日産ノート&モコの鍵の登録と紛失時の問い合わせ先まとめ

日産ノート&モコの鍵の登録と紛失時の問い合わせ先まとめについてですが、何よりも車を購入した店舗へ問い合わせしてみるようにしましょう。日産ノートやモコなどは、従来のカギとは違がっていてスペアキーなどを自分で作ることが難しいといえます。しかし、車のカギをなくしてしまうというケースも少なくない状態ですが、そんな際にはどのように対処すればよいのでしょうか。鍵の登録と紛失した際の問い合わせや対処について知ることにより、車のカギをなくした際にも慌てることなく、対処することができると思います。焦りしか出ないというケースが多い中でどのように車のカギを作ればよいのか、どこに相談すればスムーズに車の鍵を作成できるのかを知ることにより、なくした際も安心できると思います。

この記事の目次

はじめに

日産ではたくさんの車を販売していますが、その中でカギなどをなくしてしまった場合やキーをしたままドアを閉めた際には業者を呼んで対処することが多いと思います。しかし、最近では車のカギも進化していて、スペアキーなどが簡単に作ることができないようになっています。今までは鍵屋さんに行けば何個でもスペアキーを作ることができる時代でしたが、車の盗難防止などのために今の時代は進化しています。その中でカギをなくした際などにはどう対処したらよいのかという疑問や不安などを抱えている人も多いと思います。特殊なカギという事でどうすればよいのかわかりませんが、日産などに問い合わせを行ったりする人も多いと思いますが、問い合わせの際には個人情報などの情報が必要となり、型式や車の車種など様々な項目を効かれて面倒と感じる人も多いと思います。その中でカギをなくした時の対処法を知ることにより焦ることなくスムーズに車を乗ることができます。

車のスマートキーを紛失したら

今の時代は車がハイテク化していて、キーもカード型が主流になってきています。ポケットやバッグに入れておくだけで取り出すことがなくドアのカギを開け閉めできるだけでなく、エンジンの始動までできるように進化しています。しかし、その半面ではキーを目にする機会が減ってしまうという事でなくしてしまったことに気づきにくいという利点があります。バッグにしまっていたのにと考えてなくした場所もいつなくしたかも知らないままカギがなくなるというケースもあります。昔のシリンダー型のキーは、落とすと金属音がするし手にもってカギの開け閉めを行うので落とすとすぐに気づいていましたが、今のカード型のスマートキーはカバーに入れている人も少なく落としても音がすることもなく、車で出かけようと思ったときにドアを開けようとしてなくしたことに気が付いたというケースも多いと思います。記憶をたどって必死で探すと思いますが、探しても見つからない場合には、スマートキーを作り直す必要がありますが、日産のスマートキー、スペアキー、イモビライザー設定など車種によりますが、費用が13000円~となっています。更にスマートキーの交換する場合には、キーだけを作れば済むという事ではなく、なくしたキーで誰かに悪用されてしまう可能性もありますので、キーを紛失して作り直す場合には、安全面に考慮してシリンダー式のキーで、キーを変えて、キーシリンダーも同時に帰る必要があり、キーを変えることによりキー自体のIDのようなものも変わるのでIDを受ける車のキーのコンピューターの設定も変える必要があるのです。

インテリジェントキーについて

日産のノートやモコはインテリジェントキーになっていますが、キーを無くしてしまう事を考えるともう一つ欲しいと感じる人も多いと思いますが、カギの追加をする際には、きちんと日産で購入する必要があります。インテリジェントキーを購入する費用としては2万円程度となっていますが、車両への登録が必要になってきますので日産のディーラーで行ってもらうことが何よりも重要になります。実際にキーが2本ついていることが多いのですが、日産ではインテリジェントキーが2本付いている場合もあれば、インテリジェントキーとスペアキーの2本の場合は、モコなどの軽自動車についてはインテリジェントキーが1本しかついていない場合もありますので、予備が欲しいと感じている人は最初に購入するのがおすすめできます。日産のノートやモコについては何よりもディーラーで購入する事が良いといえます。最近では中古品などがネットと販売されていますが、登録の必要があり、ディーラーで行わないと自分では行うことができないので、カギを無くした場合には登録が必要という事もあり、日産のディーラーにお願いするようにしましょう。鍵だけを購入しても車を動かすことができず、内蔵されているデータに登録を行う必要があり、インテリジェントキーを無くした場合には、カギ代と登録料が必要となってきます。新品でカギを購入すると少し高いと感じますが、中古で購入するよりも新品で購入するほうがおすすめできます。昔と比べると不便だと感じている人も多いと思いますが、その反面ではセキュリティ対策がしっかり行われていますので安心して車を所有することができます。

車のカギを無くした時の対応

車のカギを無くしてしまうと何よりも焦ってしまいますが、重要な事は、焦らず落ち着いてゆっくりと考えてみるようにしましょう。また、深呼吸を行ってゆっくりと考えることにより、緊張している状態から心を落ちるかせることができます。自分自身が落ち着いたときにゆっくりとなくすまでの間の行動などを思い出してみましょう。外でなくしたという場合には、警察に車の鍵を紛失したという届け出を出す必要があります。それからカギを作成していきますが、ディーラーにお願いするか鍵屋さんに相談するかしっかりと決める必要があります。その中でどちらが自分に合うのかメリットとデメリットを踏まえて考えていきましょう。・ディーラーに相談する場合のメリットとしては、確実に作成が可能で悪意のある人に拾われた場合のことを考えると鍵ごと交換することができて、低コストで済みます。デメリットとしては、その日に作成するのは難しくカギが手元に届くまで1週間以上かかる場合も多いのですが、すぐにでも車を乗る必要があるという人はディーラーに相談しても鍵屋さんをおすすめされる場合があります。日産のノートやモコを購入した場合には、日産のディーラーにお願いしても登録などの作業が必要になってくるので時間がかかってしまうのです。・鍵屋さんに相談する場合のメリットとしては、その日に鍵を作成することができて、その場に駆けつけてくれて作成してくれるので移動などをする必要はありません。デメリットとしては、必ずカギを作成できるというわけではなく、鍵の交換が対応できない場合もあり、コスト面でも高くなってしまう可能性があります。その理由としては、その場に駆けつけてくれるというメリットの中にありその場での作成になってしまうと出張費などが発生してしまうのでコストが高くなってしまうのです。実際に車のカギを紛失した際には、ディーラーと鍵屋さんのどちらを選んだら良いのか迷ってしまいますが、選ぶポイントとしては自分の状況で判断する必要があります。

鍵の種類

車のカギといっても種類があります。実際に鍵を紛失しまったときには、鍵を作成してもらう必要がありますが、鍵屋さんでは作成することができない鍵もあります。・キーレスキーは、リモコン操作によりドアロック開閉を行います。エンジンを始動場合には、鍵をカギ穴に挿して回して始動させる仕組みとなっています。・スマートキーは鍵をポケットに入れたままでもドアロックの開閉ができて、エンジンをかける際にもキーが近くにあればボタンを掛けるさけで始動させることができるタイプのものです。スマートキーについては、メーカーにより呼び方が異なっていますが、トヨタはスマートエントリー&スタートシステム
日産はインテリジェントキーシステム
ホンダはHondaスマートキーシステムスズキはキーレススタートシステム
スバルはキーレスアクセスシステム
三菱はキーレスオペレーションシステム
ダイハツはキーフリーシステム
マツダはアドバンストキーレスエントリー&スタートシステム
となっています。ディーラーではどの鍵の作成も可能となっていますが、鍵屋さんで作成できるカギはリモコン部分はキーレスー、スマートキーともに対応していないことが多いので基本的にはリモコンはディーラーで作成してもらう必要があるので、鍵もリモコン部分も一緒に作成できるディーラーで作成するのがおすすめできます。最近ではリモコンキーが多くなっていますが、どの車種やメーカーにおいてもリモコンキーが採用されるようになっていますが、大事なリモコンキーの場合には、ドアが開かない場合には故障してしまったのかもと考えている人も多いと思いますが、電池がなくなってしまっている場合もありますので電池を交換してみるようにしましょう。リモコンキーの電池交換については、側面についているレバーを押して内蔵されているカギを抜き取り、プラスチックのカバーが2枚重になった構造で抜いた部分を見るとくぼみがあります。その部分をドライバーを使ってこじればパカッと開くようになっていますので、ひねるように開いたら丸い電池が見えてきます。同じ種類の電池をはめかえるだけで簡単に交換することができます。まず交換する前に電池を確認する必要があり、電池はホームセンターなどで手軽に購入する事が出来ますが、自分で交換するのが難しいと感じている人はディーラーにお願いするようにしましょう。

イモビライザーの特徴

イモビライザーは鍵の中にチップが埋め込まれていて、認識されたチップでないと同じキーの形状であってもエンジンを始動くさせることができない防犯システムとなっています。車をロックしているまま触れてしまうと大きなアラームが鳴ってしまうものをイモビライザーという人も多いのですが、それは防犯システムです。イモビライザーという物を判断するためにはステッカーが目印となります。鍵マークのステッカーが車の窓に貼られている場合には、イモビライザーと判断することができます。また、車のメーター周りのインジケータランプでカギのマークがある場合には搭載されています。イモビライザーが搭載されている車の場合には、鍵屋さんではカギを作ることができず、キーの作成を行う際にイモビライザー専用の機械が必要になってくるのでディーラーで作成する必要があります。日産の車の場合には、日産のディーラーならどこでもお願いすることができるので、実際に自分が通いやすい車屋さんでお願いするようにしましょう。特殊というわけではありませんが、その鍵でしか車を動かすことができないという防犯システムとなっています。今の時代は、何が起こってしまうかわからないという事もあり、防犯システムを搭載している車も多くなっています。

まとめ

今の時代は車のキーについても便利になっていると感じますが、リモコンで開け閉めする手軽に使えるものですが、エンジンをかける際もボタンを押すだけの仕組みになっているものもあります。鍵を手に取ることなく車のエンジンをかけることができる仕組みにはなっていますが、便利ですが、手にすることがないということで鍵を紛失してしまってもわからないというケースも多いようです。また、鍵を交換するにあたっては、車とカギの情報を登録し直す必要もあり、ディーラーにお願いしても2万円程度かかってしまいますし、すぐに作成することができず、車を乗ることができない期間ができてしまうという事もしっかりと頭に入れておく必要があります。また、車のメーカーや車種などにより鍵の種類に違いがあり、同じ仕組みのカギでも呼び方が違うという事も覚えておくと便利だと思います。車の鍵は手にもって開けるという常識から、車のエンジンは鍵をさしてかけるという事からボタン一つで始動ができるという便利な時代になっているのですが、それなりに紛失した際などは合鍵をすぐに作るという事が出来ないようになっています。個人的な意見としては、便利だと思いますが、仕事などに支障をきたしてしまう人も多いと思いますので、しっかりとカギを管理しておくようにすることが何よりも大切だと思います。更に昔は車の合鍵も数百円で作ることができましたが、数万円となると家計への負担も大きくなってしまうという事が言えます。しかし、逆に防犯面においては安心して車を保有することができるという最大のメリットもありますので、新車の購入を検討している人は、鍵を紛失した際のこともしっかり視野に入れて考えるようにしましょう。車を所有している側にとっては、鍵を紛失したらしばらくは乗れないという結果につながってしまいますが、なくさないように管理するように意識する事でカギを無くさずに、必要意外の費用もかけずに済むと思います。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店