内開きドアの内鍵の特徴と取り付けの方法まとめ

内開きドアの内鍵の特徴と取り付けの方法については、何よりも安全に生活を送るために付けたいと考えている人も多いと思います。今の時代は事件や災害などが多くなっていて、安心して生活を送ることができないと感じている人も多いと思いますが、内開きドアに内鍵をつけたいと感じている人が多くなっています。その中で重要な事は、器用な人は自分で工夫しながら自分の暮らしに合った方法で内鍵をつけることができますが、建物の知識などが全くないという人は難しく考えていると思います。今回は内開きドアの内鍵の特徴と取り付けかたについて紹介していきたいと思います。

この記事の目次

はじめに

内開きドアの内鍵の特徴としては、様々な理由があり部屋に鍵をつけたいと感じる人が多いようです。例えば、こどもが小さい頃は問題ないけど、大きくなって勝手に部屋に入ることができることが多くなったなどという場合では、やっぱりプライバシーを守ることができません。家族でも仕事上の案件などを部屋に置いてある場合や、こどもが自分が部屋で仕事をしている際にノックなしで入ってくるというような場合もありますが、やっぱり仕事などを抱えている人は特に注意する必要があると感じますよね。そんな中で、対策を行うために今までは内開きの部屋のドアには内鍵がなかったけどつけたいと感じる人が増えているのが事実です。内開きドアの内鍵の特徴と取り付けの方法と耳にすれば最初からつけておけばよかったのにと感じる人も多いと思いますが、内鍵はドアの内側に鍵をかけるという意味で、補助錠のことを示す場合もあり、部屋の中を守るために内側に鍵をつけることにより、子供などが急に入ってくることもなく、ノックしてカギを開けないと入れない状態にすることです。

内鍵の設置

内開きのドアに内鍵を設置する理由として一番多いのは、防犯やプライバシー保護が目的となっています。実際に玄関などには鍵や窓は鍵をしっかり使っているけど、家の中の部屋にはカギを使っていないという家庭も多いと思います。その中で、子供が小さい頃は何の問題もなく過ごす事ができていても、こどもがある程度の年齢になった際には、寝室だけでなく子供の部屋にも内鍵をつけるというケースも多くなっています。内鍵の最大のメリットとしては、プライバシー保護がしっかり行うことができて、家族の間でも自分の時間を大切にするという事も出来ます。特に今の時代は、昔と違って子供も携帯などを所有しているために必要以上の情報を持っていることもあり、家族一緒に過ごすのは居間やリビングだけで後は自分の時間を大切にすることが多いといえます。内鍵を設置する場合には、何よりも話し合いをしてどのようなカギをつけるのか決める必要がありますし、寝室に勝手につけると子供も良い気持ちはしないので設置する場合には、書類などがあるからなどと子供にもしっかりと説明して内鍵を設置するようにしましょう。夫婦のプライベートの時間を大切にするためにも、こどもに聞かれたくない会話をするためにも内鍵を設置することにより、きちんとお互い話し合いをすることができると思いますので、内鍵の設置の際には様々なことを考えて行動するようにしましょう。

内鍵の取り付け方

内開きの各部屋に内鍵がつけたいと感じた場合には、まず最初に考えることは、取り付けの手間や費用などを考える必要があります。内鍵といっても簡単につけることができるカギもありますし、工事が必要な場合おありますので、内鍵をつけると決めた場合には、どのようなカギにするのかを明確することが大切になります。内開きのドアの内鍵をつける際には、ドアノブやレバー自体をカギ付きに交換する場合もありますが、その場合には、同じメーカーの型番のものを探す必要があります。メーカーなどを認識できない場合には、同じサイズのものを購入する必要があるので、寸法を把握してしっかりメモって、ホームセンターやネットショップなどで最初についているドアノブやレバーと同じサイズのものを購入するようにしましょう。そうすることにより、ドライバー1本で手軽に内鍵をつけることができます。しっかりとしたカギをつけたいと感じている場合には、業者にお願いする必要があり、どうしてもどのタイプの型番かわからないという場合には、業者にお願いするようにしましょう。自分で取り付けるよりも費用が高額になってしまう事が多いのですが、しっかりと自分の目的に合った内鍵をつけるためには仕方がないと思います。内鍵の取り付け方については、鍵の種類で違ってきますが、固定式のカギを取り付ける場合には、ドアに穴をあけたり、ドアの側面に金属を取り付ける必要があり、電動ドリルや飲み、ホルソーセットなど専用工具が必要になってきます。まず大事なことは、内鍵を取り付ける場合には、自分の目的を明確にして、どのようなタイプのものを取り付けるかにより簡単に自分で交換できるものもあれば、業者にお願いする必要があるカギもありますので、その辺をしっかり考えて内鍵を取り付けていく必要があります。

内鍵の種類

内開きのドアに内鍵をつける場合には、何よりも自分の目的に合ったものを選ぶ必要があります。内鍵といっても種類があり手軽に自分で取り付けることができるものもありますが、業者にお願いする必要があるものもあります。・取り外し可能な補助鍵はドアノブ、レバー付近に設置する取り外しが可能な鍵です。価格も1000円程度で購入する事が出来て、穴をあける必要もなく手軽に自分で取り付けることができます。また、賃貸物件の方にはこの鍵がおすすめできます。ドア枠やドアの金具を使って取り付けるのでドア側面のへこみ部分に引っ掛けるタイプでドア枠に取り付けてネジを締めて固定するタイプのものもあります。強力な粘着テープで取り付けることができるものもありますが、取り外しが難しいのでおすすめできません。ドアのタイプや部屋のどちら側につけるかにより異なって内開きで内側につけるものがありますが、しっかりと自分がつけたい条件に合ったものを探す必要があります。・固定式の後付鍵は、ドアノブ、レバーをそのままにしておき、鍵だけを取り付ける方法となっています。円筒のようなシリンダー錠や引き戸専用のカギなど種類がありますが、自分の目的を明確にして自分なったものを探してください。後付鍵ですが、穴を開けたり、ドアとドアの枠に金属を取り付ける必要があり、賃貸などの場合には、大家さんに確認する必要があり、工具なども必要になってきます。・シリンダーを交換する場合には、ドア側面の金具を取り外してシリンダーを交換するだけで自分でも手軽に取り付けることが可能となっています。シリンダーを選ぶ場合には、メーカーや型番をしっかり調べて適合するものを購入する必要があります。

外側に鍵を取り付けるのは危険

実際に鍵を部屋に取り付けたいと感じたい際には、ドアラッチ錠ではなく掛け金などと呼ばれているカギを手軽につけることが可能となっています。しかし、この鍵は誰でも開けることができるのでプライバシーを守る目的としてはおすすめできません。部屋の中を守るためにはしっかりと内側に鍵をつける必要があります、外側からカギをかけた場合には、火災などが発生した場合部屋の中にいる人の逃げ道がなくなってしまう事もありますし、鍵を無くしてしまった際には、鍵を壊したり、ドアを傷つける場合もあるといえるのです。内開きのドアに鍵をつける際には、そのメリットをしっかりと考えてから取り付ける必要があり、部屋に鍵をつけたいという理由を明確にすることが大事です。今の時代は、多くの方の理由としてプライバシーを守るためという意見が多くなっています。例を挙げるとシェアハウスなどで生活する場合には、家族でない人と一緒に住むという事もあり、プライベートな時間を守るためには鍵が必要となります。さらに家族の間でも子供が思春期に入ると親と過ごす時間より友達と過ごしたり、自分の時間欲しいと感じる時期になります。考えてみてば、プライベートな時間を過ごす事は成長の過程でも重要な事であり、夫婦の間でもお互いに一人の時間が欲しいと感じる人も多いと思います。そうすることにより、家族といる時間が新鮮に感じることができて、リフレッシュすることができます。特に在宅で仕事をしている場合などは、仕事上の書類などをしっかり守るためには部屋に鍵をつけることは大きなメリットといえます。部屋に鍵がついていない内開きのドアが一般的多いのですが、その理由としては、火災などの緊急事態が起こった時に内開きの場合にはドアを蹴り倒して部屋の中にいる人を救うことができるという事が言えるのです。そんな、内開きのドアに内鍵をつけるメリットとしては、様々なメリットが挙げられますが、大事なことは家族で一緒に生活している場合には、誤解などがないように家族としっかりと話し合いをしてカギをつけるかどうか決めるようにしましょう。特に思春期の子供などがいる家庭では、こどもが内鍵をつけたいと口にした際に一方的に反対する家庭もありますが、条件などをしっかり決めて、子供部屋に内鍵をつける場合には、トイレなどのように外側からマイナスドライバーなどで開けることができるものを選ぶことにより安心することができます。部屋に鍵をつけると出てこなくなったというようなトラブルを防ぐためには、親として条件をしっかりと明確にして、こどもに合ったものをつけることがお勧めできます。

内鍵の特徴

実際に多くの家庭のドアが内開きになっている理由については、何も考えない人も多いのですが、内開きドアにすることにより火災や災害などでドアが開かなくなってしまった場合でも、外から蹴ったり、何かで叩いたりすることでドアを開けることが可能となっています。逆に外開きの場合には、蹴ったり、叩いたりしてドアを壊すことができますが、内開きのドアと比較するとかなり力が必要になります。内開きドアの方が何かあった際に救出できるという事が言えるのです。内開きドアにしても外開きドアにしても、自分の時間を守るためや仕事などの書類を持ち帰った際、家で仕事をしている際に、家族でもいきなり部屋に入ってくると慌てることがあります。また、女の子が思春期になると、お母さんの化粧品を勝手に使ったりして、いない間に部屋に寝室に入っているというケースも少なくなりと思います。うっかり大事な書類を部屋にそのままにしているなどという問題がある場合には、こどもを必要以上に叱ってしまったりすることも多くなってしまいます。そのことを考えるとしっかり内開きドアに鍵を取り付けることにより勝手に入ることもなく、こどもだけでなく、同居している場合には、お姑さんが入ったりする場合もあり様々な思いを抱えている人が多いのです。内鍵の特徴としては、鍵をすることにより自分のプライバシーを守ることができますし、書類などについてもしっかりと管理することもでき、こどもや姑さんがいきなり入ってきた際でも慌てることなく、家族でのもめごとなども少なくすることができます。部屋をしっかり守りたいと感じている人は、何よりも費用が掛かりますが内鍵だけでなく、鍵をつけることにより、部屋の中を守ることができますので、部屋に鍵がついていない場合には、内鍵をつける際に検討してみるようにしましょう。

まとめ

内開きのドアは災害などの際の救出に対して外開きのドアよりも良いという事が分かりました。その中でやっぱりドアに鍵が欲しいと感じる時期になった際には、しっかりと話し合いを行って決めるようにしましょう。中には子供がカギをつけたいという話を問いかけることも多いと思いますが、そんなときには一方的にダメというのはなく理由としっかりと聞いてあげて、どのようなカギをつけるかも話し合いを行うようにしましょう。よく子供などは怒られるとトイレに閉じこもってしまうというケースもありますが、トイレの鍵の場合ほとんどが、マイナスドライバーなどを使うと手軽に外から開けることができるようになっていますが、こどもの部屋におすすめできるのはそのような鍵です。夫婦の間で仕事などを部屋で行うという場合には、内鍵でよいと思いますが、いきなり入ってこられて慌てるのを防ぐためにも、自分の時間を大切にするためにも、今の時代は各部屋にそれぞれに合ったカギを設置している人が増えています。時代の変化といえばそれまでですが、今の時代はストレス社会とも言われていますので、家族の時間と一人で過ごす時間にメリハリをつけることにより、家族仲良く過ごす事が出来る環境を作ることができるのかもしれません。内開きのドアに鍵をつけるメリットとしては、何よりもプライバシーをしっかり守ることができるという理由があり、中には家族なのに鍵をつけるのと疑問を抱く人もいると思いますが、各家庭の生活環境で違ってきますので、内鍵が必要だと感じた場合には、どのようなカギにするかしっかりと検討したうえで決めるようにしましょう。簡単につけることができるものもありますし、工事が必要な場合もありますが、その中で費用などをしっかり明確にすることにより、各家庭に合った内鍵を選ぶことができると思います。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店