宮城県仙台市で自転車の鍵(リング錠)を開錠

鍵開け8,000円~対応中!

仙台市宮城野区で自転車のリング錠を開錠

今回、ご依頼いただいたのは、仙台市宮城野区にお住まいのお客様でG様とおっしゃいます。

仙台といえば公園や海、川などが多く自然豊かな町として知られますが、仙台湾に近く塩害を受けやすい地域でもあります。弊社にも塩害による鍵の錆などでよくご相談いただきますが、今回の事例はどうなのでしょうか。

お電話をお受けしたスタッフが、G様から詳しいお話をお伺いしました。スーパーマーケットの駐輪場に施錠して自転車を停めておき、買い物を終えて鍵を開けようとしたものの、何かが詰まっているようで開かなくなってしまったとのことです。

お客様は近所のご友人の家からお電話されていましたが、なるべく早く来てほしいとのこと。1時間後くらいにスーパーマーケットの駐輪場で待ち合わせをしました。

自転車のリング錠に錆が発生していました

お約束のお時間より少し早く到着しましたが、G様にご挨拶をし、身分証明書をご提示いただきます。防犯登録も済ませてあるとのことでしたので、後ほど弊社にカードのコピーを送っていただくことで対処しました。

早速、トラブルの起きた自転車の鍵を拝見することに。

自転車の鍵は一般的な「リング錠」と呼ばれる鍵でした。馬締錠とも呼ばれています。

自転車の鍵にもいろいろな種類があり、リング状にも2つのタイプがございます。一つは、専用の鍵を用いてシリンダー錠を回し開錠するタイプのもの。もう一つが、番号を入力することで開錠する鍵が不要なタイプのものです。

今回の事例では前者の鍵を使用するタイプのリング錠でしたので、「鍵を紛失した」「変形した」などが開錠できない原因として挙げられます。

が、G様からお預かりした鍵はいつも使用されていた正規の鍵で、とくに変形したり欠けたりはしていないように見受けられました。

「プレスキー」と呼ばれる自転車キーで、鍵を押し込んで開錠する形になります。自転車キーにはほかにもシリンダーキーやディンプルキーなど住宅で使用されているタイプのものもあり、これらはプレスキーよりも強度が高く防犯性にも優れています。

リング錠の方を見てみると、ところどころ錆が発生していることに気が付きました。シリンダーの中に錆が固まっており、恐らくこれが鍵が回らない原因になっていたのでしょう。

自転車の鍵を取り外して交換することに

リング錠を取り外さなければ自転車が動きませんから、まずは鍵を開ける作業を行うことにしました。自転車の鍵を自力で開けるために「傘鍵」を使用する方法が知られていますが、あまりお奨めはできません。

その方法というのが…

壊れたビニール傘などを用意し、持ち手を曲げて折り、傘を開くボタン部分(鍵傘)を取り出します。鍵傘が入っている上部も折り曲げ、ペンチで変形した部分を広げます。そして、筒の中から傘鍵を取り出して鍵穴に挿しこみ、開錠するという手順です。

不要な傘であれば問題ないのですが、傘が1本むだになってしまい環境に優しくないこと、外出先で作業を行っていると不審に思われてしまうことなどデメリットが多いのです。

また、失敗すると自転車の鍵が結局開かず、傘のゴミだけが残ってしまうという…。最悪の場合、鍵が故障したり自転車にキズを付けたりすることもあります。

弊社のような専門業者では、そういったリスクの高い方法は選択せず、主に専用工具(ピックツール)を用いて開錠を行います。お客様はそばで作業の様子を見ているだけでOK。スタッフがすぐに自転車を動かせるようにします。

さて、今回もG様の自転車の鍵を無事に開錠しました。ですが、シリンダー内部の錆までは完全に取り除くことが難しく、このままの状態で使用を続けると再度同じようなトラブルが起きかねません。

お客様とご相談させていただき、新しい鍵と交換することになりました。

この機会に、リング錠より防犯性の高いワイヤーロックを付けさせていただくことに。

鍵も新しくなり、お客様にお喜びいただけてうれしく思います。また何かお困りでしたら何なりとお申し付けください。

スタッフの声

自転車のリング錠が開かないときは弊社にご連絡ください

今回は仙台市宮城野区にお住まいのG様からのご依頼で、自転車のリング錠を開錠して参りました。近所のスーパーマーケットに停めた自転車の鍵が突然開かなくなったとのことでご相談いただいております。

仙台は自然が多い町ですが、仙台湾に近いためどうしても塩害を受けやすい傾向にあります。塩害は住居や植物、農作物に影響を与えるだけでなく、鍵をサビつかせてしまうことがあるのです。自転車は塩害ガードスプレーなどで対策できても、鍵の内部までは塩害を予防することが難しいと思います。

今回、自転車キーは紛失しておらず、特に変形なども起きていませんでした。しかしながら、リング錠のシリンダーに錆付きがみられました。錆が固まってしまったことが、開錠できなくなった原因と考えられます。

そこで、弊社スタッフがリング錠を取り外し、新しくワイヤーロックと交換させていただきました。鍵が新しくなったので、突然鍵が開かなくなる心配はないでしょう。

ご自身で傘鍵を用いて鍵を開ける方法もあるのですが、成功するとは限りませんし、リスクがあります。思わぬ二次災害を起こさないためにも、自転車の鍵で困ったら弊社にご依頼ください。