不二サッシの特徴と鍵交換のやり方

不二サッシの特徴と鍵交換のやり方についてですが、何よりもカギ交換は鍵が壊れた時や少しおかしいと感じた際には重要になってきます。サッシも古くなってしまうと締まりが悪くなったりすることが多くそんな際には、サッシを交換する必要があり、カギについても同様です。サッシのカギについては、玄関などと同様で不用心となってしまうので、しっかりカギをかける必要がありますが、カギが甘かったり、かからなくなってしまうケースも少なくありません。そのままの状態にしておくことにより、防犯面において今回は、不二サッシの特徴とカギ交換のやり方について紹介しますので参考にしてみてください。も不安な日常を過ごしてしまう結果に繋がるのできちんとサッシの鍵はおかしいと感じた際には早めに対処する必要があります。

この記事の目次

はじめに

日常の生活の中で雨や風などの外部からの侵入をブロックしているサッシについては、しっかりと点検を行う必要があります。サッシと一口に言っても様々な種類のものがありますが、天候などによりダメージを受けないためにもしっかりと確認して交換が必要と感じれば交換する必要があります。最近では特に台風などの災害により様々な影響を及ぼしていることを目にする機会が多くなっています。自分の家は大丈夫と自信満々の方も多いのですが、何よりも定期的に確認をしっかり行うようにして、カギが壊れている場合、サッシのしまりが悪いと感じた場合には交換を行い必要があります。普段からサッシをしっかり確認することが大切です。室内を快適な室温に保つためにもサッシは重要ですし、壁や天井、窓といった空気中の熱が出入りをする場所でもあり、窓が最も薄い場所といえます。他の場所よりも薄く空気中の熱を通しやすいので、断熱性や気密性の対策が必要な場所といえます。サッシの気密性が低い場合には、外からの空気を簡単に通してしまうので快適な室温の部屋で快適に過ごすためには、サッシの存在は欠かすことができないのです。

不二サッシの特徴

不二サッシの特徴についてですが、窓の性能はもちろんですが、住宅性能た環境問題などにおいても建築基準法等多岐に渡り定められていて、商品を正しく安全に使うことができるように情報を提供していますし、安心して暮らすことができる住まいを提供しています。安心して多くの方が快適な生活を送ることができるように、耐風圧性は強風などの内外からの力に対してどの程度耐えることができるかの機能をしっかり確認して、台風などの強風にも耐えることができるように十分な性能を選定してくれます。水密性についても、雨水の侵入の判断については、窓枠を超えて屋内に雨水が入ることですが、水密性能をしっかり保持できるようにサッシを作っています。気密性についても、風が吹くことにより室内外に気圧が生じてしまうのですが、その隙間をなくすことにより冷暖房などを使う際にも部屋の中を快適な温度で保つことができます。防火性についてもしっかり配慮されていて、バリアフリーについては、高齢者や身障者などの移動や介護に対して快適な介護ができるように段差や手すりなどの設置をしっかり行っています。防犯性も安全に対策をとっていますので安心して生活を送ることができます。

サッシの種類

サッシと一口に言っても様々な種類のものがあります。またサッシにより様々な特徴がありますが、その特徴をしっかり把握することにより、サッシを交換する際にもカギを交換する際にも便利だと思います。・樹脂サッシは最近では国内メーカーが製造に力を入れていますが、最大のメリットとしては断熱性に優れています。今の時代は省エネと温かさで快適に過ごす事が出来る開発が盛んになっていますが、寒い地域では住宅に樹脂サッシを取り入れるところが多くなっています。樹脂サッシの内側は空気層が多い構造になっているために、空間が多いので透過を防ぐことができて、内側の空気が暖まり膨張することで隙間を埋める効果もあり、気圧性も高いので風や空気、音の出入りなどにも考慮しているためにおすすめできるサッシです。更に、樹脂は腐食が起こりにくくメンテナンスの手間がかかりませんが、カギは交換が必要になることも多いので、しっかりカギのかかりかたを把握しておかしいと感じた場合には、交換が必要になります。・木製サッシは、樹木の風合いを好む方にとっておすすめできるサッシで、どんな空間にも合うという事と、あたたかい風合いが最大の魅力となっています。更に高い断熱性を持っていて、オシャレな見た目という事により多くの方が選ぶサッシでもあります。しかし、木製サッシには修繕が必要になってしまうというデメリットもあり、塗装などがはげてしまったり、腐食、金属の不具合によりカギの交換が必要となるケースも少なくありません。・アルミサッシは、日本で最も多く利用されているサッシといえます。加工も簡単で入手も手軽に行うことができますし、費用的にも安く購入する事が出来るサッシといえます。アルミは耐久性が高い素材ですが、表面にアルマイト加工することにより、気候や気圧にも強く、長期期間使用することが可能といえます。しかし、耐久性は高いといっても金属部分があるために、カギなどがかからなくなってしまい鍵の交換をする必要があり、さらに冬場にはサッシの冷えにより断熱効果を期待する事が出来ないという点が挙げられます。結露の発生も多く部屋の温度を保つことが難しいといえます。

サッシのカギの交換方法

サッシのカギのことをクレセントといいます。専門用語なので知らないという人が多いと思いますが、クレセントは経年劣化すると締まりが悪くなってしまったり、扉とのかみ合わせが悪くなり、勝手に閉じたり開いたりするケースも少なくありません。そうなってしまったら交換を行い必要があります。サッシのカギの交換に関しては、難しいと感じている人も多いと思いますが、ドライバー1本で交換することができます。・代替品を準備します。交換を考えているサッシのクレセント錠のメーカーとタイプを調べます。確実に同じものを取り寄せることにより、交換は簡単に行うことができますが、古いタイプのものになると製造されていない可能性もありますので、新しい型のものを選んでも大丈夫です。同じものがない場合には、なるべく同じサイズの製品を探すようにしましょう。カギ取り付け交換を行う際にサイズが大幅に違ってしまうと取り付けができない場合もあるので注意する点としては、同じものを選らことで、もしも同じものが製造されていない場合には、不二サッシなどに直接連絡を入れてどのタイプのものなら合うのか確認するようにしましょう。・鍵の交換方法については、ドライバーを使ってついているクレセントを外します。先にネジを外したら、下側を緩めて本体をずらしていきます。取り外した上のネジをもう一度つけて、クレセントの縦框の間にある裏板と呼ばれているつなぎのパーツが落下しないために行います。後は、下側のネジを外して本体を取り付けていきます。取り付ける際には、手で軽くネジを仮止めしてドライバーを使って締めていく方法がおすすめできます。ビスピッチ部分が調整できるタイプのクレセントの場合には、施錠部分との調整のために位置を変更する場合があるので固く締めないようにしましょう。万能型の場合には、高さ、引き寄せ寸法などは変更することが可能となっているので製品の取り扱い説明書などを見ながら調節していくようにしてください。・バネだけを交換する場合には、クレセントを取り外して、裏側を見ると内部構造が見えます。バネの長さや直径が合えばすぐに交換することができますが、引きバネという商品名で販売されていて、ホームセンターなどでも購入する事が出来ます。サッシのカギの交換については、カギに不具合が出た場合には、バネに問題がある場合も多いので確認するようにしましょう。

サッシの鍵の交換費用

サッシのカギの交換費用については、自分でカギ交換ができるという場合には、クレセントの購入のみの代金となるので、一般的には商品により差がありますが、1000円~5000円程度となっています。鍵穴付きなどを購入する場合には、7000円前後かかる場合もありますが、クレセントの交換については、難しくありませんので自分で一度挑戦してみるようにしましょう。逆に業者にお願いする際の費用としては、カギ交換のプロのお願いすることにより、8000円~15000円前後となっています。交換する種類や機能性でも違いがありますが、交換をお願いする前に、一度見積もりを行ってもらうことがおすすめできます。クレセントはシンプルな構造となっているので、自分で調整することも可能ですし、交換も簡単に行うことができますが、クレセント鍵のトラブルを放置しておくことにより、サッシ全体のトラブルになってしまう可能性が高くなり、カギだけでなく、サッシまで交換する必要が出てくる場合もありますので、カギの調子が悪いと感じた時点で交換を行うようにしましょう。逆にサッシまで影響を及ぼしてしまうと費用がかなりかかってしまいますので、おかしいと感じた時点でカギを交換して早めに対処することが大切です。業者にお願いすると高額というイメージを持っている人も多いと思いますが、自分で交換することが不安と感じる場合には、業者にお願いするほうが安心できますよね。鍵は、防犯のためにも重要な役割を持っていますので、業者にお願いする事で安心することもできますし、確実といえます。また、サッシのカギが壊れてしまった際に、次の休みに交換しようと感じていてもなかなか時間が取れないという場合もあります。そんな場合には、早めに業者にお願いすることにより、すぐに交換してもらうことができますので、手間をとる必要もなく交換してもらうことができるというメリットもあります。

サッシのカギのメンテナンスと注意点

サッシのカギ交換は自分で簡単に行うことが可能となっていますが、逆に間違ったサイズのカギを選んだり取り付け時点で間違ってしまうと違う商品を購入する必要があります。サッシのカギの交換方法については、簡単にできるというイメージがありますが、カギの選び方などにより業者にお願いするよりも高額になってしまうケースもありますので、自分で自信がないという場合には、きちんと業者にお願いするようにしましょう。また、サッシのカギの交換方法と同様で日常の生活の中でサッシのカギのメンテナンスもしっかり取り入れてみましょう。メンテンナンス方法ですが、掃除機のパイプ部分を外して、鍵穴部分を左右にユゴ化して誇りやごみを吸い出します。潤滑剤スプレーなどを使ってカギの開け閉めを滑りやすくします。汚れが頑固な場合には、古い歯ブラシなどを使ってカギの汚れを取り除くようにしましょう。また、サッシのカギが閉まりにくいと感じた場合には、サッシの下や上の確認もしっかり行う必要があります。サッシの不具合については、カギだけでなくサッシの溝にごみが詰まっている場合なども考えられますのでしっかりごみなどが内容に手入れを行っていく必要があります。

まとめ

不二サッシといえば皆さん大手なのでご存知だと思いますが、何よりもサッシのことをしっかり見極めた商品を作っています。様々な面において配慮を行って各家庭に合ったサッシを提案してくれますが、カギの交換などもしっかりと対応してくれますので、戸惑いがある人や不安があるという方はお願いするようにしましょう。サッシのカギは締まりが悪くなってしまったりすることも多いのですが、自分でできる場合は問題ありませんが、失敗しないようにしっかり説明書を手に取って行っていく事がおすすめできます。サッシのカギを交換する方法としては、自分で行う方法と業者にお願いする方法がありますが、業者にお願いすると工賃がかかる場合があり少し高額となってしまいますが、失敗なくカギの交換ができると思います。カギ交換の際に不二サッシのものなら、しっかりと合ったカギを購入するために確認が必要となります。同じような鍵なら何でも合うと勘違いしている人も多いのですが、締まりが悪かったりガタガタしたりと後で後悔してしまわないためにもしっかりと確認を行って交換する必要があります。サッシはある程度の年数がたつと交換が必要になってきますが、カギは特に開け閉めや湿気などにより壊れてしまいやすいと言われていますが、カギの交換を行うときには、まず重要になってくることは同じメーカーの型番を購入する事が大切です。防犯対策に欠かす事が出来ないサッシのカギですが、不具合が起こった場合には早急に交換する必要があります。カギがかからない状態で過ごす事は避けるようにしましょう。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店