急なピンチに役立つ鍵開け方法!身の回りのものでできる対処法を紹介

8,000円~対応中!

「鍵をどこかで落とした!」「鍵が折れて玄関が開かない!」などの緊急時に、玄関のドアが開けられないと非常に慌ててしまいますよね。急なピンチのときに、自分でできる鍵開け方法をご存じでしょうか。

鍵の種類によっては、身の回りのもので対処することが可能な場合があります。

この記事では、以下の内容についてご説明していきます。

  • 緊急時の玄関の鍵開け方法
  • 玄関の鍵の種類と仕組み
  • 自分で鍵開けすることのリスク

外出時に鍵を紛失してしまったなどのトラブルでお困りの際は、この記事を参考に対処してみてくださいね。

鍵の仕組みから鍵開け方法を学ぶ

どのようにして鍵の解錠や施錠が行われるのかが分からないと、鍵開けをするのは困難です。

まずは、緊急時のシリンダー錠での鍵開けの仕組みについてご説明いたします。

シリンダーの仕組み

  • ディスクシリンダー

ディスク=円盤を意味しています。

円筒錠のタンブラーが内部に設置されており、付属品のキーを差し込むことで円筒が外側に押し出されて鍵が開くようになっています。

非常にシンプルな仕組みで防犯性が低いため、現在では生産が中止されています。

  • ピンシリンダー

ディスクシリンダーの構造が複雑になったシリンダー錠です。

鍵穴内部に何本もピンタンブラーがあります。正しいキーを差し込むことで鍵の表面のギザギザ部分の溝に押し上げられ、一直線に揃うことで解錠できる仕組みになっています。

  • ディンプルシリンダー

ピンシリンダーの内部構造をより難しく仕上げた鍵で、鍵穴内部のピンタンブラーの数を増やして複雑化させてあります。

ピンシリンダーの3倍以上のピンが上下にあり、鍵開けするにはピンを1つ1つ正しい位置に調節しなければなりません。

高い技術と時間を要するため鍵を使わない鍵開けが困難です。それゆえ、ピッキング被害に遭いにくくなっており防犯性の高い仕組みといえます。

自分でも開けられる鍵とは

先にお伝えした通り、ディンプルシリンダーは防犯性が高く、専門的な知識や技術、特殊工具などがなければ自分で鍵開けすることはできません。

外出中に鍵を紛失したり、鍵を忘れてきてしまったときに自分で開けられる可能性があるのは、「ディスクシリンダー」と「ピンシリンダー」の2種類です。

それぞれの開け方について、実際に次の見出しでご説明していきます。

身近なものを使った鍵開け方法

ここからは、緊急時の鍵開けにおいて、身近なものを使った鍵開け方法をみていきましょう。

ハンマーを使うバンピングでの鍵開け方法

バンピングとは、ハンマーの反動で回転させて開ける方法です。以下に手順を記載します。

1.バンプハンマー(小さい物やラバーが付いている物)と鍵穴にささる適当な鍵を用意します。

2.鍵穴に鍵をさします。このとき、0.5㎜ほど浅く差しておくことがポイントです。

3.ピンには上側(トップピン)と下側(ボトムピン)があり、ハンマーで衝撃を加えたときにトップピンを跳ね上げさせることができます。

その瞬間にピンの高さがちょうど良くなる部分に鍵を回すため、回転力をかけておきます。

4.鍵の頭を軽く叩きます。(奥に向かって叩く)。2の工程で鍵を浅く差しておくことで、衝突のエネルギーが高まり、鍵のギザギザ部分をピンに当てて飛ばすことができます。

5.上手くいけば鍵がくるっと周り解錠できます。

※用意するのは車の鍵でも金庫の鍵でも構いませんが、折れたり欠けたりする可能性があるため、大切な鍵を使用することは避けてください。

クリップを使ったピッキングでの鍵開け方法

次に、クリップなどの細いものを使って開ける方法です。

1.クリップ・安全ピン・ヘアピンなどを2つとペンチを用意します。

2.クリップなど1つの先端をペンチで90度に曲げておきます。

3.折り曲げた方のクリップを鍵穴に差し込み、解錠したい方向へ力を加えます。

4.もう片方のクリップは真っすぐに伸ばし、針金状にしてから鍵穴に差し込みます。

5.シリンダー内部のピンが正しい位置にくるように少しずつ動かし、すべてのピンが正しい位置に移動したところで曲げた方のクリップを回して解錠します。

クレジットカードを使った鍵開け方法

クレジットカードなどの固めのカードを使って簡単なロックを開ける方法です。

鍵開けにより傷つく可能性があるため、万が一破損しても問題ないものを選んでください。

1.ドアとドアフレームの隙間にクレジットカードを入りこませます。

2.ドアのロックのラッチボルト(ドアの側面にある装置)がストライク(ラッチ受け)に入っている位置まで動かします。

3.ドアに対してカードが垂直になるようにし、ラッチボルトの後ろに差し込んでいきます。

4.ドアノブを回しながら、ゆっくりとカードを引き寄せ、玄関のドアを開きます。

このとき、内開きは引くように、外開きは押すようにして開けるのがポイントです。

※ただし、この方法はラッチが三角の場合にのみ有効で四角い場合は通じません。

故障の原因がラッチにある場合も、この対処法では動かない可能性があります。

また、デッドボルト(補助錠)が付いている場合にも対応できません。

関連記事:『ドアが開かない! その原因から分かる対処法と 予防策を詳しく紹介!』

自分で鍵開けするのにはリスクがある

ここまで鍵開けの方法をご説明してまいりましたが、自分で鍵開けするのにはリスクがあることも忘れないでください。

どのようなリスクが考えられるのか、具体的な事例を挙げていきます。

鍵への知識不足で鍵や鍵穴を壊す

自分で鍵開けを行うことで伴うリスクの一つが、無理に鍵開けを行い鍵穴を壊すことです。

例えば、以下のようなトラブルに注意してください。

  • 鍵穴を傷つけることにより開かなくなる
  • 鍵穴に専用の油以外を流して鍵穴が機能しなくなる
  • 鍵を無理に回したことでキーが折れたり曲がったりする

こうなってしまうと、緊急時にもかかわらず玄関のドアが開けられず、解錠までに通常よりも長い時間かかってしまう恐れがあります。

大切な用事に間に合わなくなる、部屋の中の貴重品が取り出せなくなるなど他のトラブルにもつながります。

鍵開けだけの作業が他の修理も必要になる

本来であれば鍵開けだけで済んだ問題が、さらに他の鍵の修理などが必要になってしまうことがあるでしょう。

自分で無理に作業を行って壊してしまうと、鍵の替えの分など倍の費用がかかる場合があります。

鍵開けだけなら作業時間もさほどかかりませんが、鍵修理も追加となると作業時間が余計にかかってしまいます。緊急の場合は鍵の専門業者に頼むのが望ましいです。

自分で鍵開けするには難しい場合

鍵のタイプがディンプルシリンダーである、そもそも鍵が壊れている、鍵穴に物が詰まっているなどのケースでは、自分で鍵開けするのが難しい場合があります。

そんなときには、無理に鍵開けの作業をしようとせず、鍵の知識をもった専門業者に相談することをおすすめします。

プロにお願いして開けてもらいましょう!

鍵にもいろいろな種類がありますが、中でもディンプルシリンダーや暗証番号を入力するダイヤル錠などはプロでなければ鍵開けできません。

また、初心者での無理な鍵開けは鍵開け以外の問題も引き起こすことから、避けた方が無難でしょう。緊急性が高ければなおのことです。

プロが鍵開け作業を行う場合でも、鍵を破壊する「開錠」をせざるを得ないことがあります。

しかし、鍵を破損させずに開ける「解錠」が可能なケースも多いです。

弊社「KEY110」では、鍵開けには資格をもった専門家が対応にあたるため、安心してお任せください。

▼「KEY110」では鍵開けや合鍵作成なども即日対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

参考サイト:『KEY110(鍵開け)』