玄関サッシの鍵を交換したい!どういった鍵がおすすめ?

住宅にとって、玄関というのは最初に通過することになる場所であり、非常に重要な印象を作る場所でもあります。そして同時に、セキュリティ上も重要な場所であることは間違いありません。侵入犯の6割程度は窓から侵入するという統計がありますが、だからといって玄関の防犯性をおろそかにして良いというわけではなく、実際に多くの家庭が玄関のセキュリティ性のために鍵を付けていることでしょう。ただ、この玄関の鍵というのはただつけていればそれだけで安全というわけではありません。
現在自宅の玄関に於いて使用されている鍵がどのようなものであるのか、しっかりと把握されているでしょうか。もしかすると今使用している鍵は古いもので、セキュリティ性が低下してしまっているものかも知れません。鍵のセキュリティ性の低下というのは、実は実際のセキュリティ性低下以上に意味があります。というのも、周囲の住宅と比較した時に相対的にセキュリティ性が低い事になってしまう可能性が高く、空き巣から”狙われやすくなる”という問題も存在しているためです。これらについても考えつつ、自宅玄関ドアの鍵について改めて知っておくようにしましょう。
そこでここでは、もし自宅玄関ドアの鍵を交換したいという場合について、どのようなことが重要になるのかについてを紹介します。最初に紹介するのは「どのような鍵に取り替えられるのか」ということについてです。全てのドアやシリンダーで、全ての鍵が使用できるというわけではありません。
次に「交換先となる鍵の種類」についてです。使用する鍵の種類によって、セキュリティ性を始めとして様々なものが違っているため、その種類についても知っておくのが重要になります。
そして最後に「鍵の交換のDIY」についても紹介します。鍵の交換というのは、自分で行うことができるものなのでしょうか。できるのであれば、確かに費用を抑えることができるため、この点についても合わせて紹介します。

この記事の目次

まずどのような鍵に取り替えられるかを知ろう

鍵を交換したいという場合、まず考えるべきなのが現在使用しているドアで使用することができる鍵としてどのようなものがあるのか、ということについてです。ドアにもいくつかの種類があり、それに応じて使用することができる鍵の種類にも違いがあることが多くあります。例えば使用しているドアが一般的な片開きドアであるのか、サッシ形式の引き戸であるのか、はたまた観音開きタイプであるのか、ということによっても使用できる鍵の種類、適切な鍵の種類には違いが生じることになるでしょう。ここから先では、そのような要素を含む鍵の取り付けの可否を確認するための方法について紹介します。
最初に紹介するのは「現在使用中の鍵のメーカーと型番を調べる」ということについてです。これがわかれば、新しい鍵としてどのようなものが互換性があるのかを確認することができるためです。次に紹介するのは「型番にあった鍵を探す方法」についてです。上記で調査した鍵の型番をもとにして、交換先となる鍵をどのようにして探すのか、ということを紹介しています。そして最後に「シリンダーを外しての鍵形状の確認」についてです。これら3つについて抑えておくことで、交換先となる鍵を考えるための情報をおおよそ揃えることができるでしょう。

現在使用中の鍵のメーカー・型番を調べよう

それではまず、鍵を交換するために、現在使用している鍵の種類や型番についてを確認する方法について紹介します。これについては、ドアを開けて、ドア側面にあるプレート部分を確認することによって判断することができます。この場所に刻印としてメーカー名と型番が記載されているため、これを控えるようにしましょう。良くあるメーカーとしてはMIWAなどが代表的です。その下に型番が記載されているため、こちらも合わせて控えておくようにしましょう。同じメーカーの鍵であっても、規格に違いがある可能性があるためです。
また、1つのドアに対して複数の鍵を使用しているという場合については、それぞれの鍵について同じように型番の確認を行っておきます。これは鍵の交換を行う上で、大前提となる部分です。

型番にあった鍵を探すためには?

鍵のメーカーと型番を確認したら、今度はそれをもとにして合致する鍵の種類を選択するようにしましょう。昨今では幸いインターネットを使用することによって、比較的簡単合致する鍵を探し出すことができるようになっています。特にインターネット上にある鍵刻印から適合タイプ候補を探し出すことができるサイトを使用すれば、これについてはかなり簡単に判断することができるでしょう。
ただし、1つの刻印に対して1つだけの鍵タイプがあるというわけではありません。複数が鍵タイプが記載されている場合については、もう少し詳しく情報を確認する必要があります。

シリンダーを一度外して鍵形状を確認しよう

上記のようなサイトを使用しても複数の鍵タイプが存在しており、1つに絞り込む事ができなかった、という場合については、鍵を一度シリンダーから取り外してその形状の確認を行う必要があります。鍵の取り外し自体は、ドライバーがあれば比較的簡単に行う事ができるのですが、この時注意しなければならないのは再度組み立てを行うことができるようにしておかなければならないということです。取り外すことができても取り付けることができなくなってしまった場合、結局自分での対応ができなくなってしまうため、その点には付いては十分注意をする必要があるでしょう。
シリンダーを外したら、その形状を見比べながらどの鍵タイプのものであるのかを判断するようにします。この部分については比較判断ということになるため、少々知識が必要となる点については注意が必要です。

交換するなら性能の良いものを選びたい!交換できる鍵の種類

それでは、上記の様な鍵の確認を行ったら実際に交換を行うにあたって必要となる情報を収集していく必要があるでしょう。鍵を新しいものに交換するのであれば、せっかくなら高いセキュリティ性を有しているような鍵に交換したい、と考える方も多いのではないでしょうか。ここでは、鍵の交換のために知っておきたい情報をいくつかの項目からピックアップして紹介します。
最初に紹介するのは「性能が必要となる理由」についてです。玄関防犯の重要性についてをまず紹介し、その上で鍵のセキュリティ性について考えてみるようにしましょう。次に紹介するのは「防犯に不向きな鍵」についてです。これは交換先の鍵として避けるために必要な情報というだけではなく、そろそろ交換を考えたほうが良い鍵の情報ともなります。そして3つ目に紹介するのは「昨今の鍵の種類と、そのメリット」についてです。これらについても知っておくことによって、より新しい鍵を適切に選べるようになります。そして最後に「キーレス錠の登場」についても紹介します。鍵を持ち歩くこと無く、解錠や施錠を行えるものも登場しているため、これも知っておくと新しい鍵を選ぶ際に役立つことでしょう。

なぜ性能を必要とするのか?玄関の防犯対策は重要

まずは、そもそもなぜ玄関の鍵が必要となるのか、そしてその性能が必要であるのか、ということについて紹介します。最初にも紹介したとおり、侵入犯の侵入経路としてはガラス破りによる物が多く、窓が侵入経路となっていることが多いのですが、玄関に対してもそのアプローチが行われていないわけではありません。侵入犯からすると、窓から侵入しているところを見られるのはあまりにも不自然であるためにリスクが高いものですが、玄関からはいることができるのであれば、その不自然さはある程度抑えることができるためです。
また、統計によると空き巣が鍵開けを諦めるのは、およそ5分で解錠を行う事ができるかどうか、という点が分水嶺になっているといいます。そのため、少なくとも5分間以上稼ぐことができるような鍵を使用しておくことが重要になるわけです。

ディスクシリンダーやピンシリンダーは防犯に不向き。使い勝手も……

鍵の交換について考える時、知っておきたい要素の一つに、防犯性の低い鍵があります。この情報を知っておくことで、今使用している鍵を交換するべきかどうかが分かり、交換先として選ぶべきではない鍵を知ることもできるためです。そんな鍵の鍵の中でも、特に注意して欲しいのが「ギザギザとした形をしている鍵」です。鍵というとギザギザしているものというイメージがある方も多いかと思うのですが、実は昨今の鍵というのはそれ程ギザギザしているものはありません。多くがストレートな形をしているものに変わっています。ギザギザとしているものは比較的古い機構による鍵であり、どうしてもそのセキュリティ性は昨今のものに比べると劣っています。
特に注意するべきであるのが、ディスクシリンダーと呼ばれる鍵と、ピンタンブラーと呼ばれる鍵の2つです。この2つは特に脆弱性が高く、簡単に解錠されてしまいます。まずディスクシリンダーについては、ピッキングに非常に弱い性質があります。慣れている人であれば1,2分で解錠することができてしまうため、ほぼ防御性能を持ちません。そしてピンタンブラーについては、これを開けるための専用の方法が開発されてしまっており、バンピングという方法で簡単に開けることができてしまいます。これは道具さえあれば子供でも開けることができてしまうというもので、非常に危険であると言えます。
またこれらの鍵はリバーシブルではないため、使用がしにくいというデメリットもあります。新しい鍵としてつける事を考える時に、この2つを考慮する必要はないでしょう。

現代の玄関の鍵の多くはディンプルシリンダー。その利点は?

それでは昨今の鍵というのはどのようなものになっているのかというと、これはディンプルシリンダーと呼ばれる鍵がほとんどです。ディンプルというのは窪みという意味で、その名前の通り鍵の表面に小さな窪みが多く打ち込まれており、これが古い鍵におけるギザギザと同じような役割を果たしています。これが合致するかどうかによって、鍵が解錠されるようになっているわけです。
一見するとセキュリティ性が低そうに見えるのですが、合致しなければならないポイントは古いものに比べて多くなっており、セキュリティ性は大きく向上しています。また、リバーシブルでもあるため、普段からの使い勝手も良いというメリットもあります。

鍵を持って出歩く時代はもう古い?キーレス錠様々

また、昨今では従来のように鍵を使用するのではなく、他の方法で解錠できるようになっている、キーレスキーと呼ばれるものも登場するようになっています。これについては解錠のために用いられるものに違いがあり、それによってセキュリティ性にも違いがあります。
例えばIDカードのようなものを使用しているものや、スマートフォンに鍵の機能を内蔵させるようなものも登場している他、眼球や指紋などを使用した生体認証式の鍵というのも登場するようになっており「鍵を持ち歩かない時代」も近付いてきていると言えるでしょう。とはいえ、これらの普及はまだそれ程広がっているというわけではありませんので、実際に導入するのが今かどうかはまだ考える必要がありそうです。

鍵交換はDIYできるのか?

それでは、鍵の交換というのは自分で行うことができるものなのでしょうか。これについては、結論から言えば可能です。上記の様な情報を元にして適合する鍵の種類さえ判明させることができれば、鍵の交換には特別な道具なども必要なく、比較的簡単に行う事が可能です。ただし、種類の間違いなどがあると交換のために用意した鍵を使う事ができない、というようなトラブルが発生する可能性もあるため、その点については十分注意をしておく必要があるでしょう。
トラブルを避ける事を考えるのであれば、鍵業者に依頼をしたほうが諸々の面で安心することができます。ただし、鍵業者に依頼する場合には当然ではありますが費用がかかることになるため、その点についてのトラブルが発生しないように、適切な価格であるかどうかを比較しながら検討する必要があるでしょう。鍵が故障していて中に入ることが出来ない、というような状態になっているのではなく、内側から作業できる状態で交換を行いたいという場合であれば、鍵業者による作業でもそれ程高額にはなりません。

まとめ

最後に、鍵の交換に関する情報のまとめを紹介します。玄関の鍵はセキュリティ上非常に重要なものであるため、しっかりとその種類を考えて交換を検討するのが良いでしょう。古い鍵となるとセキュリティ性が低いものも多いため、ある程度のセキュリティ性を確保することを考えるとやはりディンプルキー等を使用する方が適切です。
交換についてはDIYで行うこともできますが、業者依頼の方が安心感は高くなります。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店