鍵の交換は後付け可能?設置すべきおすすめの場所と鍵

建物に必ずと言って必要となるのが鍵です。関係のない人を立ち入らせないためにも必要ですし、防犯やセキュリティの面でも重要となります。
しかし、古くから建っている建物で近年増加してきた問題が、鍵の老朽化や劣化です。これによって鍵の重要性が今一度再確認されるようになってきました。古くなった鍵をそのままにしていると、防犯やセキュリティの質が低下するだけではなく、犯罪や事件の誘発に繋がります。また、老朽化や劣化した部分から損傷していき、最終的には鍵として機能してしまわなくなってしまうかもしれませ。そうなってしまう前に、まずは鍵の交換を考えてみてはいかがでしょうか。後付けも可能なので、専門業者に依頼してみてください。ここでは鍵の交換で後付けすることが可能かどうかという点はもちろん、おすすめの鍵の種類も解説します。また、古い鍵を放置しておく注意点なども解説するので、参考にしていただけると幸いです。

この記事の目次

はじめに


鍵はセキュリティや防犯としての基本となります。しかし、そんな鍵に危険が及んでいる可能性もあります。特に会社や企業の建物はもちろん、マンションやアパートなどの集合住宅、戸建ての一般住宅なども注意が必要です。
鍵が古くなっていると思ったら、まずは交換を考えてみてください。交換する際には、業者を利用するのがおすすめです。メーカーによって扱っている鍵は違ってくるものの、業者は多くの鍵に対応していて、すぐに交換してくれます。それらの点も含めて知っておくだけで、やはり防犯やセキュリティに対する意識も大きく変わっていくでしょう。まずはそれらの知識を深められるよう、簡単に説明していきます。

鍵の交換は後付けが可能?

鍵の交換とは言っても、実際にどうやって行えば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。自分で交換することも可能ですが、その場合はミスも多くなってしまう傾向にあります。しっかりと交換したいのなら、まずは鍵交換専門の業者を見つけて、依頼することをおすすめします。鍵交換では、後付けももちろん可能です。既存の鍵を残したまま新しい鍵を付けることもできますし、既存の鍵を取り外して新しい鍵を設置することも可能となります。もちろん、作業内容によって料金が変わってきますが、交換自体は業者に任せると1日で終わることが多いです。
建物の鍵すべてとなるとさすがに2日~3日ほどかかるかもしれませんが、それでも工事自体はすぐに終わるので安心してください。後付けの場合は、より防犯やセキュリティの面を強化できるようにすると良いです。既存の鍵と同じ鍵を設置するだけでは、鍵本体は新しくなるものの、防犯やセキュリティの面でまだまだ危険が付いて回ります。
特に古い建物の場合は、鍵の構造もシンプルなものが多いです。犯罪や事件の標的にされるのは、そういうシンプルな鍵が多いと言えます。特に近年は巧妙な手口も多くなり、シンプルな鍵だけでは対応できないこともあります。そうならないよう、より強固な鍵を後付けするのが良いです。交換を考えている場合は、まずは専門業者に見積もりしてもらってみてください。専門業者であれば交換はもちろん、後付けにもスムーズに対応してくれます。

おすすめの後付け可能な鍵

鍵の交換で後付けするとは言っても、どのようなタイプがおすすめなのか気になりますよね。鍵のタイプは色々と登場していて、メーカーによっても違ってくるものの、近年は色々な形状が増えています。シンプルな鍵穴だけでも、実は色々な形状のものがあります。もちろん、それらに後付けで交換するのも良いです。ただ、より強固な守りを実現したいのなら、やはり他のタイプの鍵も後付けすることをおすすめします。そうするだけで犯罪や事件の抑止になるだけではなく、そもそも狙われにくくなります。その他、子供たちがいる家庭でも、脱走の危険性が減ったり、高齢者がいる家庭では、鍵の閉め忘れなどの防止にもなるのです。
ここからはそれら、後付けできるタイプの鍵を紹介するので、検討してみてくださいね。

オートロックタイプ

オートロップタイプは、文字通りオートロックとなっていて、鍵を使わない限り破られることはありません。もちろん、方法によっては破られてしまうこともあるかもしれませんが、シンプルな鍵穴に比べて安全性が格段に違います。
ドアの開閉時に自動でロックされる仕組みとなっているので、鍵の閉め忘れなどにも効果的です。また、色々なオートロックも開発されており、子供の脱走にも対応できるものが増えています。マンションやアパートではオートロックを採用していることも多く、近年は集合住宅の新たな防御壁となっています。そもそも集合住宅の場合は、各部屋にも鍵が付いているので、二重でロックされているのと同義となります。 そういう意味でも、かなり魅力は大きいです。近年は一般住宅でもオートロックを採用するところが増えていて、より後付けによって強化するというのもおすすめだと言えるでしょう。

暗証番号タイプ

暗証番号タイプは、暗証番号をあらかじめ設定しておき、それによってロックするというものです。当然ですが、暗証番号を知っていないと開けることはできません。そのため、強固な守りの中でも、暗証番号タイプはかなり役立つと言えるでしょう。オートロックと同様にこじ開けられる心配も減ります。ただ、暗証番号を使う場合は、番号忘れに注意することが必要です。番号を忘れてしまった場合は開けられなくなるので、業者に問い合わせることが必要となります。また、暗証番号に関しては自分の誕生日や住所、電話番号、郵便番号などにしている方も多いです。その他、「0000」や「9999」など、連続した番号を使っている方もいます。その場合は悪意ある人たちに予測されてしまうので、十分気を付けておくようにしましょう。
管理さえ徹底しておけば、とても魅力の大きな鍵のタイプとなります。こちらも後付けが可能なので、鍵の交換を考えている方は暗証番号タイプも良いかもしれませんね。

生体認証タイプ

生体認証タイプは、指紋や網膜、声などを人間の身体を使った認証システムとなります。鍵というのは、この世に同じものが1つもなければ、誰に破られることもありません。生体認証はそういう人間の身体を活用したタイプの鍵なのです。指紋も網膜も声も、自分だけのものです。それは、この世に1つしかない鍵を手に入れるということを意味します。強固な鍵を後付けしたいなら、この手の生体認証システムを活用してみてください。ただ、生体認証の場合は不具合などがあると、認証されない場合もあります。そうなると逆に対処が手間だったり面倒だったりします。
また、業者なども対応していることが少ないため、生体認証タイプを取り入れるなら、素直にオートロックや暗証番号を使ったタイプのものにした方が良いかもしれません。

カードタイプ

カードタイプは、挿入口にカードを入れたり通したりすることで開けることができるタイプです。オートロックタイプでもカードキーを採用しているものも多く、カードタイプは近年人気となってきています。何より大きなカギを持ち歩く必要がなく、財布などに貴重品として一緒に入れておける利便性もあります。カードの場合は鍵のように判別される危険性も減るため、万が一紛失してしまった場合でも安全性は高いです。事実、鍵は形状から周辺の住宅と判別されてしまうかもしれませんが、カードキーの場合は予測が付かないことも多いでしょう。そもそもカードタイプは電磁気を使って認証するものなので、検討が付いたとしても使うということは難しいです。使い勝手の良さとリスクヘッジも兼ね備えているのがカードタイプだと言えるでしょうね。

古い鍵の注意点


古い鍵というのは、色々な危険性を孕んでいます。そのため、古くなってきた場合は後付けで交換するのが良いです。事実、古い鍵のまま放置しておくとリスクも大きくなります。カードの場合は鍵のように判別される危険性も減るため、万が一紛失してしまった場合でも安全性は高いです。事実、鍵は形状から周辺の住宅と判別されてしまうかもしれませんが、カードキーの場合は予測が付かないことも多いでしょう。そもそもカードタイプは電磁気を使って認証するものなので、検討が付いたとしても使うということは難しいです。使い勝手の良さとリスクヘッジも兼ね備えているのがカードタイプだと言えるでしょうね。ここからは古い鍵の注意点を紹介するので、鍵を交換する予定がない場合でも、一度目を通してみはいかがでしょうか。そうやって危機感を持つことも重要です。

防犯やセキュリティの質低下

古い鍵は形状もシンプルなものが多く、近年多様化する悪意ある人に破られてしまうことが多いです。防犯やセキュリティの質は年々低下していくので、思い立った時に交換しておくのが良いでしょう。
事実、防犯やセキュリティに関しては、よ会社や企業のビルはもちろんですし、集合住宅でも一般住宅でも、定期的な鍵の交換は必要となります。場合によっては簡単に破られてしまうこともあるため、常に新しいものを採用しておくことが必要となるでしょう。もちろん、防犯やセキュリティは、あくまでも自分たちを守るためのものです。しかし、地域全体の意識も変えていくものなので、まずは取り入れてみてはいかがでしょうか。り強固なものが求められる時代となっています。それに合わせてメーカーも色々な鍵を開発しています。それらを使わない手はありません。

犯罪や事件の誘発

犯罪や事件に巻き込まれる建物というのは、鍵が古いところも多いです。犯人にとって何が一番良いのかというと、一番は簡単に破ることができて侵入が簡単というところです。古い鍵は形状もシンプルですし、老朽化や劣化によって壊しやすくなっていることもあります。そうなった場合、やはり犯人も狙いやすくなるでしょう。犯人も時間との勝負ですから、極力は破りやすいところを狙っていくのが常識です。だからこそ、古い鍵のままにしておくと、自分から狙われやすくしてしまっていることになります。十分に気を付けておくようにしましょう。ちなみに、単純な空き巣であれば、盗まれるだけで済むかもしれません。しかし、犯人が入ってきて、そこに人がいた場合は、強盗事件になることもあります。犯罪というのは、常に誰かが巻き込まれる可能性を持っているということです。鍵が最初から新しいものであれば、そもそも狙われる危険性も減ります。そうなると、他の犯罪や事件に巻き込まれる可能性も低下させることができるのです。

老朽化や劣化による損傷

古い鍵は老朽化や劣化が進んでいて、少しの衝撃や圧迫で壊れてしまうこともあります。単純に壊れるだけであれば良いですが、そこから誰かが侵入してくるということもあるかもしれません。老朽化や劣化は気付かないうちに進んでいることが多く、地震や台風などの災害の時に壊れてしまう可能性もあります。そうなると、より身の安全を守ることができなくなるのです。
近年はむしろ人間よりも自然の災害対策として、鍵の交換を行う方も増えています。事実、非難が必要となった時などには、セキュリティが甘いと防犯の対策もできません。古い鍵が損傷してしまっていたら、途端に危険性は増してくるでしょう。壊れた部分があると、建物はそこからさらに古くなっていきます。建物は一部の管理を放置しておくと、それだけで他に影響していくこともあります。だからこそ、十分に考えて対処していくことが必要なのです。ただ、対処と言っても難しいことはありません。鍵を交換するか、もしくは後付けで設置するだけです。

鍵交換は業者への依頼がおすすめ

鍵交換は自分でやっても良いですが、やはり業者に依頼した方が良いです。業者は実績や経験も豊富なことが多く、ミスもありません。正直、DIYが流行っている昨今は自分でメーカーから購入し、取り付けるという方も増えています。それも良いのですが、自分でやるとどうしてもミスが多くなります。ミスが多くなれば、せっかく交換しても本来の効果を発揮できなくなるでしょう。業者に依頼したい場合は、見積もりを出してもらうと良いです。鍵の交換だけでそこまで高くなるということはありませんが、先に見積もりを出してもらっておくと安心です。逆に言えば、見積もりを出してくれない業者は、信用できません。必要となってくる作業工程を提示し、「どこにどのようなパーツが必要だからこれくらいの費用がかかる」という見積もりを出してくれるところは、やはり安心して依頼することができます。見積もりは利用する業者によって違ってくることもあります。特に料金に関しては、やはり設置する鍵のタイプによって大きく違ってきます。すべての鍵をオートロックにするのか、玄関だけなど一部をオートロックにするかによっても違ってくるでしょう。もちろん、それは他のタイプでも同様です。
見積もりに納得できない場合は、セカンドオピニオンというわけではありませんが、他の業者にも見積もりしてもらうというのも良いかもしれません。比較してみると、意外と違いがあったりしますからね。まずは業者に相談してみて、鍵の交換をしたい旨、伝えてみてはいかがでしょうか。

まとめ


鍵の交換は後付けも可能なので、交換を考えている方は業者に相談してみてください。なお、交換を考えていなかったかたも、一度鍵が古くなっていないかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
場合によっては新しいものに交換した方が良いかもしれません。後付けでも色々な種類の鍵が利用できるので、ぜひ設置してみてください。

ご依頼の流れ

STEP1
完全自社スタッフによる
親切丁寧なご案内
STEP2
お電話によるスムーズな
概算金額のご提示
STEP3
即日で現場へお伺い
調査後、確定金額を案内
STEP4
金額にご納得いただけた
のち、スタッフの作業
STEP5
作業完了のサイン記入後
金額のお支払い

対応エリア

※離島への出張も可能ですが、通常よりもお時間をいただく場合がございます。

運営会社

Webサイトの運営会社 株式会社RNV
所在地 東京都台東区松が谷4-10-5
TEL 0120-961-976
事業内容 住宅設備の修繕、広告運営など
施工会社 株式会社ARSおよびその加盟店