勝手口の鍵やドアノブの交換なら専門業者がおすすめ

住宅の中には、勝手口を導入しているところも多いのではないでしょうか。勝手口があれば、家の出入りが楽になり、解放感も生まれます。また、通気性も良いということもあって、近年は快適な住宅にするために、勝手口を採用するところが増加しています。
しかし、そんな勝手口に関しては、古い住宅にも採用されていることが多く、それが劣化や風化によって老朽化していることが多々あります。そうなると防犯やセキュリティの面で心配も多くなるでしょう。勝手口は玄関とは別の入り口ということもあって、実は鍵も簡易なものが多いです。玄関には堅牢な鍵を取り入れているのに、勝手口だけは簡易なもので済ませているということが多くなっています。犯人はそういう点を理解しているからこそ、空き巣では勝手口を狙うということも常習化しています。つまり、今後は勝手口の防犯・セキュリティもより重要となってくるのではないでしょうか。ここでは勝手口についてはもちろん、勝手口の老朽化の原因や犯罪・事件の標的になる理由について解説します。交換に関して考えている方は、ぜひ専門業者を活用してください。こちらの情報が、勝手口を持つ家の救いになれば幸いです。

この記事の目次

はじめに


勝手口は出入りもシームレスになり、より主婦を中心に人気となっている住宅の設備です。昭和の住宅などに採用されることが多いというイメージですが、その形を変えて平成の住宅などにも採用されています。もちろん、今後の時代にも勝手口は重要となってくるでしょう。
実際に海外では勝手口を採用している住宅が多く、家の出入りもよりスムーズになるようにしています。もちろん、通気性が良いということもあって、解放感も生まれています。そんな勝手口ですが、住宅によっては古くなっているものも多々あります。ドアノブが古くなっている場合は、犯罪や事件に巻き込まれてしまう可能性も高くなるでしょう。特に鍵が古いタイプのものだと、その影響も強く受けてしまいます。ここでは勝手口の鍵やドアノブについて、さまざまな面から情報を提供していきます。交換を考えている方は、今一度目を通していただけると幸いです。ぜひ、参考にしてみてください。

勝手口とは?

そもそも勝手口とはどういうものなのかというと、玄関とは別に用意された外への出入り口となります。昔から採用されていることが多く、昭和から平成にかけても多くの住宅に勝手口が採用されていました。
玄関とは違った性質を持つ出入り口ということもあって、実際には家族が使うというのが一般的です。玄関は来客なども含めて、他人も出入りできるもの、勝手口はちょっとした用事で外に出る時に家族が使うものというイメージが一般的かもしれません。事実、玄関に比べて勝手口は使い勝手の良さを追求しているため、鍵やドアノブに関しても簡易なものが多いです。言葉は悪いかもしれませんが、粗末な構造のものも多く、とても良い防犯やセキュリティとは言えない状況となっているものも多いです。空き巣などの犯人も、堅牢なガードの玄関を狙うよりは、勝手口を狙う方が多いでしょう。勝手口にはガラスなども採用されていることが多く、近年は侵入も用意です。
特に勝手口が古いものだと、やはり鍵やドアノブもすぐに突破されてしまうことがあります。犯人にとってこれほどまでに好都合な出入り口は他にないと言っても良いでしょう。しかし、だからこそ勝手口に関しては最新設備に交換する必要があります。老朽化してくると、より壊れやすくなってしまいますし、当然古くなっていると犯罪や事件の標的にもなりやすいです。日本は平和だと言われていますが、それでも事件がまったくないわけではありません。防犯やセキュリティの甘さが犯罪を誘発してしまっているということも、実は少なくありません。だからこそ、勝手口などがある家は、より質の良い鍵やドアノブに交換するのがおすすめなのです。

勝手口の老朽化の原因

勝手口というのは使えば使うほど、当然のように風化や劣化を繰り返します。ドアノブは外部に触れているということもあり、より環境の影響も受けやすいでしょう。それでいて鍵穴にも、その影響は大きく出てきます。そのため、意外にも大丈夫だと思っている家庭でこそ、ドアノブや鍵が老朽化していることが多いです。
勝手口の老朽化が進むと、よりドアそのものを交換しなくてはなるなど、費用も高くなることがあります。それならば、早い段階で鍵やドアノブを新調し、新しいものにしておくことがおすすめです。こからは勝手口が老朽化する原因について解説していきます。勝手口は玄関よりも簡易なものが多いからこそ、正直なところ耐久性などはそこまで高くありません。だからこそ、定期的にチェックしておき、老朽化していないかどうか調べることも必要となってきます。もちろん、老朽化している場合は、専門業者に依頼して修理もしくは交換してもらうようにしましょう。

・時間の流れによる風化

住宅などの建物は、時間の流れとともに風化していきます。忘れ去られるというのは、実は家族によって引き起こされる問題です。玄関などを普段から使っている場合、勝手口に関しては忘れてしまっているという方も多いでしょう。もちろん住宅の設備として採用されているので完全に忘れるということはありません。しかし、何を忘れるのかと言えば、メンテナンスなのです。このメンテナンスを忘れてしまうと、より時間の流れによって老朽化が激しくなっていきます。勝手口に関しては玄関よりも簡素に作られているので、メンテナンスをしなくなったら一気にボロボロになってしまうことがあります。そこは気をつけておくことが必要となってくるでしょう。特に昭和前後に建てられた住居では、勝手口も古くなってしまっていることが多いです。また、平成に建てられた住居でも、やはり時間が経過すれば古くなってしまいます。まずは管理を忘れることなく、しっかりとメンテナンスができるようにしておくことが重要となってきます。

・使う頻度による劣化

何度も使っていると、当然ですが劣化していきます。勝手口はその利便性もあって、普段から使うということも多いです。玄関などのように人から見られるところはメンテナンスをしっかり行っていても、勝手口などはあまり気にしていない方も多いでしょう。そうなると、使えば使うほど老朽化が進み、気がつけば鍵もドアノブもボロボロになっているということがあります。そうなると、やはり防犯やセキュリティのレベルは格段に低下してくるでしょう。子供や高齢者がいる場合は、特に開錠施錠も多くなり、さらには開け閉めすることも多くなるため、劣化も激しくなります。それぞれの家庭の状況によっても違ってきますが、利用者が多ければ多いほど、その分ドアにかかる負担も大きくなるのです。それが鍵やドアノブの劣化も引き起こし、最終的には防犯・セキュリティの効果を半減させることになっているとも言えるでしょう。もちろん、気をつけて使っていても、やはり場合によっては劣化してしまうことが多いです。頃合いを見て交換しましょう。

・地震や台風などの影響

日本は災害大国ということもあって、地震や台風の影響も受けやすいです。当然ですが、地震や台風を受ければ、その分住宅へのダメージは蓄積されます。玄関などの主要な出入り口に関しては、実は災害に備えてしっかりと作っていることが多いです。しかし、勝手口などは住宅の中でも裏口として作ることが多いため、耐久性はそこまで高くありません。そのため、何度も地震や台風などの災害を受けていると、当然ですが老朽化していきます。気が付けば、ちょっと触れただけでもガタガタと音を立ててしまうような勝手口になってしまうかもしれません。災害が多い日本では、建築物の耐久性に関してもしっかりと決められています。しかし、勝手口を採用すれば、当然ですが耐久性は落ちてくると言えるでしょう。そこも把握しておくことが必要で、場合によってはリフォームやリノベーションが必要となってくるかもしれません。まずは、勝手口が老朽化していないかどうか見極めてみて、ダメになっているようであれば交換も視野に入れてください。まだ鍵やドアノブの交換だけであれば、そこまでコストがかかるということもないでしょう。

勝手口が犯罪・事件の標的になりやすい理由

勝手口の老朽化が進んでいるにも関わらず、そのまま放置した場合はどうなってしまうのでしょうか。これに関しては、やはり犯罪の標的にされてしまうことが多くなります。事件の標的になれば、すぐに壊されてしまって家財を一切合切盗まれてしまうかもしれません。そういう事件は年々減少傾向にあると言われていますが、これからの日本は格差社会になるということも予測されており、軽犯罪が増えるかもしれません。
そんな時、万が一勝手口が古くなっていたりすれば、当然のように巻き込まれてしまう可能性も高くなっていくでしょう。それを避けるためには、まずしっかりと考えて行動することが必要となります。ここからは鍵やドアノブの防犯・セキュリティが甘い勝手口が、犯罪や事件の標的になりやすい理由について解説します。事実、勝手口を持つ家は、他の家に比べて犯罪・事件に巻き込まれることも多いです。だからこそ、しっかりと防犯・セキュリティに関しては、考えておくことが必要となってくるのです。

・狙いやすい


犯人にとって何が重要なのかというと、まずは狙いやすいかどうかです。玄関に関しては近年色々な防犯グッズやセキュリティアイテムを導入しているところが多いため、狙いにくい場合が多いです。しかし、勝手口は住宅の裏口として使っていることも多く、道路に面していないこともあります。そうなれば、犯人も他人から見られる心配もなく、犯行に及ぶことができるのです。だからこそ、勝手口は狙われやすいです。老朽化しているものだと、正直簡単に開けられてしまうこともあります。その道のプロであれば、ピッキングで簡単に開けてしまうかもしれませんし、実際にはもっと簡単な方法で開けてしまうかもしれません。このように、犯人にとって狙いやすいというのが、鍵やドアノブが古い勝手口なのです。もちろん、鍵やドアノブを最新設備にしておくことで、狙われる可能性は少なくすることができます。

・侵入しやすい

勝手口は玄関に比べて簡素な構造となっているため、犯人にとってはとても侵入しやすいものという認識があります。それこそ玄関の鍵などは複数設置されているものも多いですが、勝手口に関しては簡単なものが1つだけということもあります。そうなると、犯人にとっても犯行時間短縮となり、より仕事をしやすくしてしまうのです。当然ですが日本ではそういう犯罪や事件も多く、空き巣などは未だに多く発しています。そこも考えて対処していくことが必要となってくるでしょう。ただ、鍵やドアノブなどをしっかりと防犯・セキュリティ対応のものに交換しておけば、心配する必要はありません。まずは専門業者などに相談して、リフォームやリノベーションまでは言わずとも、鍵やドアノブくらいは交換しておいた方が良いかもしれませんね。、勝手口のセキュリティや防犯まで気をつけている方はそこまで多くないので、そちらから侵入されてしまうということも多いです。

・逃げやすい

犯人は最小限の時間で犯行を行い、逃げることが必要となります。玄関の場合は侵入するまでに時間もかかりますし、逃げるまでにも時間がかかるかもしれません。しかし、勝手口の場合は外部と直接繋がっているということもあって、とても逃げやすいことにもなっています。つまり、外部からの接続についても考えなくてはなりません。そこも防犯やセキュリティをしっかり対策しておけば、犯人に逃げる隙を与えないことにも繋がっていくのです。犯罪や事件にとって都合の良い物件になってしまっていると、何度も何度も狙われてしまうことがあります。事実、住宅の中には狙われやすいものと狙われにくいものがあるのです。それらに関しては、まずはじっくりと考えて対処していくことが必要となってくるでしょう。

鍵・ドアノブの交換なら専門業者

勝手口の鍵・ドアノブの交換に関しては、専門業者を活用することをおすすめします。専門業者であれば、勝手口錠に関しても精通しており、より強固などものにしてくれます。鍵はもちろん、ドアノブに関しても最新のものに交換しておけば、犯罪・事件に巻き込まれる可能性も下げることができるでしょう。鍵やドアノブが古くなっている方は、早めに交換しておくことをおすすめします。特に専門業者であればリーズナブルな価格で交換することもできるので、金額が気になるという方はまずは見積りしてもらってみてください。それによって費用やコストを計算できれば、よりレベルの高い防犯・セキュリティに変えるということもできます。ぜひ、それらの業者も活用してみてください。

まとめ


鍵やドアノブというのは、建物と外を繋ぐ重要なポイントとなります。しかし、そのポイントが老朽化などによって古くなっていると、犯罪や事件に巻き込まれることも多くなります。家を守るためにも、ドアノブや鍵に関しては、しっかりと良いものを採用しましょう。特に勝手口があるという方は、そちらの防犯・セキュリティも忘れないようにしてください。以外にも玄関には力を入れているのに、その他のところは粗末な場合もあります。専門業者を活用すれば改善していくこともできるので、まずは相談してみてください。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店