなどのトラブルが発生します。

引き戸の鍵を自分で交換する方法が分かれば、DIYでトラブルの解決ができてしまいます。

それでは、YKKの玄関引き戸の鍵交換における交換手順についてご説明していきましょう。

引き戸の鍵を選ぶ前に鍵のサイズを測る

画像引用:https://sk4169.co.jp/SHOP/KH-213.html

まず第一に、鍵のメーカー名を確認してください。メーカー名が分かっているだけでも交換の際に適した鍵を探しやすいです。

鍵のメーカー名が刻印されている場所はメーカーごとに違いますが、の外部や内部化粧座に刻印されているのが大半です。

その後、新しい鍵の選定に必要なサイズをそれぞれ計測します。

引き戸の鍵交換で測る部分は以下の4箇所です。

  • 鍵の外部化粧座の縦横の長さ
  • 鍵の内部化粧座のビスピッチ
  • 引き戸の厚み
  • 切り欠き穴の縦横の長さと幅

玄関の引き戸の鍵交換方法

〇必要な道具

プラスドライバー、新しい鍵

〇交換方法

1.プラスドライバーでネジを緩めて内部化粧座を取り外す

※交換作業中は扉を開けたままにしておくこと

2.室内側の錠前を取り外す

※室外側の扉を室内側から見ると外部化粧座の裏側が確認できる

3.裏側のネジを緩めて外部化粧座を取り外す

4.室外側の錠前を取り外す

5.室外側の錠前から仮止めを行い、外部化粧座をはめ込んでから裏側のネジを軽く止めておく

6.室外側の錠前に鍵を差し込んで開け閉め、動作確認をおこなう

7.室内側の鍵を仮止めして、つまみで鍵を開け閉めして動作確認をおこなう

8.セットピンを室内側の錠前の穴に差し込み、室外側の錠前に貫通させて鍵が噛み合うように調節する

9.ピンを抜いてドアを閉めたら作業完了

関連記事:『自分で玄関の引き戸の鍵交換をしたい! かかる費用も詳しく解説!』

YKKの引き戸の鍵の交換費用相場について

実際に玄関引き戸の交換費用はどれくらいかかるのか、チェックしてみましょう。

1枚戸の玄関の場合

部品代が3,000~10,000円程度、作業費用が10,000~15,000円程度が費用の相場です。

1枚戸の場合、部品代の中心的な価格帯は5,000円程度ですが、バーハンドルが付いているような扉になると部品代が少し高くなることがあります。

2枚戸の玄関の場合

部品代が5,000~15,000円程度、作業費用が10,000~15,000円程度が費用の相場であるように、2枚戸の場合は1枚戸よりも若干高い傾向にあります。

型番によっては、部品代が20,000円を超えるケースもあるため、事前にしっかり費用を確認しておくことが大切です。

玄関引き戸の鍵を交換したいけど難しそう……

ここまで玄関引き戸の鍵の交換方法などをご説明してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

頭では手順を理解していても、いざ作業を行うと上手くいかないこともあると思います。

そんなときは、無理をせずにプロの業者にお願いすることをおすすめします。

自分で鍵交換を行うときの失敗の不安などもありませんし、なにより迅速で確実に作業してもらえます!

YKKの玄関引き戸の鍵交換はプロにお願いしよう!

引き戸の鍵が回らない、鍵が閉まらない、戸の開け閉めに不便がある…など玄関引き戸にトラブルを抱えてしまったら、鍵の専門業者に依頼しましょう。

既存の鍵と新しい鍵が全く同じであれば交換の難易度はさほど高くありませんが、引き戸や鍵の製造があまりにも古いと廃盤になっていることもあります。

そうなると、鍵の選定やサイズの測定などがかなり難しくなってしまうでしょう。

最新の引き戸錠は防犯性だけでなく耐久性も良くなってきていますから、買い替えることにたくさんのメリットを感じられるはずです。

「古い引き戸錠を使用していて最近調子が悪いから交換したい」という方も「買い替えを迷っているけど、修理で解決できないか?」と疑問に思っている方も、弊社『KEY110』にご相談ください。

365日24時間お電話・メールを受け付けています!

参考サイト:『KEY110(鍵交換)』

 

 

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。