名古屋市で車のインロックを解錠してほしい

鍵開け8,000円~対応中!

名古屋市でダイハツ車のインロックを解錠!

本日は名古屋市のお客様から「車をインロックしてしまって困っている」とのご連絡をいただきました。

奥さま、お子さまとご一緒に観光でドライブに来られたとのことです。ある公園の駐車場に車を止め、携帯電話から弊社にお電話されていました。

ご両親が少し目を離したスキにお子さまがドアを閉めてしまい、鍵は車内に残された状態。つまり、お子さまだけが車内に閉じ込められてしまったのです。

真夏の暑い時期ではないため、熱中症にかかる危険性は低いものの、小さなお子さまですし不安で仕方がないことと思われます。逆に気温の低い時期ですと、低体温症にかかる恐れがあります。そうでなくとも、身体が冷えてしまい風邪をひいてしまう可能性もあるでしょう。

すぐにスタッフが現場に駆け付けることにし、お客様には30分ほどその場でお待ちいただくことになりました。

インロックしたのは鍵穴にキーを挿すタイプの車

お電話で伝えた時間通りに到着し、早速お客様の車を拝見しました。

中にはお子さまが閉じ込められており、大変心配そうな表情を浮かべています。お客様の本人名義の車とのことで、手持ちの財布の中に免許証を入れて持ち歩かれていたためご本人確認はすぐにできました。

さて、今回インロックした車は、2005年製のダイハツ車で従来の鍵穴にキーを挿し込んで解錠するタイプのものでした。

車の鍵と一言で言っても、その種類はいくつかに分けることができます。

お客様の車に搭載されているキータイプの鍵は、住宅の玄関にも使用されているので馴染みが深い方が多いでしょう。鍵穴とキーの形状が一致することでドアが開くようになっています。

古い車種ですとギザギザ形状のキーになっていますが、今は車上荒らし目的のピッキング対策がなされた、キーの左右が波がかったウェーブキーが主流となっています。

これより少し進化したのがリモコンキーで、鍵を挿さないでドアの開閉ができるタイプのものです。しかし、エンジン起動には鍵を用いる必要があります。ドアを開けるためのリモコンにエンジン用のキーが付いている見た目が特徴的。

これに対し、キーレスタイプのものをスマートキーと呼びます。インロックで最も厄介といえるのが、スマートキーです。

スマートキーの車種にはキーシリンダーが付いておらず、ピッキングされるリスクはかなり低くなりますが、インロックしたり鍵を紛失したりすると解錠が困難になります。

非常用の鍵穴が付いているタイプもありますが、スマートキー本体がなければエンジンを起動することはできません。スマートキーのインロック解錠や複製に対応できるのは一部の鍵屋のみとなるため、依頼しても断られる可能性が高いです。

もちろん、弊社ではリモコンキーにもスマートキーにも対応しています。

今回のお客様はどちらにも該当しませんでしたので、解錠にそれほど時間がかからないだろうと予想していました。

ピッキングで車の解錠に成功

ウェーブキーに代表される車の鍵を解錠する方法は二つあります。

一つは鍵穴を特殊工具でピッキングする方法です。住宅の鍵を紛失した際にも用いる手法ですが、プロの手にかかれば早ければ数分で解錠することができます。

もう一つは合鍵を作製する方法です。本キーがなくても鍵穴から鍵を複製することが可能なので、完成した鍵を用いて解錠すれば良いんですね。ただし、ブランクキーから削っていく作業になるため、相応の技術力が必要となります。

今回は鍵が車内にあるということなので、特殊工具で鍵穴をピッキングしての解錠となりました。

作業すること15分弱……

無事に車の解錠に成功しました!

閉じ込められたお子さまは作業中も終始落ち着かない様子でありましたが、車のドアが開くと途端に元気な笑顔を見せてくれました。ご両親もホッとされており、スタッフも安心しました。

今回は弊社にご依頼いただきありがとうございました。

スタッフの声

車のインロックでお困りの際は弊社にご相談ください

観光地で、サービスエリアで、商業施設の駐車場で……いつ何時発生するか分からないのが車のインロックです。

ディーラーに依頼しても、すぐに対応してもらえない場合もあり、さらに費用が高額になってしまうケースも少なくありません。

特にお子さまやお年寄りが閉じ込められたりすると、体力の消耗で命の危険にさらされる可能性もあります。

急なトラブルにお困りの際は、弊社にご連絡くださればスタッフがすぐに駆け付けます。

また、弊社ではイモビライザーキーにも対応しています。

イモビライザーというのは、登録済みの専用キーでなければエンジンの始動ができないキーシステムのこと。自動車盗難防止を目的に導入されており、EU諸国で義務化されて以降、2000年代に入ってから日本でも徐々に広まるようになりました。

スマートキーの車であれば、ほとんどがイモビライザーを搭載していると考えてよいでしょう。インロックでイモビ搭載スマートキーを紛失した場合、ドアが開かない上に車を動かせないという最悪の事態に。しかも、複製が困難なため他社に依頼しても断られてしまうことがあります。

イモビライザー搭載の車もそうでない車も、インロックや鍵を紛失した時には弊社にお任せください!