倉庫の鍵はセキュリティが重要!倉庫鍵あれこれ


鍵が必要となるのは、住宅だけではありません。住宅以上に様々なものをしまっておくための場所であり、セキュリティ性が重要になる場所として、倉庫があります。この倉庫にどのような鍵を使用するのか、というのは非常に重要なポイントで、この部分を怠ると防犯上の問題が発生してしまうことになるでしょう。とはいえ、倉庫の鍵に関しては、住宅の鍵とは考え方が違う部分が存在しているのも確かです。そのため、住宅の鍵に関してはある程度分かるという方であっても、こちらについては分からない部分があるということも多いのではないでしょうか。
そこでここから先では、そんな倉庫の鍵に関する情報をいくつかの観点から紹介していきます。最初に紹介するのは「倉庫に使われている鍵の種類」についてです。どのような種類の鍵が存在しているのかについて知って置くことによって、実際に鍵を選ぶ際の参考とすることができるでしょう。セキュリティ性はもちろんのこと、それ以外の部分についてもどのようなメリット・デメリットがあるのかを把握しておくことが重要になります。
次に紹介するのは「倉庫の鍵の劣化」についてです。倉庫の鍵は劣化しやすい性質を持っており、定期的にメンテナンスを行ってやらなければ、状態が悪化してしまう事が多くあります。そのようなことがないようにするために、定期的なチェックや整備を行っていく事が重要であることを紹介するのがこちらの項目となります。
そして最後に、「倉庫の鍵を失くしてしまった場合」についても紹介します。住宅の鍵もそうですが、鍵を紛失してしまった場合はその施設が使用できなくなってしまい困ることになります。開けることができなくなる場合はもちろんのこと、閉めることができなくなるのも防犯上の大きなリスクとなってしまいます。ここでは、倉庫の鍵を紛失してしまった場合の適切な対処法について紹介します。

この記事の目次

倉庫に使われている鍵はどんなものがあるの?

最初に紹介するのは、倉庫で使用されている鍵の種類についてです。倉庫で使用されている鍵については、一般的な住宅で使用されているようなシリンダー錠の場合ありますが、一般的に住宅では使用されないような種類の鍵が採用されている場合もあります。この先ではそんな倉庫で使用される可能性が高い鍵の種類として「南京錠」と「ダイヤル式南京錠」の2つについて紹介します。
加えて、ここまではまず一般的な鍵の場合についても、その種類に違いがあることを紹介します。一般的な鍵というのは、シリンダー錠と呼ばれるもので、鍵穴であるシリンダーに対して鍵を差し込み、回すことによって使用できるようになるものです。この内部にはタンブラーと呼ばれる障害物が設置されていて、これを回せる状態にするために鍵が必要となります。
シリンダーの形状やタンブラーの作りによって、その種類は多岐に渡っています。古いタイプのものとしては、ディスクシリンダーと呼ばれるものがあり、これはギザギザとした形をした鍵があり、ウェーブ状の縦型の鍵穴があるのが特徴のものです。このディスクシリンダーは、ないよりはもちろんマシではありますが、実際のセキュリティはかなり低く、ある程度習熟しているピッキング犯であれば数分程度で開ける事かできてしまうというものです。
昨今のシリンダー錠としては、ディンプルシリンダーと呼ばれる物が多く使用されるようになっています。ディンプルシリンダーというのは、鍵にギザギザとした形状がなく、そのかわりに表面に小さなくぼみが多く存在しているものとなります。このくぼみが鍵の合致を判断するためのポイントとなっており、従来の鍵に比べて合致させ無ければならないポイントが多くなっているため、セキュリティが向上しています。
この他にも、磁力を使用しているマグネットタンブラーシリンダーや、ロータリーディスクタンブラーと呼ばれるようなものも登場しており、これらは従来品に比べて高いセキュリティ性を有するようになっています。

シンプルだが強固、南京錠


倉庫に使用されることが多い鍵の種類として、まず紹介するのは南京錠についてです。この南京錠は建物に直接付属している鍵というわけではなく、外付けの鍵というのが大きなポイントとなります。南京錠のポイントとなっているのは、鍵穴が小さく作られている事が多く、不正解錠に強い性質を持っているということにあります。業者の倉庫などで使用されるのには十分とは言えませんが、一般的な家庭の倉庫で使用するための鍵としては十分な効果を期待することができるでしょう。
そんな南京錠が持っている大きなメリットと言えるのが、まずはコストパフォーマンスに優れているという点にあります。強固なセキュリティ性を有しているにもかかわらずその価格は全体として安いものであるため、安くしてそのセキュリティ性の向上を行うことができるでしょう。
ただし、セキュリティ性は価格に対しては高いものではあるものの、総合的に高いものというわけではありません。そのため、本当に貴重なものをしまっておくための倉庫の鍵として使用するのには、少々力不足と言えるでしょう。

ダイヤル式南京錠は道具不要で解錠できる!?

南京錠の種類の一つとして、ダイヤル式南京錠というものがあります。これはその名前の通り、数字の記載されているダイヤルの番号を正しい物に合わせることによって解錠を行うことができるというものです。鍵を持っていなくとも解錠を行うことができる性質から、利用がしやすいというのがメリットとなりますが、その反面で鍵を使用するタイプの南京錠に比べるとセキュリティが低くなってしまうというデメリットが存在しています。
というのも、ダイヤル式南京錠というのは、ダイヤルを回転させているときに引っかかりの違いが発生してしまうことになります。もちろんこれは鍵の種類によっても違うのですが、癖の強いダイヤル式回転錠であると、簡単に解錠番号を判明させることができてしまい、セキュリティ性が大幅に低下してしまうことになります。ダイヤル式南京錠を使用したいと考えているのであれば、こういった癖の少ない種類のものを選ぶことで、ある程度セキュリティ性を向上させることができるでしょう。

倉庫の鍵は劣化しやすい!定期的なチェックと整備を心がけよう

それでは引き続き、倉庫の鍵に関する情報を紹介していきます。次に紹介するのは、倉庫の鍵が住宅の鍵に比べると、劣化しやすい性質を持っているという点についてです。それでは、どのような点に違いがあり、劣化がしやすくなってしまっているのでしょうか。
大きなポイントとなるのは、住宅の鍵と違い、倉庫の鍵は毎日のように使用するものではないということです。鍵というのは、定期的に使用していることによってその状態が維持されている部分があり、普段からあまり使用しない場所にある鍵については、どうしても劣化が速くなってしまいます。そのため、定期的なチェックや整備を行うことが、長く使用するためのポイントとなります。
それでは、そんな倉庫の鍵のチェックや整備のための情報を紹介します。ここから先で紹介するのは「サビへの対策」「施錠できない倉庫の復活」「セキュリティへの対策」「状態が悪いときには」という4つのポイントについてです。これらについて知っておくことによって、より長い間鍵を使用できるようになるでしょう。

金属製鍵は錆びる!錆び対策をしよう

倉庫のように外に設置されていることが多いものに使用されている金属製品は、特に錆びについて注意をする必要があります。南京錠のような金属鍵が錆びてしまった場合、特に問題となるのは、そもそも鍵がささらなくなってしまうと言う状態です。鍵が刺さらないような状態になっているときに、無理矢理さしこもうとすれば鍵自体が破損してしまうことにも繋がります。こういった問題が発生しないようにするためには、定期的に錆止めを行うなどのメンテナンスを行っていく事が重要になります。
しかし、すでに錆びてしまっていると言う場合については、錆びを落として使用を続けるのは難しいものとなります。その場合には、鍵の交換を検討するようにしましょう。南京錠のような外付けの鍵であれば、比較的簡単に交換を行うことができます。しかし、シリンダー錠のようなタイプの鍵の場合、合致するものをしっかりと選ぶ必要があるため、交換の難度は少し高いものとなるでしょう。

施錠できない倉庫も鍵交換で復活

倉庫の鍵に関するトラブルとして、よくあるものの1つに鍵が施錠できなくなってしまう、というものがあります。このような症状が発生してしまっていると、セキュリティ性が大きく低下してしまい、倉庫を倉庫として使用することができなくなってしまう可能性があります。それでは、このような施錠不可の状態というのは、何が原因で発生してしまっているのでしょうか。
これについては個々の状態による違いが大きいものの、最も可能性として高いのは扉がずれてしまっていることです。扉自体がずれることによって鍵の内部でずれが発生してしまうことによって、施錠ができない状態になってしまっているということです。このような場合については、ドアの下のコマを高さ調整するような対策をすることが多いです。しかし、状態によってはそれでは対処しきれないような場合があるため、その場合にはドア自体の交換を行うか、鍵の再設置を行うことになるでしょう。

盗難にあっても気づきにくい倉庫だからこそセキュリティには気をつかおう

毎日使用している住宅内であれば、空き巣が入って何かが盗まれたというとき、出来るだけ早く気付く可能性が高いでしょう。しかし、倉庫のように普段は使っていない場所で盗難が発生した場合、その発生自体に気づくのがかなり遅くなってしまう可能性もあります。盗難被害の発生から長い時間が経過すれば、当然その分だけ犯人に至る手がかりが少なくなっていき、盗まれたものが戻ってくる可能性が下がっていくことになります。そういった場所だからこそ、倉庫で使用している鍵については注意をして、セキュリティ性を重要視するべきでしょう。
シリンダータイプの鍵を使用するのであれば、ディスクシリンダーのような種類のものは避ける方がよいでしょう。できることならディンプルシリンダー以上のセキュリティ性を持っているものを採用するべきです。南京錠を使用するのであればダイヤル式ではなく鍵を使用するタイプのものを使用する方がよく、チェーンカッターなどで簡単に開けられてしまうことがないように注意を払う事が必要となります。

鍵の状態が悪いときは修理業者に依頼するという手も

鍵の状態が悪くなってしまっていると言う場合、業者に依頼して修理をしてもらうのも1つの方法となります。簡単な状態の劣化などであれば、シリンダー内部の分解洗浄などによって状態を回復できる可能性は高く、まるごと交換を行うのに比べると安価で対応できる事が多くなるためです。
もし業者に依頼をするのであれば、重要なのはどのような業者を利用するのかです。相見積もりをすることによって、費用面の比較を行いながら、適切な業者を選ぶようにしましょう。

倉庫の鍵をなくした時の対処法

それでは、もしそんな倉庫の鍵を紛失してしまったという場合には、どのように対処するのが良いのでしょうか。倉庫の鍵を紛失してしまったという場合、開け閉めができなくなってしまうと言う問題とは別に、鍵が誰かに拾われている可能性があるというセキュリティ性の低下が発生していることになります。そのため、この両方に対処を考えていかなければなりません。

まずはメーカーの確認、ついで型番を調べよう

鍵を紛失してしまったら、まずは鍵のメーカーと使用している倉庫の型番の確認を行うようにしましょう。倉庫のメーカーについては、大抵の場合で倉庫本体にロゴが記載されており、どこのものなのか判断できます。その上で、そのメーカーの商品一覧なから、使用している倉庫の型番を判明させるようにしましょう。これが分かっていることによって、その後の対応がよりスムーズに行えるようになります。

カギ番号は鍵が手元になくてもわかる!

鍵を複製するためには、カギ番号というものが必要となります。手元に鍵がないという場合にはこれを把握出来ないのではないか、と思われるかも知れませんが、実際には鍵がなくともカギ番号を把握することができます。鍵穴の横に刻印されているため、この番号を確認すればOKです。メーカーによってはこのカギ番号さえわかれば、簡単に合鍵をインターネットから注文できるようになっている場合もあります。

まとめ


それでは最後に、倉庫の鍵に関するまとめを紹介します。倉庫の鍵に関しては、住宅の鍵に比べてセキュリティ性が低いものであることが多い傾向があります。そのため、外付けの鍵等を使用することによってそのセキュリティ性を補完することが必要となるでしょう。住宅と違い、毎日使用しないものだけにどうしても防犯性が低くなってしまう可能性が高いことに注意しながら考える必要があります。
また、使用することが少ない関係上、故障をしやすいのも1つのポイントです。定期的なメンテナンスやチェックを行い、できるだけ長く使用できるように注意していくことが重要になるでしょう。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店