物置の鍵を紛失した際の対処法を解説【もう失くさない方法】

円~対応中!

「久しぶりに物置を開けようとしたら、鍵が見当たらない。物置の鍵を紛失した場合、どうすればいいのかな…」という方は、多いと思います。物置の鍵は普段使わない分、失くしやすいですよね。とは言っても、大切なものが入っている場合もあるので、すぐに解決したいでしょう。

そこで今回は、以下の内容について解説します。

  • 物置の鍵を紛失した際の対処法
  • もう物置の鍵を失くさない方法

KEY110には、全国で28万件以上の鍵トラブルの依頼があります。国税庁やJR東日本など、有名企業からも依頼を受けています。記事の信頼性は確保されているので、ぜひ参考にして物置の鍵のトラブルを解決してください。

物置の鍵を紛失した際の対処法

物置の鍵を紛失した際の対処法は、主に2つあります。それぞれ長所と短所があるので、自分に合った方法で解決してください。

  • スペアキーを作成する
  • 鍵業者に依頼する

スペアキーを作成する

物置の場合、元の鍵がなくてもスペアキーを作成できます。販売店に以下の情報をメモして提示すれば、OKです。ただ、作成に少し時間がかかります。店舗にもよりますが、2週間程度かかることが多いです。費用は安めなので、今すぐ必要でない方におすすめの方法です。

メーカー名の調査

物置には、製造元のメーカーが存在します。代表的なものは、以下の3つです。

  • イナバ
  • ヨドコウ
  • タクボ

組み立て説明書などを見つけ、ご利用のメーカーを確認してください。説明書がない場合は、物置の右上などにロゴが記載されています。忘れないように、きちんとメモしてくださいね。

物置の型番の調査

物置には、型番という概念があります。分かりやすく言うと、車の車種のようなものです。それぞれで鍵の種類が違うので、ご利用している物置の型番を調べる必要があります。方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 物置の中に記載されていないか確認
  • メーカーのホームページで確認
  • 物置を購入したお店で確認

鍵番号の調査

鍵番号は、鍵穴の近くに小さい文字で刻印されています。縦書きか横書きかなど、メーカーによって異なりますが、鍵穴の近くを探せば間違いありません。間違えた鍵番号で注文しても意味はないので、慎重に確認してくださいね。

鍵業者に依頼する

鍵業者は、物置の鍵の開錠やスペアキーの作成など、あらゆる依頼に対応しています。即日対応の業者がほとんどのため「今すぐ物置を開ける必要がある…」という方には、適しています。販売店よりも少し高いですが、時間がかからないのは大きな魅力ですからね。

弊社、KEY110では物置の鍵開けの依頼をお受けしています。全国各地に多数の拠点があるため、ご連絡いただいた日に問題を解決します。年中無休で対応しており、夜間のトラブルでも安心です。物置の鍵開けは、8,000円より受け承っております。作業前に無料でお見積もりを行うので、興味のある方は電話・メールでお問い合わせくださいね。

0120-961-976

メールで無料相談する!

もう物置の鍵を失くさない方法

物置の鍵を紛失すると、お金と時間がもったいないです。いくら大事なものが入っているとはいえ、何度も失くしてしまうと、日常生活に支障がでますからね。そこで、以下の2点に気を付けて、鍵の紛失を防いでください。

  • 置く場所を決める
  • 大掃除で処分しない

置く場所を決める

物置の鍵を置く場所は、毎回同じ場所にしてください。一回ごとに置く場所を変えると、次使う際にどこに置いたのか、分からなくなるからです。下駄箱の上などに鍵の入れ物を作り、まとめて入れるのがおすすめです。玄関や車の鍵など、一括で管理したほうが楽ですからね。

大掃除で処分しない

大掃除をすると、使っていないものは処分しますよね。鍵なども、例外ではないはずです。物置の鍵は使う機会が少ないため「よく分からないから捨てちゃおう!」と、なってしまうケースがあります。いざ使おうとしても、もう手元にはありません。そんな不手際を防ぐためにも、倉庫の鍵には目立つキーホルダーなどを付けるのがおすすめですよ。

キーホルダーをつける

鈴のキーホルダーなどを付けるのも、方法の一つです。キーホルダーを付ければ、鍵を動かした際に「カランカラン」と、音が鳴ります。落とした際にすぐ気づけますし、ゴミ袋に紛れても、回収可能です。普段使わない物置の鍵だからこそ、目立つように管理するのは大切です。