キーボックスを開けたい! 簡単な開け方と対処方法をまとめて紹介

8,000円~対応中!

キーボックスの開け方が分からない、暗証番号がわからないため開け方が知りたいなど、今回はキーボックスにおける開け方をまとめました。

キーボックスの開け方を知りたい方へ、最終手段まで紹介します。

  • 小物が入るキーボックスとは
  • キーボックスの開け方
  • キーボックスの開け方における予防策として
  • 開け方の分からないキーボックスを開けたい

大切なものを入れておくためのキーボックス、そもそもキーボックスとはどのような役割があるのでしょうか。実際にキーボックスについてみていきましょう。

小物が入るキーボックスとは

キーボックスはダイヤル式で暗証番号を任意で設置し、中に鍵などの小物を入れることができるものです。南京錠に似たような形をしていますが、中に物が入れられるのがキーボックスならではの特徴です。

ダイヤル式の暗証番号で開けることができるため、鍵が必要ないのがメリットです。ただ暗証番号を忘れると、開かなくなってしまうのがデメリットではあります。

「シャックル」というU字型の部品で、玄関などにかけることができます。キーボックスをドアノブやレバーにかけておくことで鍵を共有できるので、不動産業者でもよく使われます。設置する場所は、ドアやフェンス、作業現場、車などがあります。実際には、以下の用途で使われることが多いです。

  • 不動産仲介業者の空き部屋の立ち入り
  • 訪問看護サービス鍵の受け渡し
  • 小物や伝言メモなどの受け渡し
  • マンションの管理室などの鍵管理

キーボックスの開け方

順番に番号を試す開け方

順番に地道に数字を試していく方法です。4桁の暗証番号で構成されているので一つ一つの数字を試してみます。初めは、記念日や誕生日などで心当たりのある番号から試していくのがいいでしょう。

また、暗証番号を合わせるのに莫大な時間がかかるため、余裕のあるときになら一つずつ試せますが、緊急の場合は鍵の専門業者を呼んでお願いするのが得策です。

引っ張りながらダイヤルを回す開け方

シャックルのU字の部分を引っ張りながら、ダイヤルを回すという方法です。引っ張りながら、一つずつ数字を合わせると感触が違う部分がでてくるため、感触を頼りに鍵開けしましょう。そのときは一つの方向だけではなく左右に回すのがいいでしょう。

また頑丈にできているキーボックスが多いため、引っ張りながらでも開かない場合が多いです。無理に開けようとして難しい場合は、専門業者に依頼しましょう。

のこぎりで切断して開ける開け方

シャックルのU字の部分を切断することで、中にあるものを取り出せます。シャックルを切り離しても、キーボックスが頑丈なため中身を取り出すのが難しい場合は、鍵の専門業者に頼みましょう。

ですが、キーボックス自体がもとには戻せないため、最終手段として使う対処法になりますので注意して下さい。

キーボックスの開け方における予防策として

暗証番号をどこかに記録しておく

そもそもキーボックスは、暗証番号で開け閉めする鍵です。開かなくなってしまうということは、主に暗証番号忘れが多いです。そのため暗証番号を第三者に見られず、かつ自分で忘れないように覚えていられるような場所に保存して取っておくことが大切です。

PCの中に入れて保存するのであれば、バックアップを取ってさらにまたパスワードも設定しておくといいかもしれません。そのときにそのパスワードも忘れずに、しっかりメモを取るなどして覚えておきましょう。

暗証番号を共有しておく

誰かと一緒に使用するキーボックスの場合は、その対象の方と一緒に暗証番号を共有しておくことが大切です。その場合はどちらかが覚えていられるように共有のグループなどでノートを使いメモしておくか、どちらかがしっかり覚えているなら開けられます。

キーボックスの開け方での共有できる場所を設けておくことが大切です。

開け方の分からないキーボックスを開けたい

何をしても開かない場合はプロにお願いしましょう

「キーボックスの開け方が知りたい」「キーボックスを傷つけずに開けたい」など、どうしても最終手段を使わずにキーボックスを傷つけずに開けたい方は、鍵の専門業者にお願いしましょう

緊急の場合であれば、弊社「KEY110」ではプロの技術力で即日対応にて対応しています。他にも鍵のトラブルやお困りごとなどがございましたら、お気軽にご相談下さい。

▼弊社「KEY110」では安心のプロの技術力で対応致しますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・開錠・開け方】