自宅の玄関の鍵をキーレスにする方法や費用を知ろう

自宅の玄関には必ず鍵が存在します。この鍵が存在することによって外部からの不法侵入などを防ぐことができ、空き巣や強盗、そのほかの不審者などの入手を防ぐことができるわけです。
そして、鍵は日々進化を遂げており、今はキーレスタイプの鍵も多数存在するようになっています。自動車ではほぼ一般的になっているキーレスのシステムですが、これが家庭にも浸透しつつあるのです。
そのため、これから新しい鍵を導入する際には活用したいシステムと言えますが、このキーレスを導入するにあたってかかる費用をご紹介します。

この記事の目次

玄関のキーレスとはどういう意味なのか?


キーレスと聞けば自動車の鍵システムのことを思い浮かべる方が多いはずです。
しかし、それを玄関ドアに付けると言われても意味がわからない方も多いものです。そこで、ここでは自宅玄関に最近多く採用されるようになっているキーレスシステムの基礎をお届けします。

自動車のキーレスと同様のシステム

基本的にキーレスとは自動車のキーレスエントリーシステムと同様です。いくつかのタイプがありますが多いのはリモコンを自分が持っている状態で、ドアノブについたボタンを押すシステムです。つまり自動車のドアを開けるときと同じです。
また、これも自動車と同じですが、ボタンを押さずにドアノブに手を触れて引っ張るだけで開くパターンもあります。いずれも自分がそのドアを開けるために用意されている正規のリモコンを持っていることが前提ですが、このリモコンはポケットの中やカバンの中に入れたままにしておいても開くことが多いため、玄関ドアの前でわざわざ荷物を一旦置いてから鍵を取り出して開けるというひと手間が不要になるのです。
たくさんの荷物を持っているときやお子さんを抱っこしての帰宅の際には鍵を取り出す手間が面倒なものになりますし、雨が降っているようなときにこうした状況を避けてさっさと家の中に入りたいわけですが、キーレスシステムを玄関ドアに導入しておけばそのようなストレスもなくなるのです。そのため、自動車のドアを開閉する際に得ているのと同じメリットが得られる鍵として考えておきましょう。

リモコン以外のキーレス

キーレスシステムの中にはスマホやICカードなどをドアにかざすことで開くタイプもあります。この場合、鍵を増やしたいときに手軽に増やせるわけです。また、デジタル鍵とも呼ばれる暗証番号方式の鍵や生体認証形式の鍵、カードキーを差し込むタイプの鍵などもあります。
これらの場合には何も持ち歩かなくて済み、カードキーはお財布の中にほかのカードと一緒に入れておけるため、持ち歩くアイテムを減らすことができます。そのため、今はこうしたキーレスシステムに注目する人もたくさんいるのです。また、防犯能力が高まることから、防犯への意識が強い人ほど興味を向けているものです。

キーレスにするメリットや魅力


自宅の玄関ドアの鍵を従来のようなシリンダー錠ではなく、キーレスにするお宅が増加中です。このキーレスには従来タイプの鍵にはないメリット、そして魅力があるからです。
そのため、今キーレスにすべきか悩み中という人は、魅力を知った上で検討を重ねてください。

鍵穴がないのでピッキングの心配が不要

キーレスの鍵は文字通り鍵がありません。鍵がないということはシリンダー錠のような鍵穴も存在しません。キーレスシステムが採用された玄関扉を見ればわかりますが、ドアノブなどがあってもそこに穴はありません。これが何を意味するかと言えば、強固な防犯性を意味するのです。
空き巣などの犯罪者が一般家庭に入る手口は多岐に渡りますが、多くは玄関ドアの鍵を特殊工具などを用いて開錠して堂々と玄関から入る方法です。窓ガラスを割るなどすれば周囲に音が聞こえますし、家の人が帰ってくれば即座に異変に気付きます。
しかし、玄関の鍵を開ける場合、特に何も壊していません。開錠する姿を誰にも見られなければいいのです。また、家の中を物色してもあまり散らかさないようにしておけば、家の人間が帰ってきても空き巣に入られたと気づくまでに時間がかかります。つまり、犯罪者ができるだけ遠くへ逃亡する時間稼ぎもできるのです。
このような犯罪者側の考え方もあって鍵を開けて不法侵入するケースが今も多いのですが、キーレスシステムを採用している玄関ドアならばその特殊工具も意味を成しません。鍵穴があって初めて意味がある行動ですが、肝心の鍵穴がないため泥棒は何もできないのです。
無論、そのほかの手口の犯罪者もいるため、防犯の気持ちを緩めてはいけませんが、少なくともピッキングしようと思ってやってきた犯罪者は諦めることとなります。こうして家の玄関の防犯能力を高めることができるメリットがキーレスにはあるのです。過去にピッキングの被害に遭った人などは鍵を変える際にキーレスシステムを採用していることも多いです。そのため、同様に過去に嫌な思いをしたことがあるのであればキーレスに変えてみましょう。
また、盗みを働く犯罪者のみならず、世の中にはそれ以外の目的で侵入しようとする人間も存在します。そのため、狙われやすいと言われる女性などが家に部外者の侵入を阻止するべく、キーレスを採用するケースも今は増えています。ひとり暮らしが不安な人や家族で住んでいて子供や女性を守りたいと考える方などはキーレスの採用を検討しましょう。もちろん男性にとってもキーレスはありがたい存在なので、積極的に活用したいものです。

鍵を失くしてもシリンダー交換が不要

シリンダー錠の場合、鍵を持ち歩くこととなり、鍵を失くしてしまうことがあります。どんなに大切なものでも持ち歩けば落とすことがあるからです。この際、合鍵を作ることはできますが、落とした鍵が見つかっていない以上は誰かがそれを使って侵入してくるリスクがあるため、シリンダー錠ごと交換することとなります。
本当にどこかに落としただけならまだしも、悪意を持って知り合いなどが盗んでいた場合にはそのあとが大変です。こうした事態まで想像するとシリンダー錠ごと交換したいものです。しかし、そうなると高額な費用が発生しますが、キーレスシステムを採用している自宅の場合には、鍵そのものを持たない生活となりますので、落とすリスクがありません。
無論、キーレスにも様々なシステムがあり、自動車のキーレスと同様に小さいリモコンを持ち歩く場合が多いですし、スマホが鍵の代わりになっていることもあります。しかし、普通の鍵と異なるのは、このリモコンは玄関の鍵を開閉する際に出し入れが不要なことが多いということです。
そのため、カバンの中の落とさない場所に入れておくなどすれば紛失リスクも低減されます。そのため、鍵を失くすリスクは一般的な鍵と比べても少ないため、安心して利用ができますし、失くした際のコストの心配もないという点がメリットとして挙げられます。

スマホが鍵になるので大所帯でもありがたい

玄関ドアの鍵をキーレスにした場合、スマホが鍵の代わりになることがあります。スマホに専用アプリを入れるなどして使用し、それを玄関ドアにあるカードリーダーなどにかざすことで開閉ができるというものです。カードリーダーは外からわからないようになっているタイプのドアもあるため、見栄えの面でも安心です。また、スマートフォンがあればその分だけ鍵が増えます。
もちろん、台数に上限が設けられているタイプもありますが、家族全員で鍵を持ちたい場合などに通常の鍵であれば合鍵を複数作る必要があり、そのための費用もかかりますが、家族がスマホ保有者であればそうしたコストなしに鍵を増やしていくことが可能です。さらに、親などが長い休みを使ってきているときやお子さんが帰省してきた際などに一定期間滞在するというようなこともありますが、このような場合には個々に鍵を持っていたほうが何かと便利です。
システムごとのルールなどもありますが、一般論として言えばこのような際に一時的にその人に鍵を持たせることも可能となります。スマホを持っているのであればその中に鍵を入れるということができますので、帰省してきた子供などに鍵を与えたい場合にも余分な鍵を作る手間暇もコストもないため、手軽に与えることができるわけです。また、大所帯の家族であってもありがたい部分があるなど、スマホ鍵は利便性が高いと言われています。
さらに、スマホだけではなく、交通系ICカードがそのまま家の鍵になるような場合もありますが、こちらの場合でも同様のメリットが得られると言われています。

オートロック設定で閉め忘れの心配が不要

家の鍵に関してよくある話として、家を出て駅などに歩き出してからふと鍵を閉めたかどうかがわからなくなり、急に不安となって家に戻るということもあります。これは年齢にかかわらず起こるものですが、キーレスシステムを自宅ドアに採用すれば基本的にオートロックシステムもついてきますので、閉め忘れるという行為自体が完全になくなります。
自分がドアから出たあとは自動的に閉まります。また、これは家に入るときも同様です。荷物を持って帰宅したり、お子さんと帰宅した際にはつい玄関の鍵を内側からかけるのを忘れてしまうことがあります。しかし、キーレスの場合にはその手間も不要ですから閉め忘れがありません。
無駄な時間を使って確認しに行く必要もありませんし、尚且つ本当に閉め忘れて防犯上のリスクを高めるようなこともありません。窃盗犯などが家に侵入する際にはピッキングをおこなうことが多いですが、一方では鍵が閉め忘れられていた家を見つけて侵入するということも多いです。
そのような背景を考えますとオートロックで確実に閉めてもらえるキーレスのシステムは見逃すことができないものです。

自宅のカギをキーレスにする方法


これから鍵を交換したいという意向を持っており、その際にキーレスに興味を持っている場合、自分の家のドアにキーレスを付けられるのか、さらにはその際のコストがどうなるのかということが気になるはずです。
ここではそれらの情報をご紹介していきます。

どんな家でもキーレスは可能?

基本的にどのような家であってもキーレスにすることは可能です。鍵を交換するのと同じように考えればいいからです。しかし、どのようなキーレスシステムを採用するのかによって工事も変わってきますので、その点は鍵屋さんなどに相談しましょう。ただ、今は多くの家庭でキーレスへの交換をおこなっているため、多くの鍵業者も作業には慣れています。家を下見に来た際に即座にジャッジしてくれます。
また、交換が難しいと言われるような場合でもドア交換やドアへの加工工事をおこなえば可能となるケース、ドア横の壁面に各種機器を備え付けるような方法で実現できるケースもあります。それぞれの家ごとに事情が異なりますので、まずは業者に相談した上で家を見てもらいましょう。

キーレスにする際の費用とは?

キーレスに交換したい場合、まず掛かってくるのがキーレスシステム本体の費用です。これはどの製品を選ぶのかで変わってきます。シンプルな機能のものであれば40,000円から50,000円前後で販売されていることが多いですが、オートロック機能や暗証番号方式のキーレスシステムを採用したい場合には50,000円から100,000円程度かかります。これにプラスして工事費がかかってきます。
ただし、お店などでキーレスシステムを購入し、その店に取り付けの作業も同時に依頼すれば工事費が無料になることも多いです。自分で取り付けようとする人もいますが、たしかに工事費を考えればDIYのほうがお得な方法となります。ただし、購入先によっては工事費がかからないケースもあるため、その点は考慮しましょう。
また、自分で取り付けた場合にはメーカーによっては保証が受けられなくなることもあります。そのため、今後のことも踏まえてよく検討しておきたいものです。

キーレスを導入するべき家庭の特徴とは

自宅の玄関ドアの鍵をキーレスにするのに相応しい家庭というものもあります。
そのため、自身が鍵をキーレスにするかどうか悩んでいるのであれば、世間においてどのような家庭の方がキーレスを採用しているのかを知った上で、自分の家にも当てはまるということであれば前向きに検討してみましょう。

過去に防犯面で不安な事態があった家庭

キーレスの玄関は鍵穴がないなどの特徴があります。そのため、防犯上の観点から見ても魅力的な鍵と言われています。一般家庭に押し入る空き巣や強盗などの多くがピッキングと呼ばれる鍵穴に道具を差して鍵を開錠する方法でドアを開けています。しかし、キーレスの場合にはその作業をおこなうための鍵穴が皆無なわけですから、ピッキングのリスクは低減されます。
そのため、防犯面のことを考えて鍵を変えたい、もしくは鍵に関する情報を集めているという場合には、キーレスに目を向けておきましょう。特に過去に家に空き巣が入りそうになった経験をしている家庭や実際に被害が生じた家庭などは、キーレスに目を向けておきましょう。
当事者になって初めてこのようなリスクに気づくということはよくありますが、今からでも遅くはないため、防犯レベルの高い家に生まれ変わらせるようにしましょう。

鍵を失くして高額な出費を負った家庭

シリンダー錠などの場合、鍵を持って外出します。しかし、この鍵を失くしてしまうこともあります。その場合、シリンダーごと交換しなければなりません。シリンダー錠の場合、鍵とペアで製造されているため、鍵を紛失した場合には合鍵を作ることができたとしても、失くした鍵を誰かが拾うリスクがあります。また、そもそも落としたわけではなく、誰かが意図的に盗んだ可能性もあります。
そのため、シリンダーごと交換しなければなりません。ただし、キーレスの場合、ドアに備わっている本体側の交換は不要な場合が多いです。キーレスでもリモコンを持つことになるため、これを落とすリスクはたしかにあります。しかし、落とした際に両方交換しなくてもいいのです。
そういう意味で言えば、紛失時のコストはリーズナブルになります。また、そもそも論としてリモコンはカバンから出さなくてもいいため、カバンにキーホルダーなどで完全につなげておくことも可能です。一般的な鍵の場合には玄関の前で出し入れするためにこうしたことはできません。
だからこそ鍵を失くすリスクと向き合うわけですが、キーレスの場合にはリモコンは取り出さなくてもいいのです。そのため、落とすリスクもありませんし、盗まれるリスクも低減できます。もしも過去に高額な費用を払って鍵交換をおこなった経験があるということであれば、次の鍵交換はコストやリスクを低減できると言われているキーレスに興味を持ってみましょう。

鍵の出し入れが面倒な人がいる家庭

一般的な鍵の場合、たとえ防犯性に優れている鍵であっても玄関ドアに向き合ったときには出し入れしないといけません。その際にカバンのどこかに入れたと思いつつ、すぐに見つからないことも多いです。このような作業が日々何度も繰り返される人も多いものです。そのような場合には鍵を持ち歩く行為やカギで毎回開錠する行為が鬱陶しくなることもあります。
もしも今現在そのような想いを抱いていたり、家族の誰かがそのようなことを言っているのであれば、キーレスへの交換タイミングを迎えていると言えるかもしれません。キーレスは文字通り鍵のない生活ですから持ち歩きや出し入れもありません。持ち歩きの際にも落とさないように工夫ができますので、紛失リスクも低くなります。
このようなキーレス生活によって自分自身や家族がストレスフリーになる可能性も高いため、家族のいずれかから不満が出ていたり、その予感があるということであれば、ぜひキーレス生活を手に入れてみましょう。

鍵の閉め忘れや不安が多い人がいる家庭

老いと言ってしまえばそれまでですが、人間が人間である以上は自分の少し前の行動に確信が持てなくなることもあります。そのような中で火を消したか気になる、鍵を閉めたかが気になるということもあります。これらは高齢者に多い現象ではありますが、何も高齢者だけに限った話ではなく、若い世代にも起こる現象です。つまり、極論を言えば人間だからこそ起こる心配ごとなのです。
しかし、たいていは心配するだけで実際にはしっかり鍵が閉まっているということが多いものです。そのため、毎朝のようにこうしたチェックを繰り返しているとストレスがたまってしまうこともありますが、キーレスによってこのストレスから解放されることとなります。
キーレスにすればドアを閉めた段階で自動的にロックがかかるオートロックシステムが作動してくれるケースが多いからです。これは外出時だけではなく帰宅時にも同じです。家に入ってわざわざ自分でロックしなくても、自動的に外から鍵が開かないようにしてくれるのです。つまり閉め忘れたかもしれないという思いを抱かずに済むのです。
このような心配事が日々続いていくと、不安で仕事に集中できない、夜眠れないという事態に追い込まれる人さえいます。自分が家族にその兆候があるのであれば、防犯目的という観点以外に自分たちの健康的な毎日のためにもキーレスを玄関ドアに導入することを考えてみてください。

まとめ

鍵を閉めたのか閉めていないのか、家を出てしばらくしてから考えてしまい、結局時間を無駄にしてしまうようなことは誰しもあります。しかし、キーレスの場合にはオートロック方式のものも多いため、こうした無駄も無くなる場合があります。
さらに、そもそも鍵を出し入れしないために玄関前での手間暇もなく、荷物を持ったままの開錠も可能ですし、出し入れする際に落としてしまうなどのリスクも回避できます。だからこそ、これから鍵を変える際、もしくは新規に鍵を導入する際にはキーレスという概念で鍵のことを考えてみましょう。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店