車の鍵紛失時の対処法

日々の移動や旅行に便利な自動車ですが、この車を動かすために鍵は欠かせません。最近はスマートキーも主流になっていますが、どれだけ新しい技術が投入されても鍵がなければ車は動きません。
しかし、不注意から鍵を失くしてしまい、車を動かせなくなる場合もあります。こうした場合、ドライバーはどのように対処すればいいのか把握しておきましょう。

この記事の目次

車は鍵がないとどうなる?

車の鍵を紛失した場合、車は動かせません。しかし、それで終わりではありません。様々な不都合が生じることもあります。そのため、鍵を失くした場合、自動車の所有者やドライバーにどのようなデメリットが生じるのか覚えておきましょう。

車の鍵が無くて帰宅不可能に

車を外出先の駐車場などに駐車しているとき、車の鍵を失くしてしまうこともあります。鍵を紛失するということは出先のどこかで落とすなどした場合に起こりがちです。だからこそ外出先において車を停めたまま、鍵はない状態を味わうこととなります。この際、最も大きな不都合は家に帰れなくなることです。鍵がなければ車のドアは開かず、仮に開いたとしてもエンジンがかかりません。エンジンがかからなければ車は絶対に動きません。
そのため、鍵を失くすという行為は自動車を無価値にしてしまうようなものです。無論、電車などで帰宅できる場所にいればまだマシですが、それ以外の場所にいた場合には帰るのにもひと苦労です。タクシーやバスなどもなく、鉄道の駅も遠いとなれば相当な距離を歩かなければ帰宅ができないこともあります。
こうした事態を経験すると自動車や鍵のありがたみを痛感するものですが、できることならただの1度でもこうした経験はしたくないものです。

時間制の駐車料金が上昇していく

コインパーキングなどに車を停めている中で鍵を失くすとお財布にとっては大きなダメージです。なぜなら、コインパーキングは時間によって費用が決まるからです。鍵がないことに気付いて探している最中も時間が経過していき、その間にも料金は加算されていきます。最大料金が設定されているコインパーキングも多いため、その時間内に解決できればまだ良いのですが、時間を経過すればどんどん費用がかさんでいきます。
しかも、最大料金があっても12時間や24時間などで区切られ、以後は繰り返しの適用がないケースもあります。そうなると30分で300円などの料金がとめていただけ加算されていきます。
都会には15分で500円などという高額なパーキングもあります。運悪くこうしたコインパーキングに車を停めているときに鍵を紛失したとなれば、支払い額がかなりの大金になることもあります。業者を呼ぶにしても、その到着を待つだけでも加算されますし、作業終了までの時間も料金は追加されていきます。
当初の予定を大幅にオーバーするような請求額となり、場合によっては自分のお財布では支払えないレベルに達することもあります。クレジットカードを使用できるコインパーキングでなければ、お金を用意することにも時間を費やし、さらなる加算を招いてしまう恐れもあります。そうなってしまうと最悪です。もちろん、鍵を失くさないことが最も大切なポイントですが、失くしてしまうとこうした場面での痛手も負いますので気を付けてください。

私物や業務備品が取り出せない

車の鍵が開かない場合、車内にあるものを取り出せないこととなります。車を動かせないという不都合もありますが、それ以上に困るのが車内に置いてあるものを外に出せないことという方もいるはずです。たとえば私物や着替えなどが車内にあって、それを取り出さないと今後の予定に支障が生じるケースもあります。
また、稀にあるケースでは海やプールに行って、車内に着替えがある状況の中で鍵を紛失してしまうケースです。この場合、車を動かせないどころか、水着から着替えることもできない状態になります。
さらに、業務で使用していた最中であれば仕事上で必要となる各種アイテムを取り出せないことにもなります。特に取引先などとの話し合いや打ち合わせにおいて不可欠な存在となる品々が車内にあると最悪です。相当な損失を会社に与えてしまう恐れもありますし、お互いの信用問題になってしまう可能性もあります。
また、書類以外にもたとえば工事のために顧客のもとへ向かったものの、その機材を取り出せないケースや使用した機器を積み込めないようなケースもあります。自分自身にも様々な負担がのしかかる恐れがありますが、それ以上に仕事における不都合は自分の社内における立場を悪くする可能性さえあるのです。このような状況に追い込まれる可能性もありますので、クルマの鍵は失くさないようにしたいものです。

鍵がない場合の対処方法

自分が注意していても気づかないうちに落としてしまうなど、鍵を紛失してしまうケースはあります。
こうした場合、多くの人は慌てますが、落ち着いて考えれば様々な対処方法がありますので、まずは落ち着き、どう行動するべきなのかを冷静に考えていきましょう。

専門業者やJAFによる開錠依頼

車の鍵の紛失時、思い当たる場所を探すことが最初の行動になります。それで見つかれば話は終わりですが、たいていの場合、見つからないものです。思い当たる場所を探してみても見つからず、尚且つ遺失物としても届けられていないような場合、お手上げ状態になります。無論、時間をかけて最後まであきらめずに探す選択肢もありますが、時間をかけても見つからないケースが多いのです。
人目に触れる場所にでも落としていればいいのですが、たとえばテーブルや椅子の下などに落として、誰にも気づかれないパターンや誰かが拾ったものの拾得物として届けずに近場のゴミ箱に捨ててしまうようなケース、さらには運悪く排水溝などに落ちてしまって人目に触れない場所に存在するケースもあります。
そのため、ある程度探して見つからないのであれば、鍵を探すという行動は諦めることにして次の行動に移りましょう。何をすればいいかといえば、鍵を開ける専門業者の活用です。車だけに限らず鍵を失くして開かなくなる人は世の中に数多く存在しており、その対応をおこなうための鍵屋さんが全国各地に多数存在しています。そのため、こうした業者を活用することによって、鍵がなくても開けてもらうことが可能です。
また、自動車のトラブルに際して右に出るものはいないともいわれるJAFを有効活用することも考えておきましょう。なぜなら、鍵を開けてもらって車内に入れたとしても、エンジンをかけることができなければ自動車は動きません。鍵屋さんの仕事はあくまでも開錠であってエンジンスタートではありません。鍵なしでエンジンをかける方法は存在しますが、それにはやはり専門知識が不可欠です。そういう意味で考えますと、JAFのスタッフは頼りがいがある存在になるはずです。
会員か非会員かで料金が異なる上、作業内容によって費用は上下します。そのため、出費自体は覚悟しないといけませんが、JAFに依頼することでクルマをとりあえず走らせる状況までもっていってもらうことができるため、同時に鍵の交換やスペアキーの作成などで以後のドライブも問題がない状態までもっていきたいものです。

スペアキーの在り処を思い出す

どのような形で自動車を保有しているのかによって変わりますが、普段使っている鍵以外にもスペアキーが存在している可能性もあります。普段は日常的に使用している鍵にしかお世話になっていないため、スペアキーがあることさえ忘れている人もいますが、メインの鍵がなくなってしまった以上はスペアキーを頼るしかありません。
これを自宅に保管している人が多いため、まずはそれを取りに帰るという方法も考えておきましょう。さらに状況次第では家族や近親者に届けてもらうという方法もあります。いずれにしてもスペアキーがあれば問題なく開錠ができる上、エンジン始動も可能になりますので、問題なく運転を継続することができます。
家に取りにいくまでタクシーを利用するケースなどもあるため、出費にはなりますが、専門業者などを呼んで作業してもらうよりは安くなる可能性が高いため、自宅に行けばスぺアキーがあるということであれば、この選択肢に注目しましょう。また、自分自身で持っているスペアキーだけではなく、自動車メーカーやディーラーに相談することでスペアキーの存在が明らかになったり、スペアキーがなくても開錠してもらえるケースがあります。
そのため、こうした存在にサポートを求めることもひとつの選択肢として考えておきたいものです。

自分でピッキング開錠する

取り急ぎ扉だけでも開けて中にある品々を取り出したいという場合、自分でピッキングの要領で開錠する方法もあります。外側からでも窓の隙間からドアの内部に道具を差し込むことで開錠させることができるのです。もちろん、そこにはテクが必要になりますのですぐさまうまくいくとは言えません。
しかし、試行錯誤するうちに開けることに成功するという話はよくありますので、ピッキングによる開錠も考えてみましょう。最終的にクルマを動かすためにはエンジンを動かさなければならないためにドアを開けただけでは根本的な解決にはなりません。しかし、状況によっては車内にスマホやパソコンがあり、まずはこれらの品々を取り出すことが優先という人もいるはずです。
特にスマホに関しては取り出さなければ何も連絡ができませんから、とても大切です。あくまでも最終手段ですし、緊急時以外は絶対におこなってはいけない方法ですが、ひとつの考え方としては存在しますので、検討してみましょう。

最終手段は鍵の破壊

鍵を壊すことで鍵を開けるという方法もあります。こちらのケースであってもエンジン始動はまた別の話ですが、ドアをとにかく開けて車に出入りできる状態にしないとまずい場合には、考えたい行動とも言えます。
ただし、壊すということは修理費用などがかかりますので、そこまでの緊急性がないのであれば、鍵を開けることを専門とした業者などに依頼して開けてもらったほうが総額で考えた場合にはお得なケースもありますので冷静に対処しましょう。

鍵のスペアキーの作り方

鍵を失くさないことがベストですが、鍵を失くしてしまう恐れがあるという自覚を持って常日頃から過ごすことも大切です。つまり、スペアキーを持っておくという方法もあるのです。

紛失した鍵の代わりを作りたい

鍵を紛失してしまったあと、鍵の専門業者などに依頼することでスペアキーを作ってもらうことも可能です。鍵の種類などにもよりますが、場合によっては即座にスペアキーを作ってくれることもあります。開錠には成功しても、その後も鍵がなければ運転を継続することは厳しいものがあります。
そこで業者に依頼してすぐさま使用できる自動車用の鍵を作ってもらうわけです。鍵のタイプによるため時間がかかるケースもありますが、迅速に動いてくれる業者が多いですから、その後の運転も円滑におこなうために検討しましょう。

今後の紛失に備えて複数のキーを用意

鍵を失くさないように肌身離さず持っている人はいます。また、自宅の中に置き場所を決めて厳格に管理している人も多いものです。しかし、これを管理して使用するのはあくまでも人間です。そのため、いくら当人が気を付けようと思っても、何かしらのミスや偶然が重なって紛失という事態になってしまうこともあります。そのため、鍵を失くしてしまうという前提の中で日頃から行動しておくことも大切です。
鍵を紛失した場合、新たに鍵を作成することとなりますが、この際にひとつだけ作って終わりではなく、複数の鍵を作っておくのです。最低でも2つあれば、万が一自分が日々使用している鍵が壊れたとしても、スペアキーを使用すれば無難に対応できますので、このような形で鍵をいくつか持っておくことも考えてみましょう。

まとめ

車の鍵は紛失しないのが最も幸せな形です。しかし、不幸にも鍵を紛失してしまった場合には慌てることなく落ち着き、自分で開錠する方法やJAFに依頼する方法を検討しましょう。また、普段から鍵を失くしてしまうリスクがあることを自覚して、予防法や対策を検討しておくことも大切です。車は鍵がなければ開きませんし、エンジンもかかりません。
駐車場にとめていればどんどん費用だけ高額になっていきますので、早めに動かせる状況にしましょう。プライベートでの利用中であれば被害を被るのは自分だけとなり、不幸中の幸いともいえる状況ですが、業務のために使用していた自動車においてこうした事態が発生してしまうと大変な存在を会社に与える可能性もあるのです。そうした事態も踏まえて、対処方法を覚えておいてください。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店