イモビライザーの点滅を解除したいとき第一に確認して行うことを解説

8,000円~対応中!

「イモビライザーの点滅を解除したい」「イモビライザーが点滅しているときにできる確認方法って?」、そんなイモビライザーのトラブルの第一に確認すべきことについて実際に見ていきましょう。

自分の運転している車に、イモビライザーが付いていること自体を知らない方も中にはいるそうです。今回は以下についてお話していきます。

  • イモビライザーが点滅したら
  • イモビライザーの点滅や点灯を解除するには
  • 点滅したイモビライザーキーの電池が切れたとき
  • それでもイモビライザーが反応しない場合は

実際にイモビライザーが点滅している場合は、どのようなマークで点滅しているのでしょうか。まずはそこの区別からしっかり見ていきましょう。

イモビライザーが点滅したら

鍵のマーク(鍵とバッテリーマーク)であれば

差し込む鍵や、鍵とバッテリーマークなどが描かれている表記などの場合、電池切れの可能性があります。実際に、イモビライザーキーの電池が切れそうなことを知らせています。

電池交換のやり方は、車自体の説明書を見るか、メーカーのサポート窓口に問い合わせするといいでしょう。普通に使用していれば、1~2年ほどで電池が切れるようになっています。

車と南京錠のマークだと

イモビライザーの防犯装置が作動しているのを知らせています。電池交換や、修理の必要はありません。また、キーの中にある「イモビライザーチップ」にIDが登録されています。そのIDが数百万通りあるので、複製すること自体が困難です。

急ぎでなければ、ディーラーやメーカーに頼んで複製してもらうといいでしょう。急ぎの場合は、鍵の専門業者に頼んでもいいですが、取り扱っている業者を選ぶのが大変だと言えます。

イモビライザーの点滅や点灯を解除するには

エンジンをかける

イモビライザーの作動中は、警告灯が点滅や点灯しています。エンジンをかければ消えるので、特に特別な操作をしたほうがいいというわけではありません。

再びエンジンを切って、車外に出てロックをすれば点滅や点灯することになります。

エンジンをかけても点滅や点灯したまま

エンジンをかけても、点滅や点灯している場合は、警告灯は消えるはずなので消えないということは異常があるという可能性があります。

その場合は、ディーラーや修理工場などに相談したほうがいいでしょう。

エンジンがかからない

この場合は、また別の原因が考えられます。ガソリンが切れている場合や、ギアがパーキングに入っていないなどの基本的問題の可能性もあります。また、イモビライザーキーの電池が切れていることもあります。緊急の場合は、業者にお願いしたほうがいいでしょう

▼イモビライザーの解除においての注意点や対処法を知りたい!

イモビライザーの解除においての注意点や対処法について解説します!

点滅したイモビライザーキーの電池が切れたとき

エンジンをどうしてもかけたい

メーカーごとに違いがあるため、まずは説明書で確認して下さい。以下のやり方は、一般的な緊急でのエンジンのかけ方になります。

イモビライザーキーの側面にある小さなボタンを押す

「メカニカルキー」を取り出す

ドアの鍵をメカニカルキーで解錠する

ブレーキを踏んだままイモビライザーキーをパワースイッチに押し当てる

ブザーが鳴る

その状態で同じ動作をもう一度行うとエンジンがかかる

一部のイモビライザーキーは、電池が切れても対応ができるようになっています。ですので、焦らずに対処方法を試してみましょう。

メカニカルキーを使うことになる前に

電池の交換が必要な場合は、上記で説明したように鍵のマークで点滅してお知らせしてくれます。また、快適に運転をするためにも事前に電池交換を行うようにしましょう。

点滅しているのにイモビライザーが反応しない場合は

緊急の場合はプロに相談しましょう

もしも緊急での対応が必要になった場合は、鍵の専門業者に頼みましょう。実際にディーラーやメーカーなどに頼む際は、数日から数週間かかる場合もあります。

また、弊社「KEY110」では、即日対応で鍵のトラブルやお困りごとに対してプロの技術での実績で対処しています。実際に緊急でイモビライザーなどでのトラブルでお困りでしたら、一度お気軽にご相談下さい。

▼鍵のトラブルやお困りごとは即日対応の「KEY110」にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・開錠・点滅】