車の鍵やイモビライザーを紛失してしまった場合の対処法


車の高性能化に伴い鍵にも変化が見られるようになりました。特に認証方式を採用したイモビライザーの登場は防犯対策と言う意味でも画期的と言えます。

ただ、どこまで車が進化しても追いつかないのが「鍵の存在」です。防犯対策だけではなく安全面と言う意味でも鍵を無くしてしまう事は出来ません。そうなってくると切り離せない問題が「鍵の紛失」です。

当サイトでは、そんな永遠の悩みとも言える車の鍵やイモビライザーを紛失してしまった時の対処法について紹介しています。是非、参考にしてみてください。

この記事の目次

鍵の種類


車同様に物凄いスピードで鍵も進化しています。まずは鍵の種類について紹介したいと思います。様々な鍵が登場していますが、防犯面では大幅な向上が見られるものの、紛失のリスクに関する対策スピードはまだまだ遅いと言えます。そもそも無くさないことを前提として作成されている鍵がほとんどではありますが、どんな種類があるのか頭の片隅に入れておきましょう。

リモコンキー

現行の車では最も採用率が高い鍵と言えるのがリモコンキーです。リモコンキーとはキーレスエントリーシステムに使用される鍵のことで、鍵に付いているスイッチを押すと車の鍵の開閉が出来るようになっています。

リモコンキーにはいくつか種類がありますが、基本的にリモコンで作動させることが出来るのはドアのみで、エンジンを掛けたりする際にはこれまで通り通常の鍵を使用します。

リモコンキーの最大の利点は簡単に鍵の開閉が出来る点です。暗い場所では鍵穴が見えにくいことありますし、なかなか鍵穴に鍵が入らないこともあるので夜などによく車を使う場合本当に助かるシステムと言えます。また、買い物などで荷物を抱えている時にスイッチ1つで鍵を開閉出来る点も大きな魅力と言えるでしょう。

イモビライザーキー

イモビライザーキーは、最新機種に搭載されている認証機能を兼ね備えた鍵のことです。主に使用されるのはエンジンを掛ける際になります。通常の鍵では鍵穴と鍵の山が合致した場合にエンジンが掛かる仕組みですが、イモビライザーキーの場合、キー内部にあるICチップに埋め込まれたIDが合致した場合にエンジンが掛かる仕組みなっています。

基本的にはリモコンキーとの組み合わせて使うことになり、ドアの開閉はリモコンキー、エンジンを掛けるのはイモビライザーキーと言うようになります。イモビライザーキーと車本体に書き込まれているIDが一致しない場合エンジンが掛からない為、通常の鍵のような複製が難しく、またIDに関しても専用の暗号化技術を使用して生成されているため解読が非常に難しく、防犯性が極めて高い鍵と言えます。

イモビライザーキーの利点は万が一車内に悪意のある利用者が乗り込んでしまった場合でもエンジンを掛けることが出来ず乗り逃げされることが無いと言う点です。

スマートキー

スマートキーはリモコンキーの進化版と言えます。鍵を開閉出来る点についてはリモコンキーと変わりません。ただ、スマートキーはドアの開閉に加えエンジンを掛けることも可能になったキーなのです。それも遠隔操作が可能となっているため、大変利便性の高い鍵タイプと言えます。

スマートキーを採用している車種も沢山流通していますが、メーカーごとに呼び名が異なり、インテリジェントキーやアドバンスキーと呼ばれることもあります。

スマートキーの最大の利点は手が塞がっていてもドアの開閉からエンジンの始動まで行なえる点です。荷物で手が塞がっている時や雨で傘を差している時、遊び疲れて寝てしまった子供を抱っこしている時など活躍シーンが豊富な鍵タイプと言えるでしょう。

ノーマルキー

最近では、スペアキーとして保管する以外にはほとんど見られなくなってしまいましたがノーマルキーも健在です。ただ、ノーマルキーは簡単にスペアキーを作成することが出来ると言う利点もあります。防犯面では確かに危険な行為ですが家族内において複数人で車を運転する場合には持っていると便利な鍵と言えます。

また、これまでに紹介しているリモコンキー、イモビライザーキー、スマートキーは電池式です。急に電池が切れてしまった場合など、使えなくなってしまう場面もあり、その際にもノーマルキーが活躍する為、まだまだ活躍の余地がある鍵タイプではないでしょうか。

紛失に備える

車の鍵にはいくつか種類があると紹介しましたが、いずれの鍵も直径5cm前後の小さな形状です。いつ紛失してもおかしくないリスクを抱えていますので、まずは紛失に備えておくことが重要です。紛失してしまった場合に慌てず落ち着いて行動できるようしっかりと事前に準備しておきましょう。

キータイプを把握する

鍵の紛失で最も重要なのは「キータイプを把握しておく」と言うことです。特にイモビライザーキーか否かによってその後のアクションが大きく変わりますから、自身が乗っている車のキータイプについては常に意識するようにしましょう。

イモビライザーの判別

使用しているキーがイモビライザーキーかわからない場合、簡単に見分けることが出来る判別方法を紹介します。そもそもイモビライザーキーは見た目はスマートキーやリモコンキーと変わらないのであまり鍵に関心が無い人はわからないかもしれません。

まず、事前に確認出来る場合は運転席からメーターを確認しましょう。ここにはいくつもランプが表示されており、その中にイモビライザー用のランプがあればイモビライザーキーと言うことになります。ランプの形状としては鍵のマークであったり、車に鍵を掛けるマークであったりSECURITYと言う文字が記載されていたりしますので簡単に判別出来ると思います。

この他の判別方法としては車種にも寄りますが、イモビライザーキー搭載車には大概専用のステッカーが貼ってありますので窓部分を確認してみてください。また、これは最終手段にもなりますが、鍵を分解することでもイモビライザーキーの判別は可能です。イモビライザーキーの場合、鍵内部にICチップが内臓されていますので、鍵を分解してICチップの有無を確認しましょう。注意点としては、分解してした後元に戻せなくなってしまうと言うケースです。もし自信が無ければ専門業者に依頼しましょう。

スマートキーの判別

スマートキーの判別については車両のメーカーホームページを参照する方法が最も簡単で手軽です。車種に応じて記載されていますので、スマートフォンやパソコンからメーカーホームページへアクセスし確認してみましょう。また、ホームページ上で情報が見つかりにくい場合にはディーラーへ直接確認する方法もあります。ほとんどは電話で済みますが、近くに整備工場があれば一度確認してもらっておくと言う方法もあります。

紛失してしまった場合

ここからが本題です。実際に鍵を紛失してしまった場合、どのような行動を取れば良いのか紹介します。鍵の紛失が判明した場合、ほとんどの人が正気を失っていることが多いのですが落ち着いて行動することが最も重要です。また、意外と簡単に見つかったりもする為、とにかく落ち着いて行動するよう心掛けましょう。

思い当たる場所を探してみる

鍵を紛失してしまった場合、まずは思い当たる場所を探してみましょう。特にいつも鍵を置いておく場所、カバンの中、洋服のポケットの中については何度も探してみましょう。外出をしていた際などは、通った場所を思い返しながら探すと良いでしょう。鍵を探す際に重要なのは先入観を捨てると言うことです。ここには絶対無いと言う思いが逆に見つかりにくくしています。これは物探しには共通する概念なので是非、覚えておいてください。

車内に鍵を忘れてしまった場合

鍵の紛失でよくあるのが車内に鍵を置いたままロックしてしまうケースです。スペアキーでの対応が難しい場合は、ロードサービスを利用すると言う方法が手っ取り早いと言えます。特にJAFなどは対応も早く経験も豊富なので安心して任せられます。

どうしても見つからない場合

鍵を紛失してしまい、探した挙句どうしても見つからない場合は専門業者へ依頼しましょう。また、その際に重要な情報として「メーカー」「車種」に加え「停車位置」や「キータイプ」などが挙げられます。これらの情報を専門業者へ伝えると解決が早まります。

特にキータイプについては重要で、中でもイモビライザーキーだった場合、専用の工具等も必要になりますし、業者によっては対応していない場合もあります。キータイプが不明のまま業者に依頼してしまうと、対応出来ず出張料のみ請求されてしまうと言ったトラブルも起こりえますので注意してください。

警察へ紛失届けを提出する

意外と忘れがちですが、車の鍵を紛失してしまった場合は、警察へ紛失届けを提出しましょう。その際に紛失した際に状況や行動など詳細を伝えるようにしてください。詳細を伝えることで鍵の早期発見に繋がります。場合によっては紛失届けを提出する前に一度落ち着いて状況を整理しておくと良いかもしれません。

ディーラーヘ依頼する

車の鍵を紛失してしまった場合にディーラーへ鍵の作成を依頼することも可能です。ただ、この場合若干時間が掛かる為、車の利用予定の無い人に限ります。ディーラーへ依頼する為、もちろん純正の鍵が再作成されるため安心と言えます。

レンタカーの鍵を紛失してしまった場合

万が一レンタカーの鍵をなくしてしまった場合は、まずはレンタカー会社へ連絡してください。その先の対応を紛失者に代わって対応してくれる場合もあります。ただ、レンタカー会社の場合大概はスペアキーを保持しているため、個人の車の鍵よりは解決までの時間は早いと言えます。

レンタカー会社の鍵を紛失してしまった場合スペアキーで鍵の開閉は可能ですが、紛失により発生した対応について別料金を支払う必要があります。相場的には数万円になります。車の中に鍵を置いたままロックしてしまった場合などはJAFなどに連絡して対応を依頼した方が効率的と言えるでしょう。

予防策

車の鍵を紛失しない為の予防策について紹介します。そもそも鍵を紛失しなければ余計な心配をする必要もなく無駄な出費も抑えることが可能です。少しの努力で大きな効果がありますので、是非参考にしてみて下さい。

キーケースを付ける

最も簡単で効果が高い方法がキーケースを付けると言うことです。車の鍵は単体では小さな形状ですがキーケースを付けることで大きさも見た目も変わります。キーケースが引っ掛かってカバンやポケットから落ちにくくなると言う点でも優秀と言えます。また、キーケースに特徴がある為、紛失時の発見にも役立つと言えます。

保管場所を決めておく

鍵の紛失の原因で最も多いのが「どこに置いたか忘れてしまった」です。この場合の対策として鍵の保管場所を決めておくと言う方法が効果的です。鍵の保管場所を決めることで、その場所を片付ける習慣も身に付き、より鍵を紛失しにくい環境が作られます。

キーファインダーを利用する

最近ではキーファインダーと言って登録しておいたキーを捜索する機械を簡単に入手することが出来ます。最も簡単なところではスマホで操作できるアプリタイプなども登場しています。使用するタイプによって距離や精度に違いがありますが、GPS機能をつける事が出来るタイプもある為、発見の確率が大幅に上昇しています。

スペアキーを作成しておく

直接的な予防策ではありませんがスペアキーを作成しておくと言う方法もあります。注意点としては万が一紛失した鍵で車が特定されてしまった場合、車内荒らしや窃盗に繋がってしまうと言うことです。とは言えそのリスクは極めて低く利便性を考えた場合、スペアキーは作成して置いたほうが良いと言えるでしょう。

まとめ


車の鍵にはいくつかの種類がありますのでどのキータイプか必ず把握しておきましょう。キータイプによって紛失時の準備や行動に違いが発生しますので必ず押さえておきたいポイントと言えます。

車の鍵は小さな形状ですからいつ紛失してもおかしくありません。ですから紛失に備えて出来る準備は整えておきましょう。万が一車の鍵を紛失してしまった場合は、落ち着いて行動をとることが重要です。まずは、思い当たる場所から捜索しますが、合わせて警察へ紛失届けを提出しましょう。これにより見つかる確率が高まります。

鍵を紛失してしまうシチュエーションはいくつもあり、外出中、車内に加えレンタカーの鍵を紛失してしまうケースもあります。それぞれのケースで対処が異なりますので注意しましょう。鍵を紛失しないような予防策を立てておくと言うことも重要です。特に簡単ではありますがキーケースを付けるだけでも紛失の可能性を減らすことが出来るので、必ず付けるようにしましょう。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店