【プロが解説】鍵を交換する時のポイント・オススメな鍵屋をご紹介

自宅の防犯能力を高めるためには、その家に住んでいる人や家族が家を外部から守るために様々な対策を講じることが重要かつ不可欠です。そして、こうした家を完成させるために基本中の基本とも言える道具が鍵になります。家に対して外部からの不法な侵入を防ぐためには玄関ドアをしっかりロックすることが最も重要だからです。
しかし、ひと口に鍵と言ってもその種類は今や数えきれないほどになっていますし、タイプも相当数あります。そのため、家の防犯能力を高めるためには、まずは世に存在しているありとあらゆる鍵の種類、さらにはそれぞれの特徴を把握しておくべきです。また、この際に頼っておきたいのが鍵屋さんです。鍵屋さんは豊富な種類の鍵を知っている上、それぞれの鍵のメリットやデメリットも把握しています。もちろん、それぞれの鍵が持つ防犯能力の高さも知っています。
また、鍵屋さんとツーカーの仲になっておくことで住民には様々なメリットがあると言われています。そのため、家や家族、さらには財産を守るため、鍵による家の防犯を考えていく際には町の鍵屋さんに相談することがとても重要なのです。そこで、ここでは鍵の種類や鍵屋さんの仕事、鍵屋さんに相談することが可能な内容について詳細に紹介していきます。
その上で自宅のカギをどうするべきか、防犯をどう考えていくかの結論を出してください。その参考になれば幸いです。

自分たちの防犯意識を改革したいと考えるなら第1歩は鍵の交換からスタート

マンションやアパート、戸建て住宅など、家のタイプに関わらず、多くの人は平穏な暮らしをしています。しかし、一方では何かしらの犯罪に巻き込まれるケースもあります。最たる例が空き巣や強盗などの物盗り犯による犯罪に巻き込まれる場合です。こうした事例には巻き込まれないことが何より大切ですが、そのためには家の防犯能力を高めておきましょう。
家を各種犯罪から守るためには様々なセキュリティシステムの導入も考えることができますし、こうしたシステムの多くが防犯面に優れた能力を発揮してくれるために導入は前向きに考えたいものですが、同時に見落としてならないのが鍵という存在です。
家をガードするための基本的な設備であり、ここをいかに強固にしておくかによって自宅の防犯力は大きく左右されるからです。そのため、各種システムの導入も大切ですが、まずは鍵を交換することから考えていきましょう。ただし、いざ鍵のことを調べ始めると驚く人も多いです。なぜなら鍵には様々な形状、タイプのものが存在しており、最新式の鍵の場合にはより複雑な構造となっているほか、鍵を抜き差ししないタイプのロックシステムまで今の時代には存在するからです。
また、戸建て住宅においてもオートロックタイプの鍵を備えることが可能で、外部からの無関係な人間の侵入を防ぐ効果が高い鍵もたくさんあります。そのため、こうした鍵の中から何がベストなのかを考えることも大切ですし、その際にサポートしてくれるのが街の鍵屋さんです。ぜひ、家の防犯を考える際には鍵屋さんと二人三脚で取り組んでいきましょう。さらに、防犯意識が希薄な方は世間の皆さんがどのような時に鍵交換を検討しているのかを知ってください。

防犯レベルを高めたいとの思いがある場合に鍵屋さんを頼る

防犯レベルを高めるべく鍵交換を検討するのであれば、鍵屋さんを頼ってみるのがひとつの方法となります。鍵屋さんはまさしく鍵に関するプロフェッショナルですから、今現在どのような鍵が世の中に存在しているのかを知り尽くしています。
また、家族の希望などを聞いた上でベストな鍵を提案できる鍵屋さんも多いです。さらに世間においてピッキングなどの被害が生じている事実も把握しており、どのようなタイプの鍵が今狙われているのかなども把握している場合が多いです。そのため、防犯面を考えての鍵交換であれば、こうしたことも鍵屋さんに相談することによって対策を講じることができます。
せっかく鍵交換をおこなうのであれば、防犯上よりベストな鍵に変えておきたいものですから、こうしたアドバイスももらっておきましょう。その意味でも馴染みの鍵屋さんを持っておくと何かと便利と言われています。

家族構成が変わると鍵交換を考える人は多い

鍵交換は防犯を意識して実施する人が多いのですが、家族構成の変化をキッカケに鍵交換をおこなう人も多いものです。特に女性の場合には防犯への意識も高いために、結婚を機に鍵交換へと踏み切る方も多いです。そのため、結婚や誕生など家族が増えた場合には今まで以上に防犯性の高い家にしないといけないと考えているのであれば、まずは鍵交換をおこなってみましょう。
セキュリティシステムの導入も重要ですが、同時進行で鍵を高度なセキュリティレベルを持ったものに変えておくことも大切なのです。
なぜなら、セキュリティシステムの導入によって安心感を抱いてしまって、それによって鍵を安易に考えてしまうこともあるからです。そのためにもまずは鍵を交換することからスタートさせましょう。

身近な場所で犯罪が起こると鍵交換を考える人は多い

防犯意識を高めるきっかけが世間の犯罪というケースも多いです。身近な場所で犯罪が起こるとやはり防犯への意識が高まるからです。窃盗や強盗、空き巣やひったくりなど物騒な事件が近隣で多数起こっているとなれば、身近な場所にこうした犯罪を目論む人間が住んでいる可能性もあり、その標的が我が家になる可能性もあります。
そのため、防犯を今まで以上に強化しようという気持ちになるわけです。そして、その結果として鍵の交換を実施する家庭も多いです。鍵を変えることによって侵入しにくい家を造ることができ、泥棒などに犯行を諦めさせることもできます。難解なロックや強固なセキュリティがある場合、たとえ侵入するにしても時間がかかります。そのため、最初から防犯意識の高い家は選びたがらないため、犯罪者を寄せ付けない抑止力にもなります。
物をとられるだけならまだしも家族の誰かが傷つけられるようなことがあっては一大事です。そうなる前にまずは鍵を変更して、セキュリティレベルの高い家にしておきましょう。また、ステッカーなどを使用して防犯への意識が高い家であることを外に見せつけることも大切です。

防犯レベルが高いと言われる鍵のタイプとは

鍵屋さんに依頼することによって鍵を交換してもらうことが可能ですが、問題はどのようなタイプの鍵に交換するかです。やはり、せっかくコストと手間をかけて交換をおこなうからには既存の鍵よりも防犯能力が高い鍵に変えないと意味がありません。
そのため、今現在存在する数多くの鍵にはどのようなものがあり、それぞれの鍵はどの程度の防犯能力を持っているのかを把握することから防犯への取り組みを始めていきましょう。

最新式シリンダーを採用する家庭が増えている理由とは

鍵のタイプとして今も昔も基本と言われるほど多くの家庭に浸透しているのがシリンダー錠です。鍵を鍵穴に差し込むタイプの鍵です。鍵穴の中に秘密があり、この内部に鍵が刺さることによって本物の鍵が入ったかどうかを即座に判断し、問題がなければ鍵が開くシステムです。この内部にはピンが複数入っており、そこに鍵が当たることでピンが上下左右に押されるわけですが、そのときに鍵の凸凹に応じて押されるピンもあれば押されないピンも出てきます。
さらに押されたとしてもどの程度押されるかは鍵によって各々変わります。このピンの動きがすべて当てはまったときに正規の鍵として認識されるものです。シリンダー錠は昔からありますが、昔のシリンダー錠はピンの数が少ないなどシンプルなものでした。
そのため、ピッキングによって開錠できてしまうケースもありましたが、徐々に進化を果たして複雑なものに変革していったことによって、今ではピッキングの脅威が以前よりも低くなっています。そして新しいマンションなどではこのような最新式のシリンダー錠が採用されているのですが、古いタイプのシリンダー錠をそのまま使用している家庭もいまだ多いものです。
そのため、古いタイプを使用しているのであれば、新しいものに交換することも考えてみましょう。この際に自宅のものがどのようなタイプなのかわからない場合もありますが、そのような時には鍵屋さんに見てもらって相談してみましょう。

鍵穴のないロックシステムの概要と利便性をご紹介

様々なタイプの鍵が存在する今の世の中ですが、シリンダー錠のように鍵を差し込むタイプ以外の鍵も多数存在しています。それが鍵穴のないロックシステムです。様々な認証方式を用いているロックシステムであり、鍵は不要なのです。シリンダー錠では鍵を差し込むことによって認証を受けて鍵が開けられるわけですが、この認証を鍵以外の要素に求めているものもあるのです。
ひとつは生体認証方式です。今はスマホや銀行ATMなどでも採用されるケースが目立っていますが、指をタッチすることによる指紋認証で本人確認をおこなって鍵を開けるのです。指紋以外にも静脈認証や顔認証などのシステムを採用したものもありますが、これらも同じように本人かどうかを調べた上でロックを解除しています。
指紋や静脈などは人々が固有に持っているものであり、その変化も少ないために昔から犯罪捜査などにおいても重宝されてきました。それを今は玄関扉でも使用できるようになっています。そして、指があれば認証をクリアできますので、鍵を持ち歩くこともなくなります。鍵を持ち歩くと紛失してしまうこともありますが、指を紛失することはあり得ないために、何かを持ち歩く手間からも解放されますし、紛失時に困るようなこともありません。
無論、このようなシステムに何かしらの不具合が生じてしまうと認証を受けられなくなりますし、停電などの問題もありますが、その場合には従来通りに鍵で開けることができたり、そのほかの方法で開錠できるようにトラブル時への対処法も準備されていますので安心です。特にお子さんなどがいて鍵を落としてしまうのではないかなどと常に不安を抱えながら過ごす親御さんなどは、こうした鍵を自宅の玄関扉に導入する事例が増加してきていますので、この機会に検討してみましょう。

カードやスマホを使ったロックシステムの概要やメリットをご紹介

鍵を使用しないロックシステムの中にはカードを使用して開錠するタイプもあります。ホテルなどで多く採用されるシステムですが、あらかじめシステムとセットになっている専用カードがあり、これを玄関扉に設置してあるカードリーダーなどに差し込む、もしくはタッチすることで開錠が可能となります。まさしくホテルで採用されるタイプと同じなので使用方法はすぐに覚えられるはずです。
また、専用カードが用意されているタイプ以外には自分が持つ交通系ICカードなどをそのまま家の鍵として登録できるタイプもあります。交通系のICカード以外にも電子マネーカードなどでも登録できるケースもありますが、どのようなカードが対象になるかはメーカーや機種によって異なります。しかしながら、こうしたカードは今や多くの方が保有していますので、そのカードがそのまま家の鍵にもなるということは大きな利便性につながります。
そもそも保有しているものなので、鍵を作ることによって日常的に持ち歩くものが増えるということもありません。むしろ、今まで鍵を持ち歩いていた人からすれば荷物が減ることにもなります。専用カードの場合と同じく専用の機器をドアにつけ、そこに挿入もしくはタッチすればいいだけです。
また、このようにICカードが家の鍵になるタイプの場合、鍵を増やしたい場合にも家族の持つカードを登録さえすればすぐに増やすことができるというメリットもあります。上限が決められている場合もありますが、それにしても家族以外の誰かに急遽鍵を持たせたい場合などに即座に新たなカードを登録すれば新しい鍵を発行することができますので、利便性は高いですし、無駄なコストもかかりません。親戚などが来ているときだけ急遽1枚増やすというような使い方もできますので、家庭の事情によってはベストな鍵になってくれます。
また、カードを鍵にするタイプ以外にもスマホそのものを鍵にするタイプもあります。スマホを鍵として本体に認識および登録しておけば、その後はスマホが鍵になるのです。利便性はカードタイプと同じですから、便利な鍵を求めている場合にはありがたい代物です。もちろん、スマホの場合にはバッテリーのことを気にするものですが、仮にスマホが使えない場合には特殊な形で開けることも可能ですから安心です。いずれにしても鍵を持ち歩かなくて済みますし、このようなタイプのロックシステムはオートロックタイプとなっていることが多いので閉めるという作業も省けます。
さらに閉め忘れることもないため、これまで鍵を閉め忘れた経験がある方にとってはありがたいですし、防犯という観点からもありがたいシステムになるはずです。

鍵屋さんに自宅を見てもらうなどして鍵のタイプを吟味していく

鍵の交換や増設作業をおこないたいとき、鍵屋さんに作業を依頼する家庭は多いのですが、交換したい鍵を決めてから鍵屋さんに連絡するのではなく、鍵屋さんに自宅を見てもらった上で取り付けるべき鍵を相談していくという方法もあります。
ぜひ、このような形での鍵屋さんの活用も検討してみましょう。

自宅を見てもらった上で鍵屋さんにタイプを相談する方法もある

鍵屋さんは実作業を実行してもらうだけではなく、プロであるために良き相談相手にもなってくれます。鍵を交換したい、もしくは自宅の防犯レベルを向上させたいなどと考えた際、自分で何をどうすれば良いのかがわからないことも多いものです。
そこで鍵屋さんに自宅を見てもらった上で、どのような鍵が最適なのか、どのようなタイプの鍵を取り付けるのが良いのかなどを相談していきましょう。
また家族構成などに関しても鍵を決める上で重要な情報となりますので、こうしたことも話しながら適切なプランを提示してもらうようにしましょう。

鍵屋さんは鍵のプロだからこそ利便性も意識して最適プランを提案

防犯のための鍵ということで言えば防犯能力の高い鍵をセレクトすることが最善ですが、鍵は日々使用するものとなっていますので、家族にとってみれば防犯性が高いのはありがたいものの、同時に利便性の良い鍵を使用したいものです。
このように防犯性と機能性が両立した鍵は何になるのかが自分自身ではわからないものです。その点、鍵のプロであり、世の中に存在するありとあらゆるタイプの鍵を知っているのが鍵屋さんです。そのため、利便性も得たいと考えているのであれば最適なプランを提示してもらうためにも鍵屋さんを頼っておきましょう。
ネットなどを閲覧すれば世に存在するあらゆる鍵を見ることは可能です。しかし、実際に防犯能力がどの程度高いのか、利便性の面で何か問題がないのかなど詳細な情報まで記載されているケースは少ないものです。
だからこそ、このような基本的な情報をメーカーなどに関わらず把握している鍵屋さんを味方につけておきたいものです。

積極提案型の鍵屋さんならあらゆるメーカーの製品を提案してくれる

どのようなサービスでも同じですが、積極的に提案してくれる業者と受け身タイプの業者があります。つまり、お客さんから何か言われてから動くタイプと何か言われなくても自ら積極的に情報を発信し、プランなども提示してくれる業者という違いがあるのです。そして、鍵屋さんの中にもこのような違いがありますが、当然ながら積極提案型の鍵屋さんも多数存在しています。
そのため、こちらが基礎知識を持っていない中でも様々な提案をしてくれますし、それぞれの鍵のメリットやデメリットをきちんと紹介してくれます。お客さんは基本的に基礎情報を持っていないため、このような情報提供をおこなってくれるとありがたいものです。そのため、どちらかと言えば積極的に情報を発信してくれる提案型の業者さんと知り合いになるようにしましょう。
こうした鍵屋さんを見つけたい場合にはネット上にある口コミ情報などを気にすればすぐに見つかるはずです。まずはレビューや口コミ情報などを調べて、こうした鍵屋さんとの出会いを探してみましょう。

予算を決めた上でプランを吟味してくれる鍵屋さんも存在

数多くある鍵屋さんの中には予算を提示した上で鍵をセレクトしてくれる場合もあります。防犯に対して強い意識を持っている人であっても、やはり鍵の交換に対して捻出できるお金には上限があるはずです。そのため、鍵屋さんに全てお任せしてしまえば上限オーバーとなってしまうこともあります。だからこそ、最初に予算を決めてその金額の範囲内で鍵をセレクトしてもらうようにしましょう。
このような形での鍵選びに対応してくれる業者もありますので、ぜひ探しておきましょう。また、基本的にどのような鍵屋さんであっても予算を決めておくとその金額内でおさめてくれるように努力してくれますので、まずは自分の中で予算を決めておくことは重要です。
もちろん、最終的には妥協することもあるかもしれません。つまりは予算オーバーとなってしまうこともあります。ただし、その場合には防犯能力がより高いものであったり、利便性がとても良いものであったりと、予算を超えても許せるだけの理由が存在しているはずです。最終的に決定するのは自分自身ですが、最初から予算を決めずに考えてしまうと防犯面などのみを条件として決めてしまうことにも繋がり、最終的に支払う金額が高額になってしまうこともあります。
鍵には様々なタイプがあり、高額なものも多数あります。そうなるとさすがに鍵のこととは言っても相当な出費となる恐れもあり、家庭の経済事情によっては様々な影響が生じる場合もあるのです。だからこそ、鍵代をケチるという意味ではありませんが、自分たちが出せるレベルというものをあらかじめ考えておきましょう。

鍵の交換作業を鍵屋さんに依頼もしくは自前で交換

鍵の交換作業は鍵屋さんというこの道のプロに依頼する手段以外に自前でおこなう方法もあります。つまりはDIYで作業するという形です。
そのため、自宅のカギを取り付ける際にどちらのパターンで作業するのか、それぞれのメリットとデメリットを把握した上で決定しましょう。また、防犯のための鍵ということも前提にどちらの方法を採用するのか決めておきましょう。

鍵屋さんに交換作業をすべて依頼してお任せ

鍵屋さんに鍵の交換をすべてお任せすることはスムーズな作業を実現できるため、利便性を考えると最適な方法と言えます。鍵屋さんはこの道のプロですから、どのようなタイプの鍵であってもスピーディーな作業をおこなってくれます。そのため、無駄な時間なしに交換作業をおこないたいと考える場合には鍵屋さんに依頼しておくことがメリットを得られる行為と言えます。
ただし、デメリットとも言えるのがコストです。自分自身で鍵交換をおこなった場合には鍵本体の費用しかかかりませんが、業者にお願いした場合には作業費用もかかります。そのため、双方のコストを比較すればやはり鍵屋さんにお願いしたほうが出ていくお金も大きくなるのです。
この点をどう考えるかですが、利便性の面で言えば鍵屋さんに勝るものはないため、この点を重視するのであれば鍵屋さんに作業をお願いしてみましょう。

鍵屋さんに本体を手配してもらった上でのDIY交換

鍵屋さんに依頼して鍵交換作業をおこなってもらう場合と、DIYで交換してもらう場合ではコストは違います。しかし、鍵そのものは自分で厳選に厳選を重ねて選びたいものの、交換作業のみはプロにお願いしたいというケースもあります。このような自分にとって理想ともいえる形を実現してくれる業者があるのかと思うものですが、数多く存在する業者の中にはこうしたケースにも対応してくれる場合があります。
つまりは本体のみを持ち込む形で作業のみをおこなってくれる鍵屋さんがいるのです。全体から見ればレアなケースですが、確実に存在しています。ウェブサイトなどに記載されていない場合でも、電話やメールなどで相談をおこなうことによって受け付けてもらえるケースもありますので、まずは家に近い業者さんなどに相談してみましょう。
思っている以上にすんなりと受け入れてくれる鍵屋さんも多いため、まずは相談してみるべきです。

コストを負担してでも防犯に寄与するという意識を持つ

DIYで作業したほうが鍵交換は確実に安く済みます。本体費用のみで済みますのでそれは当然の結果と言えます。そのため、お金の面だけで言えば確実に鍵屋さんに依頼するよりもDIYのほうがお得と言えます。ただし、鍵を備える本来の意味だけは絶対に忘れないようにしましょう。
家の中のリフォームなどもDIYでおこなっている家庭が多いですし、それはとても素晴らしいことです。しかし、鍵は家の防犯のために存在しているものであって、必ずしもコストが安いのがベストとは限りません。家の中にある生命や財産を守る存在のひとつが鍵であり、結果的に鍵の選び方や付け方をミスしてしまえば、あとになって取り返しのつかない事態となることもあるのです。
いざ何かが起こってからの存在は莫大な金額になる恐れがありますし、もっといえばお金には代えられないものを失ってしまう恐れもあるのです。そのようなことを未然に防いでくれる可能性があるのが鍵ですから、そこにはコストだけでは語れない事情があるということを前提に考えていきましょう。鍵屋さんに作業を依頼すれば鍵の本体価格以外にもコストが発生しますが、それは鍵選びや鍵の取り付けを完璧にするための費用でもあるのです。
言ってみれば将来訪れるかもしれないリスクへの保険のようなものです。そのため、このような考えを持った中で鍵屋さんに作業をお願いするかどうかを考えることも大切なのです。

防犯面以外に意識したい鍵の問題

鍵屋さんに鍵交換を依頼したり、DIYによる鍵交換を検討される際に人それぞれの目的があるはずです。この目的に応じて最適な鍵を選ぶことも大切です。
そこで、人それぞれの考え方や事情によって異なることとは思いますが、一般的なケースを例示します。その上で、自分たちも同じ目的を抱いているのであれば、ぜひそれぞれのタイプの鍵の導入を検討なさってみてください。

子供に鍵を持たせることが不安なら生体認証も検討

お子さんがいらっしゃる家庭では防犯への意識が高くて当然です。しかし、防犯性の高い鍵であろうとなかろうとお子さん自身に鍵を持たせることになると紛失のリスクがあります。今までにこのような経験をされたことがある方も多いかもしれません。やはりお子さんの場合、いくら言い聞かせておいても夢中で遊んでしまい、気づいたら鍵がなくなっていたということもあります。
仮に防犯目的で新しい鍵を導入したとしても、その鍵を失くしてしまえば防犯面の不安が生じますが、本体ごとまた交換するとなれば費用はさらにかさみます。さらにそのまま利用を継続するにしてもスペアキーを新たに発注すればお金がかかります。このようなことを考えますと、お子さんに鍵を持たせる行為にはリスクがあるのです。無論、だからといって鍵を持たせない生活では親御さんも含めて新たな苦労が生じるわけです。
そのため、このようなリスクを低減させるためにも鍵を交換する際に生体認証方式の鍵を導入している人もいます。指をタッチすれば開く方式です。また、顔認証などもあります。こうした方式のロックであればお子さんが鍵を持ち歩くことはありませんので、おのずとなくしてしまう心配もありません。
お子さんにも方法を教えればすぐにできるはずですから、小さいお子さんがいる家庭であっても安心です。また、そのほかにも暗証番号方式などもありますので、鍵を持たない生活を目指して鍵を変えるという選択肢も検討してみましょう。

多くの人間が鍵を持つならスマホロックもありがたい

家族全員が鍵を持つなどスペアキーを多数作らないといけないような場合、その費用を考えるとスマホを鍵にしてしまったほうが大幅に安く済むケースもあります。そのため、親子三世代などで居住していたりとその家に出入りする人の数が多い家では、スマホロックを検討してみてはいかがでしょうか。すでに持っているスマホに専用アプリを入れるなどの方法でスマホそのものが鍵になるシステムです。
また特にアプリ不要でも事前にスマホを登録しておくことで鍵になるタイプもありますが、重要なのは既に持っているスマホがそのまま鍵になるということです。つまり、たくさんの人が鍵を持ちたい場合でも、その鍵を作るために新たな費用が発生しないのです。
今持っているスマホを鍵にしてそのまま出入りに利用できるため、コストや利便性といった側面からも重宝されるアイテムとなっています。また、鍵を失くすというリスクもなくなりますのでその点でもありがたいですし、仮に今後鍵を増やしたい場合も簡単です。さらに言えば一時的に出入りする人が増えるタイミングがお盆休みや年末年始などには生じますが、このような場合に一時的な鍵を発行することも可能です。
その用事が終わればその後は鍵に関して無効にすることもできるなど、とても便利な代物です。もちろん、スマホのみが鍵になると聞くと不具合が生じた場合やバッテリーの問題を気にする人もいるでしょうが、このようなタイプの鍵であっても一般的な鍵が同時に存在する機種もあります。スマホでの開錠ができない場合にはこの鍵を使用して開けられるというわけです。
もちろん、その際の鍵は最小限にとどめておけますので、問題ありません。このような鍵も存在しているために、多くの人が鍵を持ちたいという考え方があるのであれば、スマホ鍵も検討していおきましょう。

鍵を失くすことが多いなら電子ロックがありがたい

鍵に関するトラブルで鍵屋さんのもとに相談が舞い込むケースとして多いのが鍵の紛失です。鍵を無くしてしまったために家に入ることができないというものです。この場合、開錠作業をおこなった上でスペアキーを作ることとなりますので、費用は高額です。さらに鍵交換ともなればさらに高額になります。
鍵に不満があるなどして自らの意志で鍵を交換するのであればたとえ高額であっても鍵を交換することには何の問題もないという人が多いものですが、自分や家族のうっかりミスで数万円のお金が出ていくのは許しがたいという方もいるはずです。過去にこのような経験を通じて家族間や夫婦間がギスギスしてしまったことがあるのであれば、今後はICロックに変えることも考えてみましょう。
スマホロックや生体認証ロックなども同様ですが、要は鍵を持たないタイプにすれば余計なお金をかけずに済むのです。また、スマホに代表されるように既に存在して日々持ち歩いているものがそのまま鍵になるタイプも多いのですが、そのほかには交通系ICカードなどがそのまま鍵になるような機種もあります。このような機種であっても鍵を持たずに生活ができますし、ICカードならばお財布の中に入れて持ち歩くのが一般的なので、無くすリスクも少ないです。
そのため、これまでに鍵を失くした経験をお持ちで、高額な支払いがストレスになったということであれば、次に鍵を変えるときにはICキーや電子ロックに興味を持ってみましょう。

鍵屋さんに依頼するとアフターケアも万全

鍵のプロである鍵屋さんは鍵の交換や不具合など、何かあったときにのみ来てくれるということでもありません。何事も起こっていない状況でも顔を出してくれる鍵屋さんも存在します。そのひとつが点検や保守作業です。
鍵のプロに取り付けや鍵の選定などを任せておくと、このような行為まで担ってくれる場合もありますので、アフターケアも含めて面倒みてほしいと考える場合には、やはり鍵屋さんのお世話になっておきましょう。

鍵屋さんに作業を依頼するメリットのひとつが以後のケア

DIYによって鍵交換をおこなった場合、コストは安く済みます。これはDIYにおける最大のメリットです。では、業者である鍵屋さんにお任せするメリットは何かと言えば、そのひとつにアフターメンテナンスが挙げられます。DIY作業の場合、当然ながらアフターケアも自分自身でおこなうこととなります。仮に不具合が生じたとしてもその原因を追究できないとなれば有料で業者を呼ぶこととなります。
しかし、業者に取り付けを依頼していた場合、何かの不具合が生じた場合には業者に連絡すれば問題を解決してくれます。さらにそもそも論として不具合が生じる前から点検などに訪れてメンテナンスしてくれることも多いのです。鍵のプロが目視でそれぞれをチェックし、不具合は起こっていないものの、その可能性が見受けられるということになれば即座にケアをおこなってくれます。
こうした細かいケアが期待できるため、あえて最初から業者に依頼するという方も多いです。当初はお金もかかりますが、長い目で見た場合には低コストで防犯性の高い鍵を維持していくことも可能なケースがありますので、こうした選択肢も考えておきたいものです。

鍵を再び交換する際にも相談しやすい

鍵屋さんに鍵交換作業を依頼するメリットのひとつが今後も何かと相談しやすいということです。鍵を交換した当初は新しい鍵であっても時間が経過すれば、やがては古い鍵となります。その時点で最高の防犯レベルを保っているかどうかはわかりません。
そのため、1度の交換をおこなったからといってそれを生涯にわたって使用し続けることがベストとは言えません。だからこそ定期的に鍵の交換をおこなう家庭も多いものですが、そのような再び交換したい際に馴染みの鍵屋さんがいることによって状況なども相談しやすいです。
また、1度お願いして何も問題がなかったとなればその後も安心して作業をお願いすることができるはずです。こうした側面も鍵屋さんに取り付け作業をお願いするメリットのひとつと言えます。

鍵の修理やスペアキーの作成にも役立ってくれる

鍵の交換作業は最初に取り付け作業をおこなってもらえば基本的にはそれで終了です。しかしながら、その後もお世話になることがあります。どのようなケースかと言えば鍵の修理やスペアキーの作成です。特に鍵を失くしてしまうケースは世の中の鍵にまつわるトラブルの中でも本当に多いため、スペアキーを新たに作るケースは多いです。
鍵そのものがひとつしかなくなってしまうと家族で共有できませんので、新たなスペアキーを新たに作ることとなりますが、この作業を街中にあるスペアキー作成業者などが担えない特殊なキーもあります。その場合には取り付けをおこなってもらった業者に依頼することとなります。
また、鍵がひとつも手元にない場合には、鍵本体からスペアキーを作成してもらうこともありますが、このような場合にも業者を頼ることとなります。取り付け作業の段階からお世話になっていれば困ったときに即座に対応してくれることが多いため、そういう意味でも繋がりは持っておいたほうがお得なのです。

鍵屋さんにとっては定期点検なども無料

定期点検をおこなってくれる鍵屋さんは増えています。シリンダー錠の場合にはそこまで多くの不具合は発生しませんが、たとえば暗証番号方式や生体認証方式などの場合には不具合が起こって中に入れなくなることもあるのです。このようなトラブルに見舞われてしまうと生活に大きな影響が出る場合もあります。
そのため、日頃からチェックしておきたいものですが、そもそも取り付け作業を鍵屋さんにお願いしていた場合、業者によっては定期的な点検を無料でおこなってくれる場合もあります。
そのルールは鍵屋さんによって異なりますが、中には年に1度の定期点検を無料で実施してくれる会社もありますので、取り付け後のことを考えるとやはりありがたいものです。

家の内部の鍵に関しても相談が可能

鍵屋さんに依頼する案件の多くは玄関ドアに備え付ける鍵に関してです。しかし、家の中にも鍵がある家庭は多いものです。トイレにはほぼ必ず鍵がついています。こうした内鍵を付ける際にも鍵屋さんに知り合いがいるとありがたいものです。
また、家の事情を把握している鍵屋さんであれば、どのような内鍵がベストなのかをアドバイスしてくれます。たとえばお子さんがいればイタズラ防止目的なども考えないといけないために、どのような内鍵でも構わないというわけではありません。
そのため、このような目的で依頼することもありますので、鍵屋さんの知り合いを持っておくと非常に便利と言われています。

まとめ

家の防犯を考える上で鍵は非常に重要な役割を果たしてくれます。シリンダー錠はもちろん、そのほかの生体認証方式などのロックシステムも現在は登場しており、それぞれの鍵がそれぞれの家庭の玄関扉で外部から無関係な人々の侵入を防いでくれています。
この取り付け作業はDIYでおこなうことも可能ですが、鍵屋さんというプロに依頼することも可能となっています。また、鍵屋さんに作業を依頼することによってアフターケアなどの面でもメリットがありますので、取り付け作業や交換作業を鍵屋さんに依頼することを前向きに考えておきたいものです。
身近な場所に馴染みの鍵屋さんがいれば、いざトラブルというときにも迅速に駆けつけてくれますので、何かと頼れるはずです。このような意味合いからも鍵屋さんと仲良くしておきたいものです。