鍵をなくした!? 種類別最初の対処法と注意点を解説します!

8,000円~対応中!

「鍵をなくした!?」「鍵を落とした!」そんなピンチに最初にどう行動していいか分からないことも多々あるでしょう。自分の判断で動くのが心配な方は、一度目を通して確認してみて下さい。

今回は、鍵をなくしたときにまずやることから、実際の対処法まで紹介します

  • 鍵をなくしたらまず確認すること
  • 鍵をなくしたときの種類別の対応
  • 鍵をなくしても合鍵は作れる?
  • 鍵交換も合鍵作成もプロに任せよう!

まずは、鍵をなくしたときに最初に確認することについて紹介します。

鍵をなくしたらまず確認すること

身の回りを確認する

鍵をなくしたら、まず身の回りの確認をしてみましょう。ズボンのポケットやアウターのポケット、カバンの底やカバンのポケット、身の回りにないか一度荷物を整理しつつ確認してみましょう。

いつもあったところにない場合は、いつもとは違う場所にしまっていることが多いです。『灯台下暗し』で案外、意外なところに入っていたりします。

来た道を戻って確認する

今日一日の過去のスケジュールを確認して、どこに行ってどのような行動をしたのかできるだけ思い出してみましょう。

会社のロッカーの中、トイレの個室の中など案外ふとしたところにおいてある可能性もあります。来た道を戻ったりして、道端に落ちていないかも確認したほうが良いでしょう。

警察に遺失届を出す

警察署や交番で「遺失届」を出すことができます。もしも誰かが鍵を拾ってくれたら、「遺失届」を出しておくことで警察署や遺失物センターからの連絡が入ります。

頻繁に鍵を落としてしまう人は、鍵自体に大き目のキーホルダーをつけたり、チェーンやレールでつないだり、音の鳴る鈴をつけたりしておくと良いでしょう。自分が落としても、気付きやすいように工夫をしておくことが大切です。

鍵をなくしたときの種類別の対応

家の鍵をなくした場合

家の鍵をなくした場合は、できるだけ早くに鍵の専門業者に頼んで、鍵開けや合鍵の作成をしてもらってください。落とした鍵を拾われて、自分が留守の間に侵入される恐れもあります。

そのため、可能であれば合鍵を作成してもらうより、シリンダーまるごと交換してもらった方が良いでしょう

賃貸の鍵をなくした場合

賃貸の鍵をなくした場合は、大家さんか管理会社にお願いして対応してもらいましょう。大家さんか管理会社が合鍵を保持している場合、一時的に合鍵を借りて後日合鍵を作ってまた返却すると良いでしょう。

またそれでも防犯上の心配があれば、大家さんや管理会社から許可をもらい、鍵自体を交換しましょう。ですが、この鍵交換費用などは自己負担になるケースが多いので注意しましょう。

早朝や深夜などで、大家さんや管理会社に連絡が取れない場合は、鍵の専門業者にお願いして開けてもらい鍵の作成をしてもらいましょう。後日、大家さんや管理会社に鍵の紛失の旨を伝えておきましょう。

車の鍵をなくした場合

車の鍵をなくした場合は、鍵の種類によって料金などが変わってきます。最近の車の鍵は、リモコン式のスマートキーが大半です。また、イモビライザーという防犯装置がついている場合もあります。事前に車種や年式を調べておきましょう。

また、ディーラーに頼むこともできますが、鍵が手元に届くまで約2週間ほどかかります。急ぎの場合は、鍵の専門業者に依頼するのが良いでしょう

▼賃貸の鍵を紛失して最初にやるべきことを詳しく紹介します!

賃貸の鍵を紛失した!? 最初にやるべき対処法をまとめて紹介

鍵をなくしても合鍵は作れる?

鍵をなくして合鍵が1本もなくても鍵は作れる

メインで使用していた鍵をなくしてしまった際、合鍵が1本もない場合もあるでしょう。この場合でも鍵は作成可能です。鍵の専門業者は、鍵穴を確認することでメーカーや鍵の種類がわかります。

鍵の専門業者に「鍵をなくしてしまい、手元には1本もないこと」「緊急性が高いこと」の2点を伝えて鍵作成を頼んでおけば、現場に直接赴いて確認してくれます。ですが、鍵が1本もない場合は通常の合鍵作成よりも時間と費用がかかりますので、注意しましょう

心配であれば鍵交換しよう!

合鍵を作成して入れたとしても、そこで問題解決という訳にはいきません。落とした鍵が誰かに拾われて悪用される恐れもあります。そのため、落とした鍵が見つからない場合は、鍵の交換をおすすめします。鍵交換しておけば、拾った鍵では開錠できません。

鍵交換する時間が無い場合は、補助錠を取り付けて防犯を強化しておくこともおすすめします。

鍵を頻繁になくしてしまう方は……

「鍵自体を持ち運びするのが怖い」「鍵を頻繁になくしてしまうので心配」という方は、鍵交換の際に電子錠に変えてしまうのもありでしょう。電子錠もさまざまなタイプがあります。

カード式

指紋認証

暗証番号

リモコン式

カード式やリモコン式になると、カードやリモコンを持ち運びしないといけませんが、指紋認証や暗証番号であれば、鍵自体が必要なくなるのでおすすめです。生活スタイルに合った鍵に交換するのがベストでしょう。

鍵交換も合鍵作成もプロに任せよう!

鍵をなくした際はプロにお願いしましょう

「鍵をなくした」「鍵をなくして心配だから鍵を変えたい」など、鍵をなくしたことによるピンチの場合は、プロに対応をお願いしましょう。

また弊社「KEY110」では、資格を持ったプロが合鍵作成や鍵交換なども即日対応致します。他に鍵のトラブルやお困りごとなどがございましたら、「KEY110」にお気軽にご相談下さい。

▼「KEY110」では即日対応で鍵交換や合鍵作成を行っていますのでお気軽にご相談下さい。

KEY110【鍵開け・鍵修理・鍵交換・鍵作製・合鍵作成】