お風呂のドアノブの特徴と交換方法

お風呂のドアノブの特徴と交換方法については、何よりもドアノブの種類により違ってきます。その中で、それぞれに特徴があり、交換方法にも違いがあります。お風呂のドアノブについては、お風呂は湿気が多い場所なのでドアノブが壊れてしまったり、ドアを開ける際に力が必要になってしまうケースも少なくありません。そんなときには交換が必要になってきますが、どのような交換方法があるのでしょうか。ドアノブの種類により異なってきますが、ドアノブを交換するための交換方法や費用について知っておくと便利だと思います。そこで本記事ではお風呂のドアノブの交換方法をはじめ、お風呂のドアノブにおける情報をお届けします。

この記事の目次

はじめに

お風呂のドアノブといっても様々な種類がありますが、各家庭において使い勝手の良いものを選ぶ必要があります。新しいうちには交換する必要もなく快適に使いこなすことができますが、年数を重ねることにより、開けにくくなったり、閉まりにくいという症状が出てくる場合も多いのです。お風呂のドアノブの交換方法としては、どのように交換すればよいのでしょうか。交換を検討している人も多いと思いますが、器用な方は自分で交換することができます。自信がないという人は業者の方にお願いする必要がありますが、交換方法を自分の目で確かめて自分でもできそうと思ったら、交換する際に便利なので参考にしてみてくださいね。

お風呂のドアノブを交換する前の注意点

お風呂場のドアノブ交換方法は、交換作業自体は勝手口などのドアノブと変わりはなく、古いドアノブを取り外して、新しいドアノブを取り付けるという流れが基本となっています。しかし、基本的な流れは知っていても、お風呂場は湿気が多い場所という事もあり、ドアノブが錆びてしまっている状態の場合は、取り外すことが難しくなってきます。ドアノブ交換を行う上で必要な道具ですが、マイナスとプラスのドライバーで交換することができますが、錆び取りスプレーも用意しておくようにしましょう。交換の際に、ドアノブの錆がない場合には、錆び取りスプレーを使うことはありませんが、もしもの時のために用意しておくと便利です。錆び付いてしまったドアノブを外すために錆び取りスプレーを使うことはおすすめできますが、日常でメンテナンスをする際に錆び取りスプレーを使うのはおすすめできません。

風呂のドアノブの正しい交換方法

実際にお風呂場のドアノブを自分で交換しようと考えて部品を購入したけど、どうやって交換したらよいのかわからないという事もよくあります。説明書はあるけど、外し方がわからないという場合も多いのですが、初心者の方でもお風呂のドアノブを交換できる方法を紹介していきます。実際にお風呂場のドアノブを自分で交換しようと考えて部品を購入したけど、どうやって交換したらよいのかわからないという事もよくあります。説明書はあるけど、外し方がわからないという場合も多いのですが、初心者の方でもお風呂のドアノブを交換できる方法を紹介していきます。握り玉を外す。ドアノブが円筒錠の場合は、ノブの根本に小さな穴があります。その①小さな穴にマイナスドライバーやキリを使って軽く押しこんで、押し込んだままの状態で握り玉を引っ張ることで部品を外すことが可能です。部品が錆びている場合は取り外しが困難な場合がありますが、そんな場合には、ノブを切り落とすなどの作業が必要になります。その時は、自分で交換するのは難しいといえるので、プロの方に相談するようにしましょう。普段に使うことがない道具を使うことで怪我をする事もありますので無理に工具を使って交換を考えるのではなく、業者にお願いするようにしましょう。②丸座を外す。握り玉がスムーズに外せたら、ドアに接しているノブの根本の横にも小さな穴があり、丸座を外していきます。丸座の横にも小さな穴があり、そこにマイナスドライバーを差し込んで取り外していきます。丸座が錆びている場合には、錆び取スプレーなどを使って錆びを落としながらドライバーで取り外していきましょう。錆び取スプレーを使っても動かない場合には、力任せで外そうとしてしまいがちですが、その結果ドアが破損してしまう場合もありますので、無理だと感じた際には、業者にお願いするようにしましょう。③外側のノブを取は外す。丸座をスムーズに外すことがで、円筒錠を固定しているビスが出てきます。ドライバーを使って取り外していきましょう。ビスを外したら、外側のノブを取り外していきます。ビスが錆びている場合には、固くて回せないこともありますが、錆び取りスプレーを少しずつ使って錆びを落としてください。ひどい場合には、ビス山が潰れてしまい外せない場合もあるので注意が必要です。自分でどうにかして外そうとする人も多いのですが、何よりも無理に外そうとすると力任せになってしまい、自分で交換するつもりでも破損してしまうと交換が難しくなってしまうのでその辺をしっかり考えて自分では無理だと思ったら業者にお願いするのがおすすめできます。④ノブをスムーズに取り外すことができたら、扉側面のプロントプレートを留めているビスを外して、ラッチを取り出します。部品をすべて取り外したら、錆び取りスプレーを使いサッシ、ドアについている錆びを落としていきます。スプレーした場所は、雑巾などを使いスプレーを拭き取っておくようにしましょう。⑤取り付けを行う。お風呂のドアノブの交換方法としては、交換する際にはまずはドアノブを外す工程を行いますが、取り付ける際には、外す工程と逆の工程で取り付けていきます。新しい円筒錠に交換する場合には、説明書などを参考にしてドアノブをつけていきます。交換が終わったらドアを開いた状態でカギの開け閉めがスムーズにできるか確認します。ラッチはきちんと動くのか確認をしてドアノブの取り付けは完了となります。・注意点としては、元々ついているドアノブではないものを取り付けようと考えている人やドアノブがさびてしまっていてスプレーなどを使っても外すことができない場合には、取り外しを行っている時に、サッシを壊してしまう場合もありますので、専門の道具が必要になってきます。そんなときには、自分での交換はあきらめてプロの方にお願いするようにしましょう。お風呂のドアノブといっても様々な種類がありますので、しっかりと今までと同じような使い勝手で使っていきたいと思っている人は、業者にお願いするのがおすすめできます。

浴室ドアの交換方法

お風呂のドアノブの交換を考えている人も多いと思いますが、古くなっている場合には、浴室のドアを交換するのがおすすめできます。ドアだけを交換する場合には、工事費を安く抑えることができます。ドアノブが壊れている場合は、実際に古くなってしまっているケースも多いと思います。そんな時には、ドアを一緒に交換することがお勧めできます。ドアを交換する際には、業者にお願いする必要がありますが、基本的には、5万円~8万円程度で交換することができます。お風呂のドアの開け閉めをスムーズにすることができて、自分でカギだけを変えても、浴室のドアが古くなっている場合や傷ついている場合には、カギの交換だけでなく、ドアを交換するようにしましょう。自分でドアノブを交換することができますが、ドア自体も古いと感じている場合には、全部を変えることにより、快適な入浴を行うことができるために、全てを交換することを検討してみましょう。ドアノブ自体はスムーズに開け閉めできれば良いと感じますが、ドアなどが古い場合には、傷ついている状態という場合も多く、ドアノブだけ交換してもしばらくするとドアの交換が必要になってしまうケースもあり、ドアノブの交換を考えて場合には、一緒に交換することを考える必要もあります。

お風呂のドアノブと修理の費用

お風呂のドアノブの修理や故障については、まずは業者にお願いしてみるようにしましょう。ドアがガタガタしたり、折れたり、外れたり、空回りして回らないなどという場合には、ドアノブを交換すれば良いと考える人も多いのですが、ドアノブを交換するのではなく、修理できる場合もあります。自分で調べてばらしてしまう人もいますが、逆にどうにもならなくなったという事になってしまうケースも多いと言われています。お風呂のドアノブについては、錆びてしまう事が多く、壊れやすいといえます。調子が悪いと感じた場合には、修理をお願いしてみるようにしましょう。お風呂のドアノブ修理や調整の費用としては、8000円~となっています。交換した場合の相場としては、10000円プラス部品代となっています。自分で交換するのは自信がないという人は、専門業者にお願いするようにしましょう。専門業者では出張料無料でお見積りも無料となっているので、どんな状態かしっかり確認することができますし、自分の判断ではどこが悪いのは分からないというケースも多いので専門の方にお願いいすることにより、スムーズにドアノブの交換や修理を行うことができます。費用については、業者により異なってきますが、ドアノブの交換前にしっかりと確認しておくことにより、ドアノブをスムーズに交換することができます。業者も1社だけでなく、何社か見積もりを行ってもらうことにより料金面でもお得にドアノブの取り換えを行うことができるので、無料で見積もりを出してくれる業者を探して、比較してみるようにしましょう。自分でドアノブを交換する場合には、ドアノブの費用だけで交換することができますが、業者にお願いすることにより、工賃などもかかってきます。しかし、自分で交換するのが難しいと感じた場合には、プロにお願いすることがお勧めできます。

6お風呂のドアノブのメンテナンス

お風呂のドアの汚れに関しては、日常で意識していない人も多いと思いますが、カビや石けんカス、カルシウム汚れ、埃が原因となっていて、頑固な汚れになっている可能性が高いといえます。その中で何よりも日常でお風呂のドアノブのメンテナンスをしっかり行う必要があります。メンテナス方法を紹介するので日常で取り入れてみましょう。カビ取り剤を用意しましょう。カビキラーなどドラッグストアなどで手軽に購入できるもので大丈夫です。定期的に掃除をする際に使っていきます。使い方は、キッチンペーパーを当ててカビ取り剤をスプレーすると頑固な汚れを落とすことができます。カビ取り剤を使う際には、しっかりと換気を行って使う必要があり、ドア回りのメンテナンスとドアノブのメンテナンスをしっかり定期的に行っていきましょう。お風呂の中は湿気が多いために、ドアノブ自体も錆が付きやすいのですが、錆びないように錆びスプレーなどを定期的に使うことにより、錆を対策することができますし、ドアノブは濡れた手で開けることも多く、濡れている状態をそのままにしておくことにより、錆びの原因になりますので、しっかりと濡れている場合には拭くようにすることで錆びない対策を行っていく事が出来ます。

まとめ

お風呂のドアノブの交換方法については、器用な人は自分でも交換することができますが、難しいと感じる人は業者にお願いする必要があります。また、器用な人でもドアノブが錆びているとネジの部分がわからない状態になってしまう場合もあります。そうなってしまうと自分で交換することが難しく、ドアノブを自分で交換する場合には、メンテナンスなどもしっかり行うようにして、ドアノブの状態を把握しておく必要があり、手遅れになる前に前もって交換することにより、自分での交換をスムーズとなります。しかし、錆びがひどくなってしまうと自分での交換は難しくなってしまうので、無理だと感じた際には、きちんと業者にお願いするようにして、ドアノブの交換を行う必要があります。お風呂のドアノブの交換方法については、ドアノブの状態を日常で把握することにより、少しおかしいと感じた時点で交換することができると思います。壊れている状態が長く続いてしまう事により、自分で交換することが難しくなってしまうので、自分で交換したいと考えている人は、早めに交換するようにしましょう。故障していない状態でも定期的に確認することにより、ドアノブを自分で交換することができますが、錆びがひどい場合やどうにもならない状態で交換を考える際には、自分で交換することが不可能になります。ドアノブの交換に関しては、難しいと感じた場合には、業者にお願いするのがおすすめできます。業者は専門の用具を持っていますので、スムーズに交換することができますが、自宅には専門の用具はないという事もあり、力ずくで外してしまいガチですがそうなってしまうと、逆にドアノブだけの問題ではなく、ドア自体も曲がってしまったりする場合もありますので、ドアノブの交換に関しては簡単に考えるのはなく、状態を把握したうえで、自分でできないと感じた場合には、プロにお願いするようにしましょう。自分で交換したいと感じている人は、故障してしまう前に早めの交換を心がけることにより、スムーズに交換することができると思います。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店