車のスペアキーを詳しく知ろう!種類から作成の確認ポイントを紹介

作業費8,800円~対応中!

車のスペアキーを作るきっかけができたけど、どういった手順で作成すれば良いのかわからない、そもそもスペアキーってどんな感じの鍵になるのか知りたいなど、車のスペアキーについてくわしく紹介します。

  • 車のスペアキーについて
  • 車のスペアキーの作成
  • 確認してほしいポイント
  • 早めに手元に車のスペアキーが欲しいなら相談しよう!

それでは、車のスペアキーの種類について説明していきましょう。

車のスペアキーについて

スペアキーの種類と特徴

  • ギザギザキー
  • スマートキー
  • イモビライザーキー
  • リモコンキー
  • ウェーブキー

車のスペアキーとなると一般的なギザギザキーから最近の鍵となると、防犯性能の高いイモビライザーキーが主流になってきました。鍵の種類によっては、スペアキーを作成するのに、どのような種類の鍵になるかによって鍵の作成方法や金額が変わってくることがあります。一般的な鍵の形をしているかどうか、またはスマートキーのような形で登録作業が必要になってくるかによっても変わってきます。

車のスペアキーだといっても、鍵の種類はさまざまなので作成する時間も金額も変わってくるという点と、どこに頼むかによっても技術力などの面で作成できるかどうかが変わってくる点が挙げられます。現状として緊急性があるのかないのかで、判断してもよいでしょう。

車のスペアキーの作成

前もってスペアキーがあると安心!

鍵をなくした

車の鍵は、手のひらサイズなのでいつの間にか紛失していることが多くあります。外出した際や、仕事先に向かう際などそんなときに鍵をなくしてしまうと、車が動かせなくなります。最悪の場合はレッカーで運んでもらうようなことにもなりかねません。

鍵がないことで慌ててしまいがちですが、やみくもに鍵を探し回るのは危険でもあります。まずは身の回りの場所や行ったところで無いか探して、それでも見つからなかったら、警察に『遺失届』を出すと良いでしょう。こんな鍵をなくしたときに、スペアキーがあれば車を再度動かすことができるので便利だと言えます。

電池が切れた

車のスマートキーでよくあるトラブルが電池切れです。鍵を持っていても押しても反応しない、いつもなら光るランプが点灯していないなどの不具合が起きたら、まず電池切れを疑ってみて下さい。この場合は車の鍵の電池自体を交換すれば元に戻ります。

自分で交換もできますが、細めのドライバーが必要になります。近くに電池を購入できるお店がなかったり、交換できそうにないときはさすがに車が動かせないかもしれません。スマートキーでしたら非常用の鍵が入っており、それを『メカニカルキー』とも呼びます。このメカニカルキーを使えば、エンジンを起動できます。またそのメカニカルキーにも慣れていないという場合はスペアキーを前もって作成しておくとスムーズです。後でメインのスマートキーの電池を交換すれば良いので楽ちんですね。

鍵が不具合で動かない

スマートキー自体が精密に作られているので、衝撃や水濡れなどで故障するなどのトラブルが発生することがあります。実際に防水機能が備わっているものもありますので、一概に全部がそうとは言えませんが雨が降って濡れたことでは故障はしません。鍵を落としてヒビや割れが起こってしまうとその場合にできた隙間から雨が内部まで入り込んで壊れることもあります。またよくあるトラブルとして、車の鍵を洗濯してしまうトラブルです。水没には対応していないので、なるべくボタンを押さないようにして、分解して乾かす必要があります。さすがに心配でしたら、車の鍵を新しい鍵に交換する方が良いかもしれません。この場合もスペアキーが前もって作ってあれば便利です。

スペアキーを作成するときの対応の早さの違い

ディーラー

ディーラーで頼むと、純正キーが手元に来るので安心です。ですが登録作業などがあるため、緊急の場合はすぐ手元に届かないので、今どうしても作ってもらいたいとなるとどうしてもディーラーでは難しくなります。

逆に時間に余裕がある方であれば、ディーラーに頼んでしまうのが良いでしょう。

店舗

ホームセンターなどでの店舗では、スマートキーなどの登録作業ができる場所とできない場所の技術力の差があります。その場に行って気軽に作成してもらえるかと言われると意外と作成できませんとなる場合が多いでしょう。

この場合は一度、その店舗に連絡をして作成できるか先に確認した方が良いでしょう。

鍵の専門業者

鍵の専門業者ではスマートキーの登録作業もその場で行ってくれることが多いです。専門業者がディーラーよりもスペアキー作成が早いのは、スマートキーの登録が制限がかかっていることが多いためです。

ディーラーの制限がない専門業者で作成すると早く仕上げてくれるので、緊急の場合は鍵の専門業者にお願いすると良いでしょう。

車の鍵を紛失!スペアなしの場合の作成や注意点を解説

確認してほしいポイント

鍵の種類によって作成金額が変わる

スペアキーは鍵の種類によって、作成する金額が変わります。セキュリティが高いイモビライザー付きの鍵になるとさらに高額になってきます。

実際に緊急時になって鍵の専門業者に鍵を作ってもらうときは、イモビライザー付きのものかどうか確認するはずです。イモビライザー付きのものだとうん万円することが多いでしょう。その金額にびっくりすることになるでしょうが、これがその場で登録作業などを行ってくれてその場で渡してもらえると考えればそれくらいになるかとも考えつくことになるでしょう。

オリジナルキーまたは鍵穴から作成できる

スペアキーを作成するのであれば、一般的なギザギザキーになるとオリジナルキーがあれば、スペアキーが作成できます。すでにオリジナルキーではない鍵からスペアキーを作成するとなるとさらに精度が下がってしまうので作成するのであればオリジナルキーからにしましょう。

また鍵を紛失した場合でも車の鍵は鍵穴から作成できるので、鍵穴からの作成に対応しているか業者に連絡した際に聞いてみるのも良いでしょう。

紛失を予防するなら前もって作成しよう

鍵を紛失しやすい、鍵を落としやすいなど、車の鍵を不注意でなくしやすい方は、前もってスペアキーを作成しておきましょう。鍵をなくさないようにキーホルダーを付ける、わかりやすい音の出るものを付けておくなど対策はさまざまあります。

今は紛失防止タグというGPSと連携できるものもあるので、そういったものを使って予防するのも良いでしょう。

早めに手元に車のスペアキーが欲しいなら相談しよう!

紛失の心配があるなら作っておこう

手元に車のスペアキーがないと心配になる方や、なくしやすいという方は、前もってスペアキーを作成しておきましょう。

『KEY110』は、車のスペアキートラブルにも対応しています。紛失予防に合鍵作成したい、車の鍵をなくしたので作りたいなど心配な方は一度お気軽に『KEY110』にご相談下さい。

▼『KEY110』では合鍵作成なども対応していますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】

※令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になるため当サイト内の表示価格はすべて消費税10%を含む税込み(総額)表示となっております。