スーツケースの鍵を無くした場合の対処法について紹介します!

円~対応中!

楽しい旅行の最中、荷物を開けようとしたら「鍵がない!」「どこかに無くした!」となってしまったら、かなり焦りますよね。そんなときにまずどんな対応を取るべきなのか、スーツケースの鍵を無くした際の対処法について紹介します。

鍵を無くしたら、自分でそのときの状態によって最善策を選びましょう。

  • 鍵をまず無くしたらすること
  • 閉まったまま鍵を無くしたら
  • 開いたまま鍵を無くしたら

鍵を無くしたことは、誰でも一度は通る道でもあります。まず、周りを確認することから始めましょう。

鍵をまず無くしたらすること

身の回りをもう一度確認する

上着のポケットやズボンのポケット、またカバンの奥底に眠っていたなんてこともあります。鍵も小さいものなので、キーホルダーなど付いていなければ、狭い隙間に入り込んでいることもあります。見つかるのであれば、キーホルダーなどの分かりやすいものを付ける工夫などをしたほうがいいです。ここで見つかればいいのですが、見つからない場合が多いでしょう。

訪れた場所に届いていないか確認する

訪れた場所でたまたま落としていたら、その場所に保管されている可能性もあります。その場所のインフォメーションやスタッフの方などに聞いてみるのもありでしょう。親切な方がそっと拾って届けている場合もあります。

自力で開けてみる

鍵を無くしたけど、すぐ必要だから無理やり出すしかない場合は、「ジッパータイプ」などであれば、ジッパーの隙間にボールペンをねじ込んで開けられることもあります。

「鍵付きタイプ」の場合は、安全ピンやヘアピンなどをうまく使うと開けられる可能性がありますが、一般の方からすると、かなり時間がかかってしまうため、あまりおすすめはできません。

鍵のタイプによっては開錠が難しいものもあります。その場合は、鍵の専門業者を呼べばきれいに開けてくれる可能性が高いです。

閉まったまま鍵を無くしたら

空港で無くした場合

リペアサービスを利用する

空港には、「リペアサービス」というサービス施設があります。スーツケースの開錠や、スーツケースのキャスターの油差し、合鍵の作製まで行ってくれるサービスです。万が一空港で無くした場合は、リペアサービスでお願いするといいかもしれません。

空港には、必ずしもリペアサービスがあるわけではありません。その場合は、空港で鍵の専門業者を呼んで対応してもらうのがいいでしょう。

旅行先で無くした場合

旅行先の鍵の専門業者にお願いする

旅行先で無くした場合、その場所での鍵の専門業者さんに頼むのが一番早いです。旅行先で鍵の専門業者を頼むのも怖いなと感じる方もいらっしゃるとは思いますが、ホテルに相談して、対応をお願いできる場合もあります。心配な方は、まずホテルのフロントに相談してからでもいいかもしれません。

時間に余裕がある場合

メーカーに修理してもらう

旅行までの時間に余裕がある方であれば、メーカーに頼んで代用のスペアキーを作成してもらうことができます。ただ、作成に日時がかかりますので、余裕のあるときにお願いするのがいいでしょう。

開いたまま鍵を無くしたら

スーツケースのベルトで押さえる

スーツケースを開けたまま、鍵を無くしてしまったら、スーツケース用のベルトで無理やり押さえると楽です。ただ、周りから圧をかけてベルトで押さえるので、スーツケース自体の劣化につながったり、隙間から物が落ちる可能性もありますので注意しましょう。

空港のラッピングサービスを利用する

空港では、ラップ状のフィルムで荷物を巻いてくれる「ラッピングサービス」があります。スーツケースの破損や、盗難などを防止するためのサービスです。空港によって費用も変わってきますので、その空港ごとの値段で対応してくれます。

最悪の場合は、中身を別のカバンに入れ替えたり、中身を段ボールなどに入れて配送するのも手ではあります。

スーツケースの鍵を無くしてもまず冷静になること

スーツケースの鍵を無くしたといっても、旅行先なのか道中なのか、いつどこで無くすかも分かりません。

焦りすぎると逆に見誤った対処法で、スーツケースを壊してしまったり、分解したことで直せないということもあります。緊急の場合は、鍵の専門業者に頼んでもらうのが一番スムーズな方法です。

また弊社KEY110ではスーツケースの鍵開けも対応しています、ぜひご相談ください。