セントリー(Sentry)の金庫が開かないときの対処法を詳しく解説!

8,000円~対応中!

「セントリー(Sentry)の金庫が開かない」「テンキーの暗証番号を忘れた!」など金庫での鍵が開かないトラブルは、頭を悩ませますよね。実際にセントリーの金庫の開け方について、対処法を紹介します。

セントリーの金庫は、形式がさまざまあります。その形式の特徴を知ることで金庫のトラブルから回避できる場合もあります。

  • 金庫が開かなくなったら
  • セントリーの金庫が開かないときどうする?
  • 自力で直せる?
  • 万が一故障している場合は……

実際に自分が持っているセントリーの金庫が、どのようなものでどういった症状なのか把握することから始めましょう。

金庫が開かなくなったら

購入時の説明書を見て確認する

金庫が急に開かなくなったら、まず購入した金庫の説明書を読んでみることから始めましょう。案外、開け方や鍵の閉め方などが書いてあるので説明書を見ただけで簡単に対処できてしまう場合もあります。

メーカーの連絡先を調べておく

実際に、説明書を見ても分からないことがあります。メーカーに連絡したいときに、慌てて連絡先を探しても見つからないまま、対応する時間帯を過ぎてしまうことにもなりかねません。

対応してくれる時間帯と、連絡先を事前に調べておくことが大切です。

セントリーの金庫が開かないときどうする?

鍵を無くした場合

鍵付き形式の金庫の鍵を無くしてしまった場合は、メーカーに連絡してスペアキーを作ってもらうのが得策でしょう。金庫が開かないことで、無理やり鍵をこじ開けたりしないように気を付けましょう。鍵穴が広がったりすると、ますます開けにくくなる場合があります。

暗証番号を忘れてしまった

テンキー式の金庫の暗証番号を一桁も思い出せずに忘れてしまった場合、実際にメーカーに問い合わせをすると対応してくれます。問い合わせる際は、営業時間帯を確認しておきましょう。

自力で直せる?

電池が切れている可能性

テンキー式の金庫が電池切れに近くなると、黄色のランプが点灯します。これが電池の交換時期です。電池を使っているものであれば、電池ボックスをスライドして電池を交換することで、開けられるようになります。また、気付かないうちに電池切れになってしまったら、電池を入れ替えて説明書に記載されている工場番号を入力すると解除できるようになります。

セキュリティロックがかかっている

セントリーのテンキー式金庫は、3回連続で間違えると2分間ロックが作動する仕組みです。時間が経ってから、再度打ち込みましょう。

※セキュリティロックがかかっているときには、電池を抜くとさらにロックが長引いてしまいます。電池を抜かないように注意してください。

ダイヤル式は回し方にコツがある

ダイヤルを最初に10回ほど同じほうに回し、リセットをかけます。ダイヤル式の場合、合わせる番号の数によって回し方が決まっています。なので4桁の場合は右に4、左に3、右に2、左に1の順番で合わせるようになっています。回し方が分からない場合は、説明書で確認してみるのがいいでしょう。

このやり方でうまくいかない場合は、内部部品の破損などで修理をしないといけない状態になっている場合もあります。その際は、鍵の専門業者にお願いするといいでしょう。

補助鍵がある場合は

補助鍵がついている場合、ダイヤルを回す前に補助鍵を先に開けて回すようにしましょう。万が一、補助鍵を無くしてしまったら、メーカーで取り寄せができます。

万が一故障している場合は……

急いで直してほしいのならプロに頼ろう!

いくらやっても上記の方法で開かない場合は、金庫自体の故障かもしれません。金庫の故障で開かない場合は、内部の破損や劣化によって開かない場合があります。ぱっと見だけでは、故障かどうかも分からない場合もありますので、実際に鍵の専門業者に相談することから始めてもいいでしょう。

「誰を頼ればいいか分からない」「どうしても今日中に開けたい」など、心配や不安がありましたら即日で対応致します。身近な鍵のトラブルやお悩みがありましたら、ぜひ弊社「KEY110」に相談してください。