大東建託の賃貸物件における鍵の交換と紛失したときの対策

大東建託の賃貸物件のカギを交換したい紛失してしまった際に対策としては、大東建託は賃貸物件なのでカギを交換する際も紛失してしまった際にもしっかりと連絡する必要があります。費用に関しては、大東建託が負担したくれる場合もありますし、実際に実費となってしまうケースもありますが、それは理由により異なってきます。何よりも賃貸物件のカギを勝手に交換することは避ける必要があり、鍵の交換を望んでいる場合には、大東建託の場合にはしっかり会社側に伝える必要があります。大東建託の賃貸物件のカギを交換する際や紛失の際には、無料で利用できる鍵開錠サービスを利用することができる用になっていて、建物賃貸借契約書に記載してある大東建託パートナーズの営業所に連絡するのが第一です。鍵はプライバシー保護のために大東建託は保管していないので、鍵を紛失した場合には、自分で対応する必要があり、契約時の内容により対応が異なると言われています。

この記事の目次

入居時のカギの交換は賃主、借主、費用の負担について

新居で生活を始める時には、入居者として防犯上鍵を交換しておきたいと考える人も少なくないと思います。賃貸の場合には途中で勝手にカギを交換することは避ける必要がありますので、借りる際にしっかりと交換するかどうか検討する必要があります。入居時について、国土交通省が定めているガイドランスによると多く場合は、大家さんや管理会社で賃主がカギの交換費用を負担する必要があると言われています。しかし、法律で定められているものではないので、実際には、賃主次第となりますが、入居者の方がカギの交換をしたいと考えている際には、しっかりと相談する必要があります。また、契約をする際にカギ交換はどうする場合にどちらが負担するのかということをしっかり確認しておくようにしましょう。賃主が行うカギ交換としてはいくつか方法があります。・毎回新しいカギに交換するところ
・1つの賃貸物件に対していくつかのカギを保有していて、入居者が変わるたびにローテーションで使用する場合
・複数の賃貸物件の場合には、別の物件のカギをローテンションして使用する場合などがあります。鍵の交換のための費用を抑えるためにローテーションで使っているところもあり、防犯上は問題ないのですが、実際に部屋を借りた時に新しいカギが良いという際には、契約をする際にしっかり話し合いをする必要があります。会社の方が費用は自己負担でという場合には、安心のために最初に交換しておくことがお勧めできますし、しっかり伝えることにより、交換を行ってくれる場合も多いので、賃貸を借りる場合には、鍵についてしっかりと伝えることは大切なことです。

鍵を紛失した時の対処方法

賃貸を借りる場合には、賃貸に住み始めた際に気になるのがカギ交換となりますが、日常に生活を行っているうえでカギを紛失してしまったというケースを体験したという人も多いのではないでしょうか。賃貸物件のカギを紛失してしまった際には、どのように対処していけばよいのかしっかり把握しておく必要があります。実際に鍵を紛失したと判明した時点で警察に行くようにしましょう。届いている可能性もあれば、今後誰かが届けてくれるという可能性なども考えられます。近くの交番などで遺失届を出しておくことにより、鍵を紛失してなくした際に大切なことです。賃貸物件の場合には、次に大家さんや不動産会社に連絡する必要があります。鍵を紛失したという事は防犯のためにもカギを掛けないわけにはいきませんので鍵交換についてしっかりと相談する必要があります。数日たっても警察からの連絡がない場合には、鍵は見つかっていない状態なので、鍵を掛けずに過ごす事は防犯上のリスクが高まってしまいますのでカギ交換が必要でカギを紛失した場合の費用の負担については、どの賃貸物件でも借主に過失があるという事で借主が負担となってしまいます。鍵を紛失してしまったときには、借主が費用を負担することになりますが、実際にどの程度の費用がかかるのか不安になってしまう人も多いと思いますが、鍵の種類により交換費用が違ってきます。安く交換することができるカギもありますが高い鍵の場合もあります。一般的な賃貸物件のカギについては、ディスクシリンダー錠と呼ばれるもので表面がぎざぎざの形状をしているもので、スタンダードなカギで防犯面についてはほかのカギと比べると劣りますが、交換する場合には費用は安くするメリットがあります。ピンタンプラー錠も賃貸物件でよく使用されている鍵ですが、セキュリティーの高いマンションの物件で使われています、この鍵はディスクシリンダーよりも鍵も交換費用が高くなってしまいます。賃貸物件を借りる際には、同時に保険などを進められる場合もありますが、保険に加入している場合には、カギ交換の費用が賃主という事もありますが、保険に加入していない場合には、借主が交換する必要がありますので、そのことについてもしっかりと契約する時に確認してく必要があります。

賃貸物件のカギを自分で交換する

実際に賃貸物件に住んでいる場合には、生活環境などにより、鍵の交換を行いたいと感じる人も多いと思います。自分の生活の中で不安などが伴った場合などには、鍵を交換したいと感じる人も多くなっています。その中で賃貸物件のカギを自分で交換する際には、勝手に交換するのではなく、しっかりと賃主に相談する必要があります。勝手に交換することにより後でトラブルになってしまう可能性が高くなってしまいますので、自分の住んでいる家でも賃貸物件の場合には大家さんに相談してカギの交換を行うようにしましょう。相談してカギを交換する際には、同じメーカーで対応する必要がありますがその中でも性能や予算については自分で選ぶことができます。今の時代はインターネットなどでもたくさんのタイプのカギが販売されていて、カギ交換のやり方や注意点などについてもしっかりと説明されています。自分でカギを交換したいと感じた場合には、サイズやメーカー、作業に必要な道具を確認してカギ交換に取り掛かる必要があります。自分で購入する場合には、失敗をする場合もありますが、そんなときには業者に連絡する必要が出てきます。逆に鍵交換を業者にお願いする場合には、短時間で道具などの準備も必要なく快適に交換してもらうことができます。しかし、その分作業費や出張費などがプラスされるので少し高額となりますし、鍵の種類や交換部分によって価格が異なってきます。カギ交換を行う際には、業者の選び方についてもしっかり検討する必要があり、安くすませたいという選択もありだと思いますが、取り付け後のアフターケアサービスについてもしっかり考えるようにしましょう。賃貸物件の場合には、部屋を出る時に元のカギに戻す必要があり、その時に更に費用がかかる可能性も考えられますが、アフターサービスがついている場合には費用がかけることなく元のカギに戻してもらうことが可能となります。

カギ交換や紛失の際の流れ

実際に鍵を交換したいと感じた時には、すぐにでも交換したいと感じますが、焦ってしまう事で後悔してしまう事って結構ありますよね。それを避けるためには、鍵を交換したいと感じた時も紛失した際にもしっかりと順番よく進めていくようにしましょう。①業者に問い合わせする。鍵を交換したいと感じた時には、業者にしっかりと伝えることにより、近隣のスタッフが現場に駆けつけてくれます。問い合わせを行った時点で見積もりを出す業者もありますし、トラブルの状態をきちんと確認してお客さんの考えを聞いて見積もりを行う業者もいます。業者により対応は異なってきます。②費用の見積もり。実際に鍵穴やドアを見て、取り付けることができるカギの種類や形状を調べた上で作業を行っていきます。その場に駆けつけて費用を交換に必要な費用の見積もりを行うのですが、その費用に納得できない場合にはキャンセルすることもできます。交換するカギの種類により違いはありますが、相場としては出張費込みで1万円~15000円程度となっています。③見積もりに納得にしてカギを取り付ける。実際に鍵を交換したいと感じた際にも紛失した場合でもカギ交換の開始は見積もりに納得してからです。しっかりと相談して家具交換の作業を開始します。取り付けるカギの防犯性や現状によりますが、作業に関しては速くて15分程度、時間がかかる場合でも30分程度となっています。早急に対応してくれるのは嬉しいですよね。その中でカギを交換する際には、見積もりをする際に業者を比較することなく来てくれた方にお願いするケースが多いのですが、少しでも安く抑えたいと考えている場合には、紛失の場合は仕方がありませんが、交換の場合には少し余裕をもっていくつかの業者に見積もりをお願いすることがお勧めできます。また、賃貸物件の場合には、その家を出る際には、何よりも元のカギに戻す必要がありますのでその辺もしっかり相談をしておくようにしましょう。

鍵を紛失してしまったら

日常の生活の中でカギを無くしてしまうと焦ってしまいますが、その中で自分の行動をしっかりと思いだすことにより、鍵を紛失してしまったと感じている場合に、思いがけないところで見つかる場合もあります。自分の身の回りをもう一度ゆっくりと丁寧に確認してみるようにしましょう。焦りだけが先行してしまうと自分の周りを確認することを忘れて交換した後に出てくるというケースも少なくなりません。まず、一番重要な事は自分の不安になっている気持ちを落ち着かせることが第一です。深呼吸をゆっくりと行って、同じ場所でもゆっくりと余裕のある気持ちで探してみるようにしましょう。よくあるケースとしては、コートのポケットの中でいつもバッグの中に入れている鍵でも家が近くなるとすぐに開けることができるようにコートの中に自然に入れるという人も多いのです。その日着ていたコートを確認してみましょう。次に多いのは、バッグの中です。バッグにポケットがいくつもある場合には、意外な収納場所に鍵が入っているという事もありますので、バッグの中を確認する際には、いつも入れている場所ではなく、外のポケットもくまなく探すようにしましょう。また、ズボンのポケットの中や車の中などという場合もありますので、焦る気持ちはわかりますが、一度気持ちを落ち着かせてもう一度探してみる価値はあると思います。もしも、どこかで落としたという確信がある場合には、警察に届けることが先決となりますが、落とした覚えがないという場合には、自分の身の回りの持ち物などをゆっくり時間をかけて探してみるようにしましょう。

大東建託の特徴

大東建託の沈滞に住んでいる人は多いと思いますが、契約をする際に何よりもしっかりと契約内容を把握しておく必要があります。大東建託の賃貸物件における鍵の交換と紛失したときの対策については、大東建託の契約書に記載があり、費用負担に関してもしっかりと書いてありますが、特約という場所の重要事項説明書という場所に金額も書いてあります。大東建託の賃貸物権における鍵の交換と紛失したときの対策については、管理会社に確認する必要もあり、鍵の紛失に伴う交換費用としては、すぐに請求されるのはなく、退去解約時に請求されることが多いようです。実際に自分でカギを無くしたという事で交換を勝手にしてしまう人も多いのですが、大東建託の賃貸物件の場合には、しっかりと管理会社に連絡して、他の業者などにお願いすることは避けるようにしましょう。一度、相談したうえで他の業者にお願いすることは問題ないと思いますが、何よりも大東建託に確認した上で行動を行う必要があるという事をしっかり把握しておくようにしましょう。どの賃貸物件でも同じですが、管理会社や保険などにより費用がかからないという場合もあり、自分で勝手にカギ交換をすることにより、退去する場合には、元の状態に戻す必要があり、同時に鍵を無くしている場合には同じ鍵を作る費用も掛かってしまいますので、かなりの費用になってしまうケースがあります。そのために勝手に行動するのではなく、賃貸物件の管理会社などにきちんと相談して行動をする必要があるのです。

まとめ

今回は大東建託の賃貸物件での鍵の交換や紛失について紹介していますが、何よりも勝手な行動ではなくしっかりと契約している会社や管理会社などに相談をしたうえでカギの交換や紛失をどのように行っていくかという事がわからないという人は、契約書の見直しを一度行ってみてくださいね。後々トラブルにならないためにもしっかり契約書の確認をしっかり行うことは大切になってきます。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店