アルファードのイモビ・リモコン・スマートキーが紛失・故障した場合の対処法


大手自動車メーカーが採用している近年のキーは、年々ハイテク化が進んでいます。特に近年アルファードなどを手掛けるトヨタで採用されているのがイモビライザーキーと呼ばれるものです。これはトヨタ車などではほとんどで採用されており、特にアルファードの鍵にも使われています。その他、車のキーとして使われているものだと、リモコンキーやスマートキーというのが多くなっています。昔のように鍵穴に差し込んで利用する自動車そのものが少なくなってきたと言えるでしょう。
事実、車の鍵にイモビライザーキーやリモコンキー、スマートキーが採用されていないと、実は簡単に開けられてしまうことがあります。犯罪や事件の標的にされてしまっては危険ですよね。だからこそ、近年はトヨタなどの大手自動車メーカーでハイテクな鍵を採用するようになっているのです。ただ、それらのキーに関しては、紛失や故障というリスクもあります。車に乗ろうと思っても、鍵を失くしたり壊れていたりすると、ドアは開けられません。ここでは、それらの車の鍵紛失・故障時の対処法についてはもちろん、車に採用されている鍵などについても紹介します。アルファードなどトヨタ車に乗る方も参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

はじめに

ここからは車に採用されている鍵について、色々な情報を解説していきます。普段からアルファードなどのトヨタ車に乗っている方はもちろん、他の車でも新しい鍵が採用されている方は、目を通しておくと良いかもしれません。
この記事は、あくまでも鍵のトラブル・問題に特化しているので、鍵に関連した悩みがある方にとっては役立つはずです。ぜひ、読み進めてみてくださいね。

アルファードのイモビライザー

トヨタが提供するアルファードには、イモビライザーが採用されています。もともと車の鍵は通常のキーシリンダーと内部のキーの鍵山が一致するとエンジンがかかるようになっています。しかし、それでは鍵さえ合っていれば、誰でも開けてしまうことができるということになってしまいます。
それを防ぐために開発されたのが、通称イモビと呼ばれるイモビライザー技術です。これがあることによって、車の防犯・セキュリティは格段に向上したと言えるでしょう。ここからはイモビライザーの特徴とメリット、デメリットを解説するのでアルファードなどに乗る際には、知っておくと良いかもしれません。特にアルファードに限らず、トヨタ車のほとんどに採用されているので、トヨタを愛用している方は知っていて損はありません。

イモビライザーの特徴

イモビライザーというのは、専用のキーに埋め込まれた電子チップが持つ固有IDコードと、車両に設定されているIDコードが照合されて、初めてエンジンを起動することができるシステムです。つまり、他の鍵では開けることが当然できませんし、電子的に照合するため、防犯やセキュリティの面でも大きな効果を発揮します。
ちなみに、イモビライザーに採用されているIDは暗号化されているため、解読するのは複雑で難しいです。何百何千というパターンの中から組み合わせを見つけなくてはならないため、犯罪や事件の標的にされる可能性は格段に減ります。イモビと呼ばれて車愛好家からも信頼されているイモビライザーは、まさに最先端技術が生み出した車の防犯・セキュリティ技術だと言えます。今後開発されるトヨタ車はもちろん、世界標準としても起用されており、ヨーロッパなどでは1995年からすべての車に設置することが義務となりました。EU諸国は車社会も加速しているため、法整備によってもイモビライザーの普及が強くなっています。
むしろ日本ではまだまだ従来のキーを使っている方が多いので、今後はよりイモビライザーキーの活躍が増えていくでしょう。車の安全を考えるなら、ぜひイモビを採用したいところですね。

イモビライザーのメリット

イモビライザーのメリットとしては、まず防犯・セキュリティの面で強いという点にあります。複製することもまず難しく、それでいて暗号化された設定を解読することもかなり難しいです。もしできたとしても、相当な時間がかかることでしょう。そのため、犯罪や事件にそもそも巻き込まれる確率が低いとも言えるのです。
もちろん手口は多様化しているため、今後どうなるかはまだまだわかりません。しかし、現行のキーの中ではかなりの高性能だと言えるでしょう。今後、日本でも導入がヨーロッパ同様に義務化されるかもしれませんね。その他のメリットとしては、やはり安全という点が魅力だと言えるかもしれませんね。イモビライザーに関しては、ドアの開閉をサポートしてくれる機能などはありませんが、これがないとエンジンをかけることができません。つまり、子供や高齢者の方がいる場合、勝手にエンジンをかけてしまうということもありません。そういう意味では安全性も高いと言えるでしょう。
ちなみに、イモビライザー単体ではなく、リモコンとの併用が主流です。それぞれの機能を分けることによって、より安全性は高くなるとも言えますね。

イモビライザーのデメリット

イモビライザーのデメリットとしては、複製が難しいがために、紛失や故障した際には対処が大変という点があります。電子的なIDの組み合わせによって暗号化されているため、一度キーを失くしたり壊したりしてしまった場合は、対処も面倒です。その手間を考えて、従来のキーを使っているという方もいるくらいです。その他、デメリットと言えるのが防犯・セキュリティ面は強くても、手口によっては従来のキーと変わらないという点です。そもそもイモビライザーはエンジンの起動を防止するものなので、鍵がない方は開錠ができません。
しかし、車上荒らしに窓を破られたり、窃盗犯にレッカー車で持っていかれたりする可能性もあります。そういうことに関しては、まだまだデメリットと言えるのではないでしょうか。

車のスマートキー・リモコンの種類

車に採用されているキーの中でも、近年は色々なものが登場しています。簡単に言うとトヨタ車などではイモビライザーキータイプが主流ですが、その他だとリモコンキータイプやスマートキータイプがあります。それぞれ特徴は若干違っているものの、どれも近年多くの車に採用されているので、車の購入の際には検討してみてはいかがでしょうか。ここでは車に採用されているそれぞれのキーについて解説します。それぞれ似たようなものだと思っている方がいますが、実はその特徴も違ってきます。そこを理解して、防犯・セキュリティの意識を高めていきましょう。
どの鍵を選ぶかによっても違ってきますので、特徴を把握しておくと良いかもしれません。

イモビライザーキータイプ

アルファードなどのトヨタ車に採用されているのが、イモビライザーキータイプです。これは前述の通り、電子的に暗号化されたIDを照合することでしか開錠できない鍵となっています。照合のパターンは数百数千あると言われているため、素人が何かしらの手を使って突破するということはまず難しいです。
もちろん、これがないとエンジンがかからないので、開錠されたとしても車を盗まれるという心配はありません。手口によっては弱いですが、普通の犯罪であれば防ぐことが可能です。世界でも採用が広まり、特に日本車でも今後はよりイモビライザーの採用が増えていくでしょう。日本は安全ということもあって、車の盗難なども他国に比べると少ないです。ただ、それでも犯罪や事件というのはいつ発生するかわかりません。それを考慮した場合は、やはりイモビの力が必要となってくるのではないでしょうか。

リモコンキータイプ

キーレスエントリーシステムなどに採用されていることが多いのが、リモコンキータイプです。いわゆるタッチするだけで鍵の施錠開錠ができる機能を持っているものを言います。リモコンドアロック付きのキーのことを言い、イモビと併用されることが多いです。
鍵を差し込まずに開閉できるため、荷物がある場合や子供がいる場合でも楽です。また、育児だけではなく介護で車を使う方にとっても、便利な鍵だと言えるでしょう。従来の鍵に比べて楽になったものの、リモコンキーの場合は、従来通りに機械式の鍵を使用しなければ、エンジンを始動することができません。そこは未だにリモコンキーの良い点でもあり悪い点でもあるのかもしれません。ただ、利便性で見ると魅力も大きく、普通に車を使う分にはとても便利なものです。
遠くからでもドアの開閉ができるため、ワイヤレスキーと呼ばれたりします。機能自体は他のリモコンキーと同様で、違いは特にありません。

スマートキータイプ

ハイテクカーに採用されることが多くなっているのが、スマートキータイプです。従来のイモビライザーキーとリモコンキーの併用が面倒ということもあり、その手間を失くすために開発されたものでもあります。こちらのスマートキーは、リモコンドアロック機能だけではなく、エンジンのワイヤレス始動も可能となっています。
色々なメーカーが採用しているもので、それぞれの自動車メーカーによって呼び方は異なります。ただ、こちらも機能は同様です。インテリジェントキーやキーフリー、アドバンスキーと呼称されており、それぞれのメーカーが自動車に採用しています。今後、このスマートキーを取り入れるメーカはとても多くなっていくと予測できるでしょう。
現行のスマートキーにはトランスポンダーが埋め込まれており、イモビの機能も持っています。だからこそ、ドアの開閉はもちろん、エンジンをかけることも可能なのです。上手に使えば、とても便利なものですよね。

紛失・故障した際の対処法

それぞれ車に採用されているキーはハイテク化が進んでいますが、その分だけ紛失・故障した際のリスクも大きいです。現代ではそういうトラブルや問題もとても多くなり、相談件数も増加傾向にあります。今後は、さらにこれらの問題も拡大していくのではないでしょうか。トラブルを未然に防ぐためにも、まずは対処法についても知っておきましょう。ここからは車の鍵を失くしたり、壊してしまったりした場合の対処法について解説します。ここをしっかりチェックしておけば、万が一の時も冷静に対応することができるはずです。

・自動車修理の専門業者に相談


自動車修理の専門業者によっては、鍵の紛失や故障に対処してくれる場合もあります。ただ、イモビライザーキーをはじめ、リモコンキーやスマートキーは、内臓されている機能も多種多様に組み込まれており、修理業者によっては対応できない場合もあります。それでも自動車修理に慣れている業者であれば、すぐに駆けつけてくれることもあるので、対処法を教えてもらうためにも、まずは相談してみるというのが良いかもしれません。特にディーラーや鍵の専門業者が近くにいない場合は、自動車修理の専門業者に依頼するしか道はないという人もいるでしょう。

ディーラーに相談

車をディーラーで購入した場合は、そのディーラーに相談してください。基本的にキーの紛失や故障に関しては、対応してくれます。車販売店などで中古購入した場合は対応が難しいかもしれません。ただ、正規ディーラーで新品購入した場合には、対応してくれることも多いでしょう。なお、ディーラーに関しては料金がどうしても高くなってしまうのですが、サブキーなどを作っておくことも可能と言えば可能です。特にハイテクキーに関しては紛失・故障のリスクもあるので、場合によってはディーラーでサブキーを作っておくというのも良いかもしれませんね。

鍵の専門業者に相談

車の鍵に関しては、鍵の専門業者に相談するのも良いです。鍵のトラブルや問題に対して、即座に対応してくれる鍵専門業者は、むしろディーラーや修理業者に依頼するよりも迅速に対応してくれるかもしれません。そちらも上手に使って行けば、鍵を紛失・故障してしまった場合でも安心いて対処できるでしょう。ちなみに、車の鍵というのはそれぞれ車種によっても違ってくるので、依頼する場合は具体的な車種とキータイプを伝えるとスムーズです。もちろん、どのようなタイプでも対応してくれる業者があるので、そちらに相談してみると良いのではないでしょうか。

まとめ


車の鍵は年々進化しており、トヨタ車のアルファードのようにイモビライザータイプやリモコンタイプ、スマートタイプも増加しています。万が一紛失・故障に遭ってしまった場合は、専門業者に対処してもらってみてはいかがでしょうか。使い方によっては、とても心強い味方になってくれるはずです。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店